ジャズピアノ・ワンポイントレッスンメルマガ vol.53【 ターゲティング 】【 Route 66 】

スポンサーリンク

生徒のみなさんを中心にお送りしているメールマガジンの内容を、不定期にアップしています。
ジャズピアノ、音楽理論、ジャズスタンダードの歌詞に興味のある方は、ぜひこちらから登録してください(^^)

*このメールはジャズピアノ教室の皆さんを中心にお送りしています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次 1.ごあいさつ
2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ターゲティング 】
3.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Route 66 】
4.お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。杉山です。

新年度の始まりですね〜。

今回のメール配信から、月1,2曲のペースでジャズ歌詞の勉強もしていきたいと思います。
執筆はカタカナ英語の私(涙)ではなく、バイリンガルのRisa先生です☆
ジャズを題材にしたこんな学びもいいですよね〜。

それから、先週ルタンに遊びに来て下さった方々、ありがとうございました!
告知していませんでしたが、ボーカルのルイス君が声かけてくれてたみたいですね。

バースデー、祝ってもらっちゃいました(笑)↓

ルタン、また出演すると思うので、その時はぜひいらしてくださ〜い(^^)

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ターゲティング 】
└────────────────────────────────

前回のビバップスケールに続いて、今回もビバップ的なアイデア「ターゲティング」の紹介です。

「ターゲティング」はクロマティック(半音)もしくはアベイラブルノートスケールの音を使ってコードトーンにアプローチする方法です。

コードトーンをターゲットにして、別の音からアプローチするんですね。

こんな感じでたくさんのアプローチが作れます↓

例1
targeting1

例2
targeting2

例3
targeting3

例4
targeting4

はじめは例1、例2にあるようなクロマティックのアプローチを練習するのがいいでしょう。
既にレッスンでやっている方もいますね〜。

vol.51でお話ししたアッパーストラクチャーの音に向かってこのターゲティングを使えば、また違った響きを得ることが出来ます。

基礎→応用ですね。

┌★3.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Route 66 】
└────────────────────────────────

ルート66/ナット・キング・コール
https://www.youtube.com/watch?v=9SONHAes_Gs

“Route 66” 1946 by Bobby Troup.

歌詞全文


If you ever plan to motor west
Travel my way, take the highway that’s the best
It winds from Chicago to L.A.
More than two thousand miles all the way.
Get your kicks on Route Sixty-six!


Now you go through St. Louis, Joplin’ Missouri
And Oklahome city is mighty pretty;
You’ll see Amarillo; Gallup, New Mexico;
Flagstaff, Arizona;
Don’t forget Wiona, Kingman, Barstow, San Bernardino.
Won’t you get hip to this timely tip:
When you make that California trip.
Get your kicks on Route Sixty-six!

《♪訳》—————————————————-
今回は、①の歌詞を見ていきましょう。

If you ever plan to motor west
もし西に向かって旅を計画するなら

Travel my way, take the highway that’s the best
僕の大好きなハイウエイで行くのが一番さ。

Get your kicks on Route Sixty-six!
靴を履いてルート66に出かけよう。

It winds from Chicago to L.A.
風は、シカゴからL.A.まで吹き流れている。

More than two thousand miles all the way.
2千マイルの旅に出よう。

《♪ティップ》———————————————–
これは歌詞からも分かるように旅に出る歌です。

旅行というと一般的には、「Travel」を使いますが、
この中では「motor」と言うことで、バイクに乗って出かける
軽快な楽しさが感じられます。

他にも、「Drive」を使うと車での旅と表現することが出来ます。

また、タイトルにもある「Kicks」と言うのは、俗語(スラング)で靴を
表します。「靴を履いてさぁ出掛けよう!」と作曲家の楽しさが
感じられます。

“Those are some cool kicks!”
「格好いい靴だね!」

と普段の会話でも是非使ってみてください。

┌★4.お知らせ
└────────────────────────────────
杉山ジャズピアノ教室主催の「ライブ&セッション」♪

日時:6月22日(日)午後
場所:メグスタ(横浜・関内)
チャージ:2000円

セッションでは

・演奏の前に、”始め方””終わり方”などバンドで簡単に音合わせしてオッケー
・うまくいかなかったら、そこでストップしてやり直しオッケー
・そしてホストは優しくサポートしてくれるプレイヤー(笑)

ぜひ6/22を1つの目標にして、日々の練習に励んでみて下さい!!

詳細はこちらのフライヤーをご覧下さい↓
live session Vol.1

今日も一日、楽しいジャズライフをお過ごし下さい〜☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク