┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【イントロの弾き方】
└────────────────────────────────

セッションを楽しめる生徒さんも増えてきて
嬉しい限りの今日この頃ですが、

セッションに行くようになって、まずみんな困るのがイントロ!
(まあ最初から最後まで困るって話もありますが、、、笑)

少し対策をたてておきましょう。

まずは応用しやすい「ドミナントペダル」を使ったイントロです。

参考にしたのは以下の音源

“Embraceable You” The Nat King Cole Trio

最初の2小節のみですがイントロをトランスクライブすると
譜面はこんな具合になりました。
embraceable-you-intro

「ドミナントペダル」は
 5度の音(ドミナント)を
 維持する(ペダル)
という意味です。

キーをCに変えたほうがわかりやすいと思うので、
以下の譜面で考えましょう。
embraceable-you-intro-2

この場合はキーCの5度はG(ソ)の音ですね。

この類のイントロはざっくり言うと

「低音(じゃない場合もありますが)でドミナントの音を維持して
 和音にいろんなものをのせる」

という弾き方になります。

時間がないので、まとまり悪いですが、
上記のアイデアをリズムを変えて演奏するだけで、
いろんなテンポの曲に使えます。

参考映像です

まずは今回はアイデアのみの提供ということで、
ぜひ右手の和音を白鍵の上で動かしてみて、
自分なりの好きな響きを見つけてみて下さい。