Tag: リンク

vol.128【 バグズグルーブ2 】【 Someone to watch over me その6 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 バグズグルーブ2 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Someone to watch over me その6 】
3.お知らせ等【 今後のスケジュール 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

もうじきシルバーウィークですね。
みなさん、お休みの予定はもう決まっていますか?

自分は旅行などはできませんが、

・桐生競艇(仕事だけど)
・元町チャーミングセール(生徒さんのお店にも)
・新横浜 NEW SIDE BEACH!!(生徒さんのステージ)

に行く予定です。

みんな音楽つながりで、嬉しい予定ばかりです(^^)

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 バグズグルーブ2 】
└────────────────────────────────

バグズグルーブの音源はこちらを

前回のメールで書いた通り、マイルス(トランペッター)のソロでは
モンク(ピアニスト)のコンピング(伴奏)がありません。

そのため基本的には自由度が増します。

ブルース12小節の中から最初の4小節にだけ注目してみましょう。
bagsgroove

以下のリンクではマイルスのソロを9コーラス分、
最初の4小節のみを並べてみました。

first4bars

ブルーススケールを使っているところも多いですが、
もっとも注目するべきはFM7(F6)を使っている箇所です。
C,Fあたりがわかりやすいでしょうか。

そして4小節目でEbの音を使い、F7へと変化させています。

大まかに| FM7 | FM7 | FM7 | F7 |という流れで吹いています。

こんなところに注目して、是非もう一度聞いてみてください(^^)

再び「バグス・グルーヴ」というアルバムからでした。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Someone to watch over me その6 】
└────────────────────────────────

今週の曲「Someone to watch over me」

参考音源:Ella Fitzgerald

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2558

《訳》—————————————————-

今回は[6]の歌詞を見ていきましょう。

Wont you tell him please to put on some speed
誰かお願いだから彼に伝えてほしい、急いでって

Follow my lead, oh, how I need
私に追いついてほしい、こんなに必要なのに

Someone to watch over me
私の事を見守ってくれる人が

《ティップ》—————————————————-

今回は”put on some speed” のフレーズに注目してみたいと思います。
この表現は、車をイメージして頂くと分かりやすいかもしれません。

直訳すると「もっと加速して」と言っているので意味としては、

「急ぐ、速く」と訳すこともできます。
頻繁に耳にする言葉としては”hurry up” が多いかもしれません。
今回も類語をご紹介したいと思います。

“Get a move on” 「動き出す」

“We don’t have all day”” Get a move on everyone!!”

「時間がないんだから、みんな急いでよね!!」

“speed up” 「速度を上げる」

“If you want to get out the office by 3, you need to speed up a bit.”
「3時に会社を出たいなら、もうちょっと急いだ方がいいですよ。」

Looks like weather is starting to show the color of autumn.
Please all enjoy your style of autumn, weather its food fashion or hobby.
Have a great weekend!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

今後の予定です。
かなり先ですが、良かったら今からチェックしておいてください。

2014年
 11/14(sat) 勉強会

2015年
  2/20(sat) 勉強会
  6/11(sat) ライブ&セッション2015

それから2月と6月の間が空くので、
時間があればワークショップ的なものをやりたいなあと思っています。

その時はまたみなさんに相談させていただくかもしれません。
よろしくお願いします(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.116【 コードシンボルについて 】【 Here’s That Rainy Day その2 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【コードシンボルについて 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Here’s That Rainy Day その2 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

「ライブ&セッション2015」お疲れさまでした!!

みなさんのプレイは非常に素晴らしく、
大成功だったのではないでしょうか。

また私にとっては最高に楽しく、幸せな時間でした。
本当にありがとうございました(^^)

今回、T中さんのお知り合いが本格的に写真撮影をしてくださいました。
出演者の皆様にはその写真のアドレスをお送りしましたので、
よろしければ記念にダウンロードしてください。

それからDVDを作成しましたので、次回のレッスン時にお渡しします。

それでは気持ちも新たに、今日のトピックです!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 コードシンボルについて 】
└────────────────────────────────

今回は「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓英語版から p.9
==========
A C major 7th chord can be notated as
CM7
and they all mean pretty much the same thing.
Many jazz musicians just write C.
==========

アベイラブルノートスケールという考え方に慣れてくると
「そのコード(もしくはボイシング)のバックでは何のスケールが流れているのか」
を常に意識するようになってきます。

CMaj7の場合はCメジャースケール(普通のドレミファソラシド)が一般的ですね。
“6”も”M7”も”9″も全てそのスケール上の音です。

もちろんどう積み重ねてボイシングするのかでサウンドそのものは変わりますが、
バックで流れるスケールに違いはありません。

ですので、
CMaj7をあらわすコードシンボルは上記リンクのようにたくさんありますが、
どれも基本的には同じだと思ってもらって構いません。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Here’s That Rainy Day その2 】
└────────────────────────────────

今週の曲「Here’s That Rainy Day」

参考音源:Sarah Vaughan

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2413

《訳》—————————————————-
今回は[2] の歌詞を見ていきましょう。

Here’s that rainy day they told me about
みんなに言われた悲しい雨の日が来てしまった

And I laughed at the thought
そんな日が来るわけないと私は、笑っていた

That it might turn out this way
来るとは、思っていなかったのに

《♪ティップ》—————————————————-
2番の歌詞は雨の日を恋人がいなくなった悲しみと重ね合わせ、
詩的な表現にしています。

英語では、よくこのように天気を使い、人生や気持ちを表す事があります。

2つ例文をご紹介します。

例文:

“Life isn’t about waiting for the storm to pass, it’s learning to dance in the rain.”
「人生は、嵐が過ぎ去るのを待つのではなく、雨の中でも踊る事を学ぶ事である。」
(大変な時でも、楽しみを見いだす事を表現しています。)

“Because I have a rainy day in my soul, when you’re not with me.”
「あなたが居なければ、私の心は、雨の日のようだ。」
(大事な人が側に居ない寂しい気持ちを雨の日に置き換えています。)

Little by little summer is stepping closer to us.
If you are enemy of the summer, I’m sorry but if you love the hot sunny weather…
let’s enjoy the big and hot summer time!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

次の予定はしばらく先ですが勉強会です。
ぜひ今のうちにチェックしておいてください(^^)

===========
日時:8月29日(土) 19:00から
場所:新横浜駅近くの居酒屋
会費:4500円程度(飲食代・飲み放題)
===========

もし時間が作れたら、レッスンとステージの中間みたいなもの企画したいですね。
バンドと一緒にイントロからエンディングまで。
途中で止めて解説したり、、、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.115【 CM7のリック 】【 Here’s That Rainy Day その1 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【CM7のリック 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Here’s That Rainy Day その1 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

もう明後日です!!ワクワク↓
==================
 6/20(土) ライブ&セッション 2015
 場所:キングスバー
 開始:12:30から
 地図等はホームページをご覧ください↓
 http://kings.bufsiz.jp/
==================

出演者の方に念のためのご連絡です。
お店にはご自身のリハーサル開始時間までに来ていただければ大丈夫です。
9:30からお店は開いていますし、私もその時間に行きますので、
もちろん早く来ていただいても構いません。

その他の連絡事項は「3.お知らせ等」をごらんくださいませ。

まずは今日のトピック、張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 CM7のリック】
└────────────────────────────────

以下のリンクはCM7もしくはC7で使えるリックです。

1-1lick

1-2lick

1-3lick
フレーズの一つ一つで解説が必要かもしれませんが。。。

最初は一つでいいので、自分の口癖フレーズを作りましょう!

それが少しずつ溜まっていったら、
上記リンクのようなあなたのフレーズ集ができあがっていきます。

一つ一つ使える言葉が増えていくのも、
ジャズピアノを練習する楽しみの一つですね〜。

子供が「まんま、まんま」と繰り返すように(笑)、
何度も何度も実際に使ってください。

使うことで身につきます。
自分のフレーズになります。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Here’s That Rainy Day その1 】
└────────────────────────────────

今週の曲「Here’s That Rainy Day」

参考音源:Sarah Vaughan

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2413

《訳》—————————————————-

今回は[1] の歌詞を見ていきましょう。

Maybe I should have saved those leftover dreams
残っていた夢は、あきらめずに取っておくべきだったのかもしれない

Funny but here’s that rainy day
不思議と本当に雨が降っている

《ティップ》—————————————————-

今回は”leftover” の言葉に注目してみましょう。
直訳すると「残り物」という意味があり、食べ物に使われるのが一般的です。
今回は叶った夢の「他に」という意味で使われています。

日常的な表現としては不自然になってしまいますので、
普段夢と一緒に使うなら”extra” や “unwanted”等の単語を使う方が
いいかもしれません。

“extra”であれば、他にも願った夢という意味になり、
“unwanted”なら、そこまで望んではいない夢と表現する事ができます。

最後に”leftover” を使った例文をご紹介したいと思います。

例文:
“I’d like to take home these leftovers, could you pack in togo box please?”
「この残り物を持ってかえりたいので、箱に詰めて頂いていいですか?」

(海外では、食べきれなかった食事を持ってかえる習慣があるので、
旅行へ行く際はレストランで是非使ってみてください)

I hope rainy season will be over soon.
Is everyone starting to plan summer vacation plans?
Before the big vacation, please all enjoy your weekend!!

       written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

「ライブ&セッション」に関していくつかご質問いただいたのでお答えします。

#お店で食べ物、飲み物のオーダーはできますか?

 飲み物のオーダーのみ、一杯300円で可能です。
 上の階にコンビニがあるので、そこで買ってきたものを持ち込んでいただくこともできます。
 貸切ですので、そういったところは比較的自由なようです。

#何時から何時までやってますか?

 開場は12:00、演奏開始は12:30です。
 演奏の終了は15:00あたりになるかと予想していますが、かなり前後するかもしれません。
 演奏が終わっても15:45まではゆっくり飲んでいるつもりです。

当日は出演者、観覧者を合わせて40名をゆうにオーバーしております。

とはいえ、出演者のご家族、お知り合い、
皆さんにステージを楽しんでいただきたいと思っております。

会場が混雑してしまいご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、
ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

ライブ&セッションが終わったら次の予定は勉強会です。
打ち上げ、にしては遅すぎますかね。
===========
日時:8月29日(土) 19:00から
場所:新横浜駅近くの居酒屋
会費:4500円程度(飲食代・飲み放題)
===========

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.112【 用語解説:チャールストンリズム 】【 Take The “A” Train その2 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:チャールストンリズム 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Take The “A” Train その2 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

ライブ&セッションに向けての練習も追い込みですね!

皆さん早いうちから仕上がってきていたので、
私はだいぶ前から安心していますが、、、(^^)

今日のトピック、張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:チャールストンリズム】
└────────────────────────────────

今回は「The Jazz Piano Solos of Red Garland」
http://goo.gl/NJrGvf
からの引用です。
(日本のアマゾンにはなかったので、リンクはアメリカになってしまいました)

↓ p.6から
==========
Perhaps the best known element of his left-hand style is his consistent use of a “Charleston” rhythm which he perfected to a high degree of independence in supporting his right-hand solos
==========

「チャールストンリズム」は以下の譜例のように、
”1拍目”と”2拍目の裏”を打つリズムのことをいいます。
(本当はクラーベの1小節目同様、4拍目も入ると思いますが、、、)

charleston2

はい。
多くの方にとってはレッスンでお馴染みのやつですね。

正直なところジャズプレイヤー同士で「チャールストンリズム」という言葉を使うことはありません。
知らないプレイヤーも多いと思います。

ですが、非常にスタンダードなリズムですから、
豆知識として用語とともに覚えておくといいでしょう。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Take The “A” Train その2 】
└────────────────────────────────

今週の曲「Take The “A” Train」

参考音源:Ella Fitzgerald & Duke Ellington

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2356

《訳》—————————————————-
今回は[2] の歌詞を見ていきましょう。

If you miss the “A” train
もしA列車に乗り遅れたら

You`ll find you missed the quickest way to Harlem
ハーレムへ行くための最も速い手段を逃す事になる

《ティップ》—————————————————-
今回は “You’ll find” のフレーズを見てみたいと思います。

歌詞では「あなたは最も速い手段を逃した事に気づくでしょう。」
という意味でこのフレーズが使われています。

同じように「気づくでしょう」という意味を持った他の表現も
ご紹介したいと思います。

場面にあわせて表現も変えてみましょう。

例文:
“He realized how difficult it is to be a teacher.” (realize)
「先生になる難しさを彼は、気づかされました。」

“She noticed how important he is for her.” (notice)
「彼女は、彼の存在の大きさに気づいた。」

Have a great weekend everyone!!
Rest well and let’s all charge it up for next week!!

       written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

次回のジャムセッションは6/20(土)ライブ&セッション直前です!
===========
6/16(火) メグスタ(馬車道)
☆ジャムセッション☆ 19:30オープン 20:00スタート
杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
==========

こういった演奏体験は現場でないとできませんので、
良かったら是非いらしてください(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


チャールストンリズム Charleston

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:チャールストンリズム 】
└────────────────────────────────

今回は「The Jazz Piano Solos of Red Garland」
http://goo.gl/NJrGvf
からの引用です。
(日本のアマゾンにはなかったので、リンクはアメリカになってしまいました)

↓ p.6から
==========
Perhaps the best known element of his left-hand style is his consistent use of a “Charleston” rhythm which he perfected to a high degree of independence in supporting his right-hand solos
==========

「チャールストンリズム」は以下の譜例のように、
”1拍目”と”2拍目の裏”を打つリズムのことをいいます。
(本当はクラーベの1小節目同様、4拍目も入ると思いますが、、、)

charleston2

はい。
多くの方にとってはレッスンでお馴染みのやつですね。

正直なところジャズプレイヤー同士で「チャールストンリズム」という言葉を使うことはありません。
知らないプレイヤーも多いと思います。

ですが、非常にスタンダードなリズムですから、
豆知識として用語とともに覚えておくといいでしょう。


「生徒さんのためのジャズ用語解説」まとめ

ここではレッスン中に生徒さんから頂く質問に対して、回答の補足資料になるよう、メール配信の内容を改めてリストアップしています。

ジャズ用語解説編

-A-

アフタービート After Beat
オルタレーション Alteration
アンティシペーション Anticipation

-B-

ブロック奏法 Block
ブレイク Break
ブリッジ Bridge

-C-

チャールストンリズム Charleston
コードシンボル Chord Symbol
コードシンボル Chord Symbol
コンピング Comping
クロマティックアプローチ Chromatic Approach
クロマティックパッシングノート Chromatic Passing Note
クロマチックスケール Chromatic Scale

-D-

ダイアトニックフレーズ Diatonic Phrase
ドミナントモーション Dominant Motion
ダブルタイム Double Time
ダブルタイムフィール Double Time Feel

-E-

-F-

フェイクブック Fake Book
ファイブフィンガースケール Five Finger Scale

-G-

ガイドトーンボイシング Guide tone Voicing
ガイドトーン Guide tone

-H-

ハーフトーン Half Tone

-I-

インターバル Interval

-J-

ジャズスタッカート Jazz Staccato

-K-

キーセンター Key Center

-L-

ラテンジャズ Latin Jazz
リードシート Lead Sheet
レフトハンドボイシングス Left-Hand Voicings
—メジャー・ツーファイブワンのボイシング
マイナー・ツーファイブワンのボイシング
レスターヤングハーフノート Lester Young Half Note
リック Lick
ロックトゥハンズ Locked Hands

-M-

マルカート Marcato
モーションオブフィフス motion of fifth

-N-

-O-

オープンボイシング Open Voicing

-P-

プレイアロング Play Along

-Q-

-R-

リズミックコンストレイント Rhythmic Constraint

-S-

シェルボイシング Shell Voicing
スラッシュコード Slash Chord
ソングフォーム Song Form
シンコペーション syncopation

-T-

テンションズ tensions
テンションサブスティトゥーション tension substitusion
ターンアラウンド Turnarounds
トライトーンサブスティトゥーション Tritone Substitution

-U-

アッパーストラクチャートライアド Upper Structure Triad

-V-

ボイシング Voicing

-W-

ホールトーンスケール Whole Tone Scale

-X-

-Y-

-Z-

イチロクニーゴー 1625
ツービート 2Beat
フォービート 4Beat


vol.71【 ビルエバンスの枯葉から 】【 Summertime その1 】

生徒の皆さんへお送りしているメールマガジンの内容を、不定期にアップしています。
ジャズピアノ、音楽理論、ジャズスタンダードの歌詞、講師・教室の活動など、興味のある方はぜひ右のフォームからご購読ください(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ビルエバンスの枯葉から 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Summertime その1 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

みなさんお元気ですか?

今回のジャズスタンダード歌詞の解説は「サマータイム」です。
この時期は演奏する機会も増えますからね〜。

今日も張り切っていきましょ〜!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ビルエバンスの枯葉から 】
└────────────────────────────────

まず、2つの譜面の”左手のタイミング”に注目してみましょう!

1、evansAL1

2、evansAL2

1に比べて2は、右手のフレーズとリンクして弾いているのが視覚的に分かると思います。

実際の演奏を聞くのが一番!

2:02〜と3:17〜を聞き比べてみてください。

細かいことはおいといて、

”単旋律(1)” と ”左手和声によるプッシュ(2)”

のコントラストだけ感じてもらえればオッケーですよ。

この演奏は8/30の勉強会でもとりあげるビル・エバンスの「枯葉」(Take2)です。

2:02から続けて聞くと、3:17で一段ギアが上がったのを感じられると思います。

もちろん、みなさんが頑張って覚えているレフトハンドボイシングで、同じことができます。

アドリブ演奏の際、もしくは僕が書いたアドリブラインを弾く際、
左手の入れ方に使えるよう練習してみましょう(^^)

こうやって少し解説が加わると、漠然と聞いていたジャズの聞こえ方が変わる!

と思います。

ぜひ8/30の勉強会にも参加して、僕の飲みにつきあってくださいませ〜(^^)

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Summertime その1】
└────────────────────────────────

今週の曲「Summertime」

参考音源:Ella Fitzgerald

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=1720

《訳》—————————————————-

今回は[1]の歌詞を見ていきましょう。

Summertime, And the livin’ is easy
夏の時期、生活は楽だ

Fish are jumpin’ And the cotton is high
魚は飛びはね、綿は豊作

Oh your daddy’s rich and your mamma’s good looking’
父はお金持ちで、母は、美人

So hush little baby,
だからかわいい赤ちゃん静かにおやすみ

Don’t you cry
泣かなくていいんだよ

《ティップ》———————————————–

今回はタイトルからも分かるように夏を歌った曲です。

夏の暑い季節、南部の風景、家族の様子を歌っています。

言葉は少ないですが、”Fish are jumpin’ And the cotton is high”と
歌うことで南部の穏やかな川の流れの中に魚が飛び跳ね、
気持ちよいそよ風に揺れる木綿の様子を思い浮かべることが出来ます。

今回は、作家のJohn Steinbeckが書いた夏の詩を一つご紹介します。

“What good is the warmth of summer, without the cold of winter to give it sweetness.”
「冬の寒さがなければ、温かい夏も恋しくは感じないだろう。」

寄稿:Risa

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

次回の勉強会の予定です!
────────────────────
日時:8月30日(土)19:00~
場所:吉濱(予定)JR横浜線新横浜駅から徒歩5分
会費:4500円程度(飲食代です)
────────────────────

今回からはジャズピアニストを一人ずつ取り上げます!

経歴、代表的なアルバム、音源から、具体的な演奏スタイルまでをみんなで勉強して、
一人一人のジャズジャイアントに詳しくなりましょう!

ジャズピアノの勉強に生かせるよう、
具体的な演奏内容からピアニストの音楽的特徴もつかみたいと思ってます。

今回は、ワンポイントレッスンでも取り上げた「ビル・エバンス」特集です。

ぜひ今から予定しておいてくださいね~(^^)!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.57【 アベイラブルノートスケールの作り方 】【 Candy その3 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 アベイラブルノートスケールの作り方 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Candy その3】
 3.お知らせ等【 メグスタセッションのお知らせ 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

ゴールデンウィークですが、いかがお過ごしでしょうか?
旅行先でこのメールを見て下さる方もいるかもしれませんね〜。

僕は近場でちょこちょこ遊ぼうと思ってます(^^)

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 アベイラブルノートスケールの作り方 】
└────────────────────────────────

アベイラブルノートスケールを見つける簡単な方法は、

1、コードトーンはそのまま使う
2、コードトーンとコードトーンの間を、そのキー(調)の音で埋める

といった手順になります。

実際にどうなっているか見てみましょう!

リンクしてある譜面はキーがC(シャープもフラットもなく全部白鍵です)のときの、
G7のアベイラブルノートスケールです。

・黒い音符がコードトーン
・白い音符が、そのキーの音

になっています。

G7mixo

なんとなく分かったでしょうか?

では、キーがAm(キーがCの時と同じように全て白鍵です)の時、
E7のアベイラブルノートスケールはどうなるでしょう?

同じように、「コードトーン」「そのキーの音」という手順で見つけてみましょう。

↓答え
E7mixob9b13

全てのアベイラブルノートスケールがこう決まるわけではないけど、
基礎になる部分ですので、この考え方はぜひ覚えておいてください!

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Candy その3 】
└────────────────────────────────

今週の曲「Candy」

キャンディー/チェット・ベイカー

歌詞全文はこちらです↓
歌詞全文

《訳》—————————————————-

今回は[3]の歌詞を見ていきましょう!

You wish that there were four of him
誰もが彼が4人居ればいいのにって思う。

So I could love much more of him
その分だけ彼を愛せるから。

He has taken your complete heart
彼は、私の心を完全に奪ってしまった。

You got a sweet tooth for your sweetheart
誰もが恋人の虜になってしまう。

Candy, it’s gonna be just dandy
キャンディー、それがあるだけですばらしい。

The day I take my Candy
特にキャンディーを食べた日。

Gee, how the sun will shine
はぁー、太陽が輝いている。

On the day my Candy’s mine
キャンディーが私の物になったとき。

《ティップ》———————————————–

「You」は、「あなた」と特定の人をさすだけでなく、
全体の人を指すことも出来ます。

3番の歌詞に出てくる「You」は、その一例です。
今回は「誰もが」と訳しています。

旅行へ行った際には、こういった同じ使い方が出来ます。

“What can you do there?”
「ここでは、何が出来ますか?」

“You can climb Mt.fuji.”
「富士山に登ることが出来ますよ。」

もう1つ、今回の楽しい所は、最後に出てくる「Gee」という表現です。
ふとしたときに出る一言です。

同じ言葉でも声のトーンを変えることで表現を変える事が出来ます。
今回は、恋人の事を思いながらつく、ため息のような感じです。

他にも同じ意味で「Gosh」なんて単語もあります。

┌★3.お知らせ等【 メグスタセッションのお知らせ 】
└────────────────────────────────

6/22「ライブ&セッション」の予行練習に、良かったら遊びに来て下さーい!

日時:5月12日(月)19:30スタート予定
場所:メグスタ(横浜・関内)
チャージ:2000円

いつもお客さん少ないので(汗)、練習でもなんでも、
ホストメンバーが丁寧に付き合ってくれると思います(^^)

それでは、今日も楽しくピアノ弾きましょ~☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.52【 ビバップスケール 】

こんにちは!杉山です。

先週の理論講習、お疲れさまでした(^^)
いやー、お陰さまで本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。

さて、その時にもお話ししたビバップというスタイル。

これも勉強しだすとキリがない(というかこれがジャズじゃん。という声もありますが、、、)のですが、まずは入門として表題の「ビバップスケール」。これはぜひ取り組みたいトピックの一つです。

スケールの考え方としては、7音でできる普通のスケール(イオニアンとかミクソリディアンとか)に「もう1音、音を足すことで、頭拍に必ずコードの音がくるように整理する」いうものです。

C7に対応するビバップスケール、C6に対応するビバップスケール、それぞれ下にリンクしてありますので参考にしてください。

言葉では難しいですが、譜面をみてもらえば理解できると思います。

C7ビバップスケール
C7ビバップ

C6ビバップスケール
C6ビバップ

挑戦したい方はレッスンで実際のフレーズを通して勉強しましょう!

そうでないかたは、半音を入れて整理するんだー。くらいに覚えておいていただければいいかと思います(^^)

その前に、まずはコードトーンですねー。


ジャズピアノ・ワンポイントレッスンメルマガ vol.35【 まずはナチュラルテンションから 】

生徒のみなさんを中心にお送りしているメール配信の内容を、不定期にアップしています。
内容に興味のある方は、ぜひこちらから登録してみてください(^^)

こんにちは!杉山です。

11月に突入ですね~!
1年経つのはあっという間です。。。

さて、ジャズの教則本を開くと、ひとつのコードに対して沢山の押さえ方が書いてあります。
例として、僕が最初に勉強した教則本から引用してみました↓
(文章だけではなかなかお伝えできないので、今回からはリンク使用です!どうでしょ?)

DSC_0944~01

G7というコード1つにたいして、7つもの押さえ方が書いてありますね!

こりゃ大変(><)

「結局どれを使えばいいの?こんなに使い分けなきゃいけないの!?」

と思ってしまいますよね。。。

ジャズの自由さは魅力の1つですが、「何がもっとも基本なのか」「何を型として応用していけばいいのか」その判断は独学ではなかなか分からないですよね。

そこをお伝えするのが僕の役割!!というわけで、、、

この場合、まずはナチュラルテンション(#9th,b13thなどではなく、9th,13thといった臨時記号のついていないテンションのことです)を含んだものを覚えて下さい↓

2013-11-06-22-10-01_deco

青丸の押さえ方(9th,13th)ですね。
(余裕があれば、次は緑で囲った#9th,b13thを覚えましょう!)

もちろん、メロディー等合わせて使い分けるのがベストですが、最初は大同小異的な感じで。
細かいことを気にしていたら何も弾けなくなりますから(笑)。

======
編集後記
======

次回の理論講習会&懇親会の詳細で~す!

今回はバークリーの授業「ハーモニー」から、コード進行のアナライズを皆さんと勉強しようと思います!
レッスンではあまりお話する時間がありませんが、ぜひ触れてほしい内容です。
(今度の内容は鍵盤がなくてもちゃんとできるはず。あはは。。)

日時:11月30日(土)19:00~
場所:まぐろ問屋・三浦三崎港(新横浜駅から徒歩1分)
会費:4500円(飲食代。飲み放題です!)

いつものレッスンとは違い、ゆっくりお酒飲みながらお話できるので楽しみです(^^)
ぜひご参加くださーい!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行責任者】
ジャズピアニスト 杉山貴彦

▼杉山貴彦オフィシャルサイト
⇒ http://takahikosugiyama.com/

▼杉山ジャズピアノ教室
⇒ http://yokohamapiano.com/

▼オフィシャルブログ
⇒ http://ameblo.jp/takahikosugiyama/

▼本日の内容はいかがでしたか?
ご意見・ご感想を心よりお待ちしております。
このメルマガにそのままご返信ください。

▼配信停止はこちらから
⇒ http://takahikosugiyama.com/magazine.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属します。
他の方への転送等はご自由にどうぞ。


  • 教室イベントスケジュール

    2019年の予定です

    1/23(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    3/27(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    5/22(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    ——————————
    6/22(土) ライブ&セッション
    atキングスバー(馬車道)
    ——————————
    7/24(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    9/25(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    11/27(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)

    生徒のみなさまは、ぜひご参加くださーい!!

  • Copyright © 2011-2013 杉山ジャズピアノ教室|横浜ではじめるピアノレッスン. All rights reserved.