Vol.425【 用語解説:Rhythm Slashes その2 】

こんにちは!杉山です。

こんな状況なのでまったく先が読めませんが、、、
以前告知させていただいた

================
11/13(土) 12:00〜16:00 菊名ジャム
================

近々、フライヤー作りますので、
興味のある方は教室から持って帰ってくださいませ(^^)

これを予約した先月は今よりだいぶ楽観的だったので、
タイミング的に最高なんじゃないか!?

と自負していましたが、今となっては、、、汗

あまり細かく決めず、柔軟に、柔軟に、、、安全第一で、
でも次につながる何かをちゃんと企画したいと思っています。

よろしくお願いしまーす!!

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:Rhythm Slashes その2 】
└────────────────────────────────

前回の続きで用語解説、
今回はstem(符尾)のついているRhythm slashです!

stemのついていなかったものと異なり、
stemのついているスラッシュは「示された通りのリズムで弾いてください」
という意味になります。

例としてJoshuaという曲を取り上げます。

譜面(一部)

音源

譜面のリズムスラッシュをみながら、
音源を0:11から聞いてみてください。
ピアノのコンピングは楽譜と同じタイミングで
演奏されているのが分かります。

この場合はこの音源を譜面にしているので
順番が逆ではあるのですが、、、

自分で楽譜に書き込みしたい時など、
「ここは自由でいい」
「ここはこういうリズムで合わせよう」
といった判断を、
メモに残しやすくなると思います。

ぜひ取り入れてみてください!

スポンサーリンク