Rhythmic Density

スポンサーリンク

3回前のメール配信で、
プレイするところをお休みするところをコントロールする、
ということを書きましたが、

今回はプレイするところ自体も、音の密度、量をコントロールしましょう、
という内容です。

アドリブはどうしても8分音符が多めになってしまう傾向があるので、
密度の低いソロ、白玉や休み(静・inactive)を多めにした
ソロを考えてみてはいかがでしょうか?

ピアノは音が減衰してしまうので、
サックスやトランペット(ピアニカも)など、
音の減衰のない楽器をイメージしながら音を伸ばすと、
より、1音を味わいながら弾く感覚が身につくかもしれません。

譜面はこちらでーす

前回もですが、今回も演奏と譜面、少し違ってます汗

スポンサーリンク