Tag: 英語

vol.237【On Green Dolphin Street / Wynton Kelly その6】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【On Green Dolphin Street / Wynton Kelly その6】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

妻が12月から英語リトミックの教室を
始めることになりまして、、、

身近に小さなお子様&ママがいらっしゃいましたら、
「こんなのあったよー」とお伝えしてもらえると嬉しいです♪

================
幼児とママのための英語リトミック教室
「Me The Star☆」|港北区新横浜
http://kodomonoeigo.com/
================

っと、宣伝失礼しました。。。

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【On Green Dolphin Street / Wynton Kelly その6】
└────────────────────────────────

ひきつづき
「On Green Dolphin Street」トランスクリプションの続きです!

ポイントを2つあげてみました!

1、実線のフレーズはどちらもまったく同じフレーズですが、
入りの拍が異なります。

”リズミックディスプレイスメント”などと言ったりしますが、
いつも弾いている使い古したフレーズでも、
拍をずらしてあげるだけでまた新鮮なものに聞こえるかもしれません。
ぜひ試してみてください!

2、点線部分はディミニッシュ(Ebdim)のフレーズです。
(もっと前からそうですが)

コード的にはGm7 C7 Fm7 Bb7と忙しく感じるかもしれませんが、
必ずしもそのコード通り弾く必要はありません。
という実例でしょうか。。。。

ある程度弾ける方じゃないと、
こういう情報はあまり価値がない(汗)と思いますので、
たまには別のことも取り上げないとですね。

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

もうじきジャムセッションです!!
================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
日時:11月22日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

ぜひいらしてくださいー(^^)

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────


vol.201【全音が瞬時にわかるように】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【全音が瞬時にわかるように】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

その後、「ちゃんと届いてますよ!」という報告をいただいたり、
すこし安心しております。

届いてない、と連絡してくださった方も迷惑メールフォルダにはあるみたいなので、
それ以前のところでストップしてしまっているケースは稀みたいです。

それにしてもネット上では何が起きているのか、
どうやって人のアドレス使ってメール送ることができるのか、
まったくわからない世界。

今の子供たちに必要なスキルって、
英語じゃなくてこっちなんじゃないでしょうか。。。

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【全音が瞬時にわかるように】
└────────────────────────────────

コード、ジャズピアノを理解するにはまず
=========
「半音」と「全音」
=========
を理解しないといけません。

ちょうど一般的なデジタルが0と1でできているのと同じように、
半音と全音は必須の知識です。

慣れてくれば瞬時にわかるようになりますが、
そうでない場合は常に”半音””全音”は意識してほしいです。

以下の動画のように全音の関係にある2音を
クロマチック(半音)でアップダウンしていく練習はオススメです。
ぜひ挑戦してみてください!!

参考動画↓

過去のメール配信も参考にしてみてください(^^)

vol.118【 半音(ハーフトーン) 】
http://yokohamapiano.com/?p=2494

vol.119【 クロマチックスケール 】
http://yokohamapiano.com/?p=2531

vol.121【 ホールトーンスケール 】
http://yokohamapiano.com/?p=3248

vol.123【 ホールトーンスケールの練習 】
http://yokohamapiano.com/?p=2568

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

次回のメグスタのジャムセッションです!!
================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
日時:3月22日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================
見学だけでもぜひ気楽にいらしてください(^^)

以降の予定です
==================
5/24(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
==================
6/24(土) ライブ&セッション2017 at King’s Bar
==================

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────

vol.201【全音が瞬時にわかるように】 はコメントを受け付けていません。 more...

vol.179【レッスンと併用したい教則本】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【オススメの教則本】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

先週

>最近、共演者との会話で話題になった、「完全無欠ダイエット」というのを始めました笑
>https://goo.gl/noznnT

と書きましたが、
「本を買いました」ともってきてくれる方もいて、
数名は興味を持ってくれたようです(笑)。

「脂肪をとると太る」という固定観念から
  ↓
「脂肪を取らないと(たとえお腹はふくれていても)脳が満腹だと認識しない」
  ↓
「良質の脂肪をちゃんととれば、少量でもお腹がいっぱい(と脳が認識する)」
という解釈に変わり、
それを身をもって体験しています笑

このひと月、脂肪はかなり摂取しているし、
食事も朝を除けば普通に食べているけど、
ちょうど3キロ減りました。やった。

生活習慣や食に関する知識を変えようと思って取り組んだのですが、
これはこれで嬉しい結果。。。

って、
関係ない話が、長いですね、、、
すいません。

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【オススメの教則本】
└────────────────────────────────

ダイエット本より、ジャズピアノ。。。

「おすすめの本はないですか?」
と聞かれるたびに、個別に紹介することはよくありましたが、

ジャズピアノ、アドリブ、ジャムセッション、などが課題の生徒さんには、
レッスン内容の補足や、普段の読み物(?)として、以下のものを推薦します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ザ・ジャズ・ピアノ [改訂新版] 系統だった練習法であなたもアドリブ名人! (CD付)
https://goo.gl/cDPXAd
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レッスン内容を自主的に補う、という意味では、
とても有益なアイテムになると思います。
(ちなみに”系統だった練習法”と書いてありますが、
 皆さんが求めているようなhow toは書いてないです。)

内容が非常に豊富なので、決して全て取り組もうと思わず、
レッスンと併用して辞書的な使い方をするのがオススメです。

ちなみに普段のレッスンであまり本を推薦しないのは、
「中学英語で英語はしゃべれる!」的なものと同じで、
アドリブする、というところでは、
それほど難しい知識(文法)は必要ないからです。

迷子になって欲しくないからです。

それより、ナイキのスローガンじゃないけど
「JUST DO IT!」だからです。

一番大事なことは、目の前の課題、アイデアを
”使える”レベルまで昇華するように、
何度も何度も、繰り返し弾くです。

(そうとは分かってても、
 昇華する前に別のことに取り組んでしまうんですけどね、、、)

ということを、僕は今、
子供に話しかける簡単な英語で痛感しています。

言葉や言い回しは知ってても、
何度も使って口癖くらいにならないと、
瞬間瞬間ではまったく使いものにならないんですよねえ。。。

なので、みなさんの気持ち、よーくわかります。

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

次回のジャムセッションは9月28日(水)です。
初めての方、(初めてでなくてもですが)
見学だけでも大歓迎です!

実際のバンド演奏を楽しみながら上達もする、
というのが理想だと思います(^^)

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
http://megusta2288869.web.fc2.com/
日時:9月28日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────


アンティシペーション Anticipation

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:アンティシペーション 】
└────────────────────────────────

今回は「モダンジャズヴォイシング/Ted Pease and Ken Pullig」からの引用です。

↓ 英語版 p.17 から
==========
「Anticipation」
A note that was originally on the beat may be attacked half a beat ( an eighth note ) early – creating an anticipation.
==========

前回取り上げた「シンコペーション」の続きです。
「アンティシペーション」は音符を半拍先取り(それ以外もありますが…)して弾くことを言います。

譜面を見てみましょう。
anticipation

効果のほどは、実際に弾き比べてみてください。

ちなみに「アンティシペーション」「シンコペーション」と言わずに
日本語では「食う」と表現してしまう場合もあります。

私もレッスンで無意識に使ってるかもしれません。

テーマを演奏する際、アドリブの際、
ぜひ「アンティシペーション」を意識しながら弾いてみましょう!

ジャズでは非常に大事な要素です。


コードシンボル Chord Symbol

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 コードシンボルについて 】
└────────────────────────────────

今回は「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓英語版から p.9
==========
A C major 7th chord can be notated as
CM7
and they all mean pretty much the same thing.
Many jazz musicians just write C.
==========

アベイラブルノートスケールという考え方に慣れてくると
「そのコード(もしくはボイシング)のバックでは何のスケールが流れているのか」
を常に意識するようになってきます。

CMaj7の場合はCメジャースケール(普通のドレミファソラシド)が一般的ですね。
“6”も”M7”も”9″も全てそのスケール上の音です。

もちろんどう積み重ねてボイシングするのかでサウンドそのものは変わりますが、
バックで流れるスケールに違いはありません。

ですので、
CMaj7をあらわすコードシンボルは上記リンクのようにたくさんありますが、
どれも基本的には同じだと思ってもらって構いません。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 コードシンボルについて その2 】
└────────────────────────────────

今回は「ジャズ・スタンダード・バイブル ~セッションに役立つ不朽の227曲」を眺めてみましょう。

まずは前回の復習です。

CM7
ざっくり言えば、
これらの「コードシンボル」はだいたい同じですよ、という内容でした。

これは、大事なコードの機能を保てば、
細かなところはプレイヤーに委ねられていると言ってもいいかもしれません。
(もちろん曲にもよりますが、、、)

ここで「ジャズ・スタンダード・バイブル」の”All Of Me”を見てみましょう。

ラストの8小節です。
all_of_me

「F」「Fm」「C」

この3つのコードシンボルには三和音の情報しか含まれていません。

これは「3和音だけ弾いてください」ということではなく、
プレイヤーの判断で6,7,M7をつけて弾いてくださいね、ということです。

レッスン中は私が勝手につけてしまうことが多いかもしれませんが、
徐々にそういうことか、と理解して選べるようになるといいですね(^^)


プレイアロング Play Along

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 プレイアロング 】
└────────────────────────────────

今回は「The Jazz Piano Book / Mark Levine」
からの引用です。

↓ 英語版 p.271から
==========
Although horn players use play-along records far more than pianists do, some pianists find them a great help.
The Jamey Tebersold series, large and still growing, offers three basic types of records…
==========

プレイアロング(マイナスワン)は練習用のカラオケですね。

有名なのはジェイミー・エバーソルド シリーズです。
例えば↓
http://goo.gl/PejQde

1) ソングライターの曲集(例えばエリントンの曲を集めたもの)
2) スタンダードソングのコレクション
3) 特定の練習をするための音源(例えばツーワイブワンをすべてのキーで)

など目的に合わせて出版されています。

自分がジャズピアノを始めた頃はiReal proのような便利な伴奏アプリはなかったですから、
こういったものと一緒に練習していました。

機械と合わせるのか、人間と合わせるのか、
これには大きな違いがありますから、
みなさんもぜひこういった音源で練習してみてください!

きっといつも以上に夢中に、楽しく、練習できると思いますよ(^^)

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 プレイアロング2 】
└────────────────────────────────

前回のメールで質問をいただいたので、今回も「プレイアロング」の続きです。

まず、「iReal Pro」はandroid,iphone,などのアプリケーションです。
http://goo.gl/7kkw0N

レッスンでも私がベースを弾くとき以外はほとんどこれを使っています。
デジタルなので、テンポの設定、細かいコード進行の修正、
移調などが簡単にできる利点があります。

それから前回お話しした「ジェイミー・エバーソルド」
のシリーズに代表されるような、
実際の演奏を録音したプレイアロングもあります。
http://goo.gl/eEwknF

こちらは何よりも、第一線のジャズミュージシャンと
擬似的に共演できるというのが利点です。

細かい練習にはireal proの方が向いているかも知れませんが、
ジャズのような生き物は、後者と一緒に演奏するほうが
格段に楽しめると思います。

教室の共有フォルダで「枯葉」と「Fブルース」
のみ聞けるようになっていますので、
ぜひチェック(共演)してみてください!

その次はセッション参加ですね(^^)


ダブルタイムフィール Double Time Feel

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ダブルタイムフィール 】
└────────────────────────────────

今回は「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓英語版から
==========
「double time feeling」
Change the tempo to one that is twice as fast, but with the changes still moving at the speed of the original tempo
==========

“double”は”2倍の”という意味ですから、

「テンポは倍のはやさになる」が、
「コードチェンジは元のテンポのまま」

ということです。

日本語の場合は「倍テン(倍テンポ)のフィールで」などと言うことがあります。

あくまで”フィール”が倍になるだけで、
実際のテンポテェンジはおきていません。
倍に聞こえるだけ(?)です。

ちょうど今まで取り上げていたクリスマスセッションの音源

「マイルス・ディヴィス・アンド・ザ・モダン・ジャズ・ジャイアンツ」

でもダブルタイムフィールへシフトしている音源がありますので、
その辺りに気をつけながら実際の演奏を聴いてみましょう!

1、Round About Midnight

リードシートはこちら↓
round midnight

2:30の「インタールード(通常のサイズ以外に挟み込まれたもの)」
をきっかけにダブルタイムフィールに変わります。
(ただ、ドラマーはその前からダブルタイムのフィールを刻んだりしています)

2、The Man I Love (Take 2)

リードシートはこちら↓
man_i_love

2:15のミルトジャクソン(ビブラフォン)のピックアップから
ダブルタイムフィールにシフトしています。


ダブルタイム Double Time

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ダブルタイム 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓英語版から
==========
「double time」
Change the tempo to one that’s twice as fast, the changes also moving twice as fast.
==========

ダブルタイムは言葉の通り”二倍の速さで”ということです。

前回のダブルタイムフィールと比較すれば、
”フィール”という単語が入っているか入っていないかの違いです。

ジャズプレイヤーにとってはコードチェンジが重要なので、
このチェンジを基準にして考えると、

「ダブルタイム」→言葉の通りコードチェンジが2倍の速さ
「ダブルタイムフィール」→コードチェンジはそのままの速さ。中身を倍のフィールで演奏する

ということです。

どちらも倍のテンポに切り替わったように聞こえますが、コードチェンジのスピードがどうなったのかによって言葉が変わってきます。

「ダブルタイム」の参考として、エラ・フィッツジェラルドの「How high the moon」を聞いてみてください。

1:05 ラスト2小節のドラムフィルをきっかけにダブルタイムに移行しています。
そのあとのエラの凄まじいスキャットも聞き応えたっぷりなので、
良かったら全て聞いてみてくださいね(^^)

リードシートはこちら↓
how high the moon
(キーは異なります)


ソングフォーム Song Form

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ソングフォーム 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓英語版から
==========
「song form」
The organization of letter names given to different sections of a tune (usually in eight-bar segments), as in “AABA,” “ABC,” and so forth.
==========

曲の構成は通常、8小節ごとのセクションに分けられます。

ここでは具体的にオールオブミーを題材にして、ソングフォームを確認してみましょう。

「 All Of Me 」通常のリードシートです↓
all of me LS

まず8小節ごとのセクションに分けましょう。

(このリードシートは16小節ごとになっていますが、
 実際はセクションごとに複縦線(2本線)で区切ってあるものが理想です。)

all of me LS 2

まず初めのセクションをレターネームで「A」と呼びます。
2つめのセクションを「B」
3つめは「A」と同じですので、新たなレターネームをつける必要がありません。
4つめのセクションを「C」

all of me LS 3

よって、オールオブミーのソングフォームは

「 ABAC 」

ということになります。

アドリブをとるとき、曲を理解するとき、覚えるとき、
なにかと役に立つのがこのソングフォームです。

ぜひ今練習している曲でもソングフォームを確認してみてください(^^)


ブリッジ Bridge

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ブリッジ 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓英語版から
==========
「bridge」
The “B” section of a tune, usually on an AABA or ABA tune.
Sometimes called the “channel.”
==========

まずは前回とりあげた”ソングフォーム”の復習です。

ジャズスタンダードの中から「アフタヌーン イン パリス」で確認しましょう。
  ↓
afternoon in paris LS

8小節単位でまとめて考えると、2カッコ後の8小節だけ大きく変わります。
afternoon in paris LS 2

この曲のソングフォームはAABAですね。
自分でも見つけられたでしょうか?
afternoon in paris LS 3

このAABAというソングフォームの中の、Bセクションを「ブリッジ」といいます。
再びAセクションに橋渡しする、というイメージでしょうか。

ちなみに、前回取り上げたオールオブミーにブリッジはありません。


  • ☆毎週木曜配信☆
    「ジャズピアノワンポイントレッスン」メールマガジン

    毎週コツコツ学べるジャズピアノの基礎を中心に、様々な情報をみなさんと共有しています。主に生徒の皆様にお送りしているものですが、どなたでも是非ご登録ください。
    メールアドレスを記入して送信ボタンを押すだけでOK!

  • 今後の教室イベント♪など

    —2017年—
    9/27(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    11/22(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)

    生徒のみなさまは、ぜひご参加くださーい!!

  • アーカイブ

    QRコード

    Copyright © 2011-2013 杉山ジャズピアノ教室|横浜ではじめるピアノレッスン. All rights reserved.