Vol.429【 Hank Jones Solo on Days of wine and roses 】

こんにちは!杉山です。

緊急事態宣言が延長されそうなので、
そうすると今月のジャムセッションも中止かもしれません(><)

早く安心して、気兼ねなくセッションできるようになって欲しいけど、
まだまだ辛抱が続きますかねえ。とほほ。

とはいえ、
みんなとのセッションも楽しめるし、
1人で音を楽しむこともできるし、
ピアノってほんとに素敵(笑)

昔バークリーの練習室で(ダンキンのコーヒーか、たまにビール飲みながら汗)
夜中まで練習してたけど、
単身で生活してたら絶対その生活に戻ってると思います。。。

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 Hank Jones Solo on Days of wine and roses  】
└────────────────────────────────

今日もハンク・ジョーンズのトランスクライブです。
今回はDays of wine and rosesの1st chorusをトランスクライブしました。

最終的には音源を真似しましょう!ということで、
譜面はあくまで参考資料、音を知るきっかけにしてもらえればと思います。

そういうわけですので、(特に)音符の長さなどは正確ではありません。

「この音弾いてるだろうけど、聞こえないから休みでいいか」
とか、

逆に

「ここよく聞こえないけど、きっとこの音をうっすら弾いてるだろうな」
とか、推測も加えながらトランスクライブしています(^^)

Youtubeにはスピードを落として聞く機能もあるので、
それを使ってみるのもオススメです。
0.75のスピードで聞いて、一緒に弾いてみると、
色々と気づきがあるかもしれないです。

スポンサーリンク