Tag: Hank Jones

Hank Jones Intro on But Not For Me

Hank Jonesが弾く
But Not For Meのイントロです!

トランスクライブした音源はこちら
↓↓↓

Piano Solo ハンク・ジョーンズ

譜面と音源の動画です
↓↓↓

セッションではEbで演奏されることが多いですが、
ここではキーはCで演奏されています。

モーダルインターチェンジ的なアイデアが使われていますが、
この辺り、興味のある方はレッスンの時に聞いてください。

ざっくりした説明だと、
Cm(もしくはEb)かな?と思わせておいて実はCでした!
という感じです。

セッションで演奏されるキーEbの譜面も
いつも通りのせておきます。
↓↓↓

Hank Jones Intro on But Not For Me はコメントを受け付けていません。 more...

Hank Jones Intro on The Party’s Over

Hank Jonesが弾く
The Party’s Overのイントロです!

音源です
↓↓↓

COMPLETE ORIGINAL TRIO RECORDINGS

1953年から55年にかけて、複数のレーベルに残した音源から、
トリオ演奏のみをピックアップした編集盤

譜面と音源の動画です(キーはEb)
↓↓↓

前回から、
オリジナルテンポとスローテンポの
二つが聞けるように変えてみました。
どうですか?

それから、ピアノだけでなくベースの音も書き込んだので、
一人で弾くときは自分なりに改良して弾いてみてください。

ーーーーーーー

今回は*ドミナントペダル(Bb)を使ったイントロです。

上に乗る音は

| Eb F#dim | Fm7 F#dim |

2小節の繰り返しですが、
最初の2小節と次の2小節でアプローチが全く異なるため、
単調な繰り返しに聞こえません。

こういうところもイントロ作りやアドリブのヒントに
なるんじゃないでしょうか?

キーCに変更した譜面です
↓↓↓

*ドミナントペダルはこの記事を参考にしてみてください
Embraceable You | The Nat King Cole Trio ドミナントペダルを使ったイントロ

メール配信 vol.285【 The Party’s Over | Hank Jonesのイントロ 】からの記事でした

Hank Jones Intro on The Party’s Over はコメントを受け付けていません。 more...

Red Garland Intro on Star Eyes

今日はRed Garlandが弾く、
Star Eyesのイントロを取り上げてみます。

出典は

Art Pepper Meets The Rhythm Section

アルトサックス奏者Art Pepperが
マイルス・デイヴィスのサイドマンたちと共演した作品。

僕は学生のころ部室に置いてあったので、
よく聞いてました。

今みたいにAmazon limitetdとか当然なかったし、
昔は手に入る音源一つ一つが貴重でした。

譜面と音源の動画です(キーはEb)
↓↓↓

キーCに変更した譜面です
↓↓↓

コードチェンジは
| Gm7 | C7 | Fm7 | Bb7 |
| Eb6 | Gm7 C7 | Fm7 | Bb7 ||

3625,1625を応用したタイプです。

Star Eyesでなければ使えないわけではないので、
そのままイントロとして使ってみたり
少し自分なりに変えてひいてみたり
ぜひ活用してみてください。

Red Garland Intro on Star Eyes はコメントを受け付けていません。 more...

Hank Jones Solo Piano on Au Privave (Blues in F) 2nd chorus

Hank JonesのAu Privave
続きに戻りました。

アドリブの2コーラス目をトランスクライブしたので、
興味のある方はぜひ研究してみてください!

今回のピックアップは最後のツーファイブワン(Gm7 C7 F7)です。

リードシート通りにツーファイブを弾くだけでももちろんいいのですが、
今回の音源にあるように左手のコード進行に変化が加えられると、
だいぶサウンドが変わります。

ぜひ以下の譜面を弾き比べてみてください。

ツーファイブは定番中の定番ですから、
いくつかバリエーションがあるといいと思います。

また紹介します(^^)

 

 

Hank Jones Solo Piano on Au Privave (Blues in F) 2nd chorus はコメントを受け付けていません。 more...

Hank Jones Theme on Au Privave (Blues in F)

今回もソロピアノ(両手)、
Hank Jonesの「Au Privave(Fのブルース)」
です!

テーマ部分をトランスクライブしてみましたので、
今回は「裏拍の位置」に注目して聞いてみてください。

わかりやすく伝えるために、
スウィングは「3連符の1番目と3番目」とか
「スキップするような感じ」といった具合に説明したりしますが、
実際はいろんな位置、タイミングで演奏されます。

最初はわかりにくいかもしれませんが、
注意して聞いていれば耳も慣れてくると思います!

プレイヤーによっても違うし、一曲の中でももちろん違う、
テンポによっても変わります。

ぜひいろんなジャズジャイアンツを聴き比べてみてください!

Hank Jones Theme on Au Privave (Blues in F) はコメントを受け付けていません。 more...

Hank Jones Solo Piano on Au Privave (Blues in F) part1

今回はソロピアノ(両手)、
Hank Jonesの「Au Privave(Fのブルース)」
をトランスクライブしました。

実際のところ、ソロピアノは自由度が高いので、
あくまで一つの弾き方として参考にしてもらう感じですが、
普段バンドと演奏しているスタイルに近いものを選んでみました。


ちょっとテンポ早いと思いますので、
ミディアムくらいでゆっくり弾いてみてください!

とりあえず今回は譜面だけですが、

・右手と左手の役割
・左手を入れるタイミング
・ルートが入っているか

などなど、もとのFブルースのコード進行を参考に
ぜひ譜面を眺めてみてください。

 

Hank Jones Solo Piano on Au Privave (Blues in F) part1 はコメントを受け付けていません。 more...

  • 教室イベントスケジュール

    2019年の予定です

    1/23(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    3/27(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    5/22(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    ——————————
    6/22(土) ライブ&セッション
    atキングスバー(馬車道)
    ——————————
    7/24(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    9/25(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    11/27(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)

    生徒のみなさまは、ぜひご参加くださーい!!

  • Copyright © 2011-2013 杉山ジャズピアノ教室|横浜ではじめるピアノレッスン. All rights reserved.