Tag: jazz piano

vol.108【 用語解説:ガイドトーン 】【 There will never be another you その2 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ガイドトーン 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 There will never be another you その2 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

メグスタのジャムセッションにお越し下さった皆様、
お疲れ様でしたー!!

初めてバンドと合わせる方が何名もいたので
自分も緊張しましたが、まったくの杞憂でしたね。

6/20がさらに楽しみになりました。

ジャムセッションが思いっきり楽しめるよう、
地道に練習を続けていきましょう(^^)

それではいつものトピック、張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ガイドトーン】
└────────────────────────────────

今回は「Jazz Piano Comping: Harmonies, Voicings, and Grooves 」からの引用です。

↓ p.12 から
==========
「Guide tones」
Guide tones are the third (or sus4) and seventh of any seventh chord.
They (plus the root) are required for a chord to be recognizable as a seventh chord.
==========

「ガイドトーン」はコードの3度(もしくは4度)と7度の音を指します。

枯葉のコードでいえば、以下の譜面のひし形の音のことです。
GuideTones

この「ガイドトーン」と「ルート」の音は
コードのタイプを決めるのに必要な音です。

逆に言うと、5度の音はそれほど重要ではないということでもあります。
5度が大事なのは5度が完全五度以外の時ですが、それはまた別の機会に。

皆さんが押さえているレフトハンドボイシングにも、
もちろんガイドトーンは含まれています。

ぜひ見つけてみてください!

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 There will never be another you その2 】
└────────────────────────────────

今週の曲「There will never be another you」

参考音源:Chet Baker

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2271

《訳》—————————————————-
今回は[2] の歌詞を見ていきましょう。

There will be other songs to sing, another fall, another spring,
他にもたくさん歌える歌は、ある。新たな秋、新たな春も訪れる。

But there will never be another you.
でも、君の代わりはどこにも居ないんだよ。

《ティップ》—————————————————-
今回は”another”という単語に注目してみましょう。

「別の」「他の(代わり)」と言う意味を持つ言葉で
他にも “replace” “substitute” といった単語もあります。

これらの単語を使って例文を見てみましょう。

“You are so special, no one can replace your place.”
「あなたは、すごく特別な人。あなたの代わりなんてどこにも居ない。」

“He is a substitute of the Math teacher.”
「彼は、数学の代理の先生です。」

Golden week is coming up.
Hope everyone has fun plans ahead!!
Enjoy your week and the vacation.

       written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

次回のジャムセッションは6/20のライブ&セッション直前です!
===========
6/16(月) メグスタ(馬車道)
☆ジャムセッション☆ 19:30オープン 20:00スタート
杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
==========

こういった演奏体験はさすがにレッスンでは再現できませんので、
ぜひ予行練習にいらしてください(^^)

メグスタのホームページはこちらです↓
http://megusta2288869.web.fc2.com/top.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ガイドトーン

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ガイドトーン 】
└────────────────────────────────

今回は「Jazz Piano Comping: Harmonies, Voicings, and Grooves 」からの引用です。

↓ p.12 から
==========
「Guide tones」
Guide tones are the third (or sus4) and seventh of any seventh chord.
They (plus the root) are required for a chord to be recognizable as a seventh chord.
==========

「ガイドトーン」はコードの3度(もしくは4度)と7度の音を指します。

枯葉のコードでいえば、以下の譜面のひし形の音のことです。
GuideTones

この「ガイドトーン」と「ルート」の音は
コードのタイプを決めるのに必要な音です。

逆に言うと、5度の音はそれほど重要ではないということでもあります。
5度が大事なのは5度が完全五度以外の時ですが、それはまた別の機会に。

皆さんが押さえているレフトハンドボイシングにも、
もちろんガイドトーンは含まれています。

ぜひ見つけてみてください!


シンコペーション

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:シンコペーション 】
└────────────────────────────────

今回は「Berklee Jazz Piano/Ray Santisi」からの引用です。

「シンコペーション」はジャズピアノレッスンの最初の頃にやる内容ですね。

↓ 英語版p.19から
==========
A common jazz technique for interpreting melody is “syncopating” rhythms – playing them off the beat.
This can enliven an otherwise static melody.
==========

ジャズでは、歌物などのメロディー(テーマ)を譜面通りに弾くということはありません。

その際、躍動感を与える(enliven)ための共通のテクニックとして使われるのがこの「シンコペーション」です。

まずは例となるオリジナルメロディーを見てみましょう。
without_syncopation

上記譜面は全て頭拍(on the beat)に音がのっていますが、これらを裏拍(off the beat)に移動させましょう。
前(anticipating)でも後ろ(delaying)でも可能です。

この作業によってできた譜面が以下のようになります。
with_syncopation

弾き比べてみると、この「シンコペーション」がジャズにとって非常に大きな要素であることが分かると思います。

常に意識していきましょう(^^)


オススメの教則本:ジャズフレーズハンドブック


ジャズフレーズハンドブック

16項目に分類されたジャズ・フレーズ集です。
ダイアトニックフレーズ、オルタードフレーズ、ブルーノートフレーズなどの生きたフレーズが学べます。

「これはどういうサウンドになるのかな?」という具合に、まずは好みのフレーズをみつけて練習するといいでしょう。

カテゴライズされていることで、すっきり、効率よく学べると思います。

phrase book

オススメのジャズピアノ教則本まとめに戻る


オススメの教則本:ザ・ジャズ・ピアノ [改訂新版] 系統だった練習法であなたもアドリブ名人! (CD付)


ザ・ジャズ・ピアノ [改訂新版] 系統だった練習法であなたもアドリブ名人! (CD付)

ジャズピアノアドリブマスター 改訂新版とは対照的に、ジャズピアノに必要な知識が一通り網羅されています。

情報量が豊富なので、初めて見る方は「こんなに勉強しないといけないのか、、、」とビックリするかもしれませんが、
常に手元に置いて、辞書的な扱いをしてもらえればいいと思います。

オススメのジャズピアノ教則本まとめに戻る


  • 今後の教室イベント♪など

    —2018年—
    5/23(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    6/23(土) ライブ&セッション2018atキングスバー(馬車道)
    7/25(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    9/26(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    11/28(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)

    生徒のみなさまは、ぜひご参加くださーい!!

  • アーカイブ

    QRコード

    Copyright © 2011-2013 杉山ジャズピアノ教室|横浜ではじめるピアノレッスン. All rights reserved.