┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【用語解説:レスターヤングハーフノート】
└────────────────────────────────

今回も
「ジャズ・インプロヴィゼイション・ガイド/ジョン・ラポータ」
からの紹介です。

前回取り上げた「ジャズスタッカート」の続きです。

p.17から
─────────────────────
「レスターヤングハーフノート」

マルカート記号がついている2分音符(ハーフノート)は、
2拍めのカウントの途中までしっかりと音を延ばしますが、
2拍めの終わりはジャズスタッカートと同様に音を切ります。

このハーフノートは、実際には4分音符より長くなるので、
dootという表現が最も近いでしょう。
─────────────────────

実際の表記と演奏を譜面で見てみましょう。
lester1

そして練習はこちら
lester2

前回取り上げたジャズスタッカート
も合わせて
二つのアーティキュレーションで練習してみましょう。
lester3

実はこの用語、この本で初めて知りました。。。
実際通じないと思いますが(笑)、
演奏方法としてはぜひ身につけてもらいたい内容です!

ちなみにテナーサックス奏者のレスターヤングのプレイはこちら

ビックバンドを楽しんでいる方にとっても
重要なプレイヤーですよね!