━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《目次》
1 ごあいさつ、お知らせなど
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【On The Sunny Side Of The Street のテーマ】
3 今後の予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

先日、スヌーピーミュージアムに行ってきました!
終わってしまう前に行かなくては!
と思って家族で行ったのですが、
来年、南町田であらたにオープンするそうです。

スヌーピーといえばビンス・ガラルディのトリオですが、
David Benoitのカバーをリンクしてみました。

西海岸の太陽いっぱい浴びた健康的なサウンド?が気持ちいいです。
日本のジメジメした夏とは違った気持ちのいい暑さを感じます笑

サンフランシスコに行きたくなるなー。

ちなみにぼくの師匠ラッセルフェランテ大先生もこっちの方です!

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【On The Sunny Side Of The Street のテーマ】
└────────────────────────────────

現在トランスクライブしているアルバムはこれです
↓↓↓
アイ・ガット・リズム | テディ・ウィルソン
(中古しか売ってませんが、、、)

今回イントロは休憩して、前回に引き続き
「On The Sunny Side Of The Street」を
取り上げてみたいと思います。

セッションでやる機会も多い曲なので、
フェイクのやり方など、ぜひ参考にしてみてください。

音源と譜面の動画はこちらです
↓↓↓

基本のリズムはミディアム(スロー)のスウィング。
前回も少し触れていましたが、
「ターンタータターンタータ」のリズムが永遠と続くのは、
平和ではありますが、じゃっかん退屈とも言えます。

「ターンタータ」というリズムの中に
16分のフィール、もしくはダブルタイムフィールのようなものを入れることで、
リズムに動きが出ます。

ゆったりしたミディアムスウィングに気持ち良く乗るところと、
それより細かいサブディビジョンで軽快に動いているところ。
そんな変化を楽しみながらぜひ聞いてみてください(^^)

ゆっくりなテンポなら、
音源のようにオクターブで装飾したり、
オクターブの中にさらにコードトーンを一音入れる、
といった装飾も挑戦できそうですね!

┌★3.今後の予定
└───────────────────────────────

次回のジャムセッションは9/26(水)です!
あとひと月ですねー。

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
日時:2018年9月26日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆幼児とママのための英会話教室:http://kodomonoeigo.com/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────