Tag: 費用

vol.148【 Will You Still Be Mine 】【 On The Sunny Side Of The Street その4 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 Will You Still Be Mine 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 On The Sunny Side Of The Street その4 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

あっという間に2月突入!

早速ですが、ジャムセッションのお知らせです!
ぜひ遊びにきてください↓

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
http://megusta2288869.web.fc2.com/
日時:3月9日(水)
時間;オープン19:00 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

・腕試しで参加するのも
・試しにテーマだけ合わせてみるのでも
・将来のための見学でも

大歓迎です!

教室でジャズピアノを学んでいる皆様には、
ぜひジャムセッションを楽しめるようになって頂きたいです。

私がいるお店の方が気軽に来られると思いますし、
ぜひステップアップに遊びにいらしてください(^^)

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 Will You Still Be Mine 】
└────────────────────────────────

今日はRed Garland Trio(レッド・ガーランド・トリオ)の

「Will You Still Be Mine」

を聞いてみましょう!
少し解説をつけているので、参考にしてみてください。

参考音源↓

リードシート↓
will you still be mine 1will you still be mine 2

=================

イントロは「ドミナントペダル」です。
Will You Still Be Mine Intro

ドミナントペダルは一度も触れたことがなかったので
次回以降取り上げますが、

Bbというベース音の上に
AbM7 Cm7 AbM7 Bb7(#9)
というコードが乗っています。

=================

テーマの弾き方はレッド・ガーランドらしいコロコロとした軽快さがよく出ています。
Will You Still Be Mine Theme

・通常より1オクターブ上で弾く
・オーナメント(装飾)
https://en.wikipedia.org/wiki/Ornament_(music)

これらによって、より一層軽快なサウンドになっています。

9小節目からは「ブロック奏法」(←これも触れたことなかったです)
に変更。
メリハリがしっかりしてます。

=================

ソロはここでは触れませんが、
左手のタイミング、
それによるプッシュ力はぜひ
注目したいです。

=================

エンディングは定番の「×3」(2回繰り返し)です。
Will You Still Be Mine Ending

そして最後のコードはEbM7(もしくはEb6)で終わるのが一般的ですが、
ここではD/Ebで終わっています。
これはディミニッシュサウンドを出すのに便利な分数コードです。

半音下のトライアド(3和音)を弾くと覚えるといいでしょう。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 On The Sunny Side Of The Street その4 】
└────────────────────────────────

今週の曲「On The Sunny Side Of The Street」

参考音源:Judy Garland

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2854

《訳》—————————————————-

今回は[4] の歌詞を見ていきましょう。

If I never had a cent
もしお金が全然なかっとしても

I’d be rich as Rockefeller
私だってロックフェラーみたいにお金持ちになれる

Gold dust at my feet
足下には、金があるじゃないか

On the sunny side of the street
陽のあたる場所ではね

《ティップ》—————————————————-

今回は”If I never 〜” のフレーズに注目してみましょう。

“If” の仮定法を使った表現は、会話の中で頻繁に使われます。

意味は理解していても、実際に会話に取り入れるのが苦手な方も
多いかと思います。

決まったフレーズを幾つかの
パターンとして覚え使っていく事で、
苦手意識もなくなってくるかもしれません。

例文:
“Ill take care of the house, if you want to take some rest.”
「もし休憩したかったら私が家事をやっておくよ。」

“I wouldn’t have reached here if i never met you.”
「もしあなたに出会っていなければ、今の私はいなかっただろう。」

February is short month and a month of love!!
Maybe everyone is preparing a gifts for all special friends and family.
Stil a little chilly, please stay warm and have a great weekend!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

勉強会の詳細です。

参加予定の方、検討中の方はお早めに、
メールで、もしくは次回レッスン時にお知らせくださいませ!
─────────────────────

●開催日程:2月20日(土)19:30~21:30
●費用:4,500円程度(お店の飲食代です)
●場所:ダイニングバー吉濱
http://www.yoshihama.jp/

─────────────────────

勉強会の内容、
本当はインタープレイ的な細かいところをやろうと思っていましたが、
若干変更しました。。。

勉強内容
===========

1、1コーラスの構成

・AABA進行
・AABC進行
・ABAC進行
・16barsの曲
・12bars ブルース
・その他の進行(ABA進行、反復のないもの)

===========

2、フォームに追加されるもの

・インタールード
・イントロ、エンディング
 曲ごとの定番イントロ
 Vamp(ヴァンプ)

===========

3、ジャズで演奏されるリズムパターン

・スウィング(4ビート)
・8ビート(ロック)
・ボサノバ
・ファンク
・サンバ
・アフロキューバン

===========

といったことを実際の曲を聴きながら勉強しようと思っています。

音楽的知識は全く必要ありません。
「いち、にー、さん、しー」と数えられさえすれば大丈夫です。

曲の構成が理解できるだけでも、曲の聴き方はだいぶ変わるはずですので、
いちジャズリスナーとして楽しく学んでいただければ嬉しいです。

初めての方も大歓迎ですので、お気楽にご参加ください!

(いつものお断りですが、私が楽しくお酒を飲みたいという、趣旨で始めた企画です。
 ご理解いただいた上で、ご参加いただけると嬉しいです。)

毎回参加してくれる方たちは「今度の飲み会」って言っちゃってますもんね(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.147【 2ビートと4ビート 】【 On The Sunny Side Of The Street その3 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 2ビートと4ビート 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 On The Sunny Side Of The Street その3 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

早いもので2016年に入ってもうじき一月経ちますが、
ここに来てレッスン中にセッションできる方が急増しています!!

いやいや、嬉しい限りです。

ほとんどの方は楽しんでくれている!!

と思っていますが、教室では緊張の方が大きいですか?

もれなく皆様がセッションを楽しめるようになるのが、
この教室の目標です。

これからもコツコツ頑張っていきたいですね(^^)

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 2ビートと4ビート 】
└────────────────────────────────

今日は2ビートと4ビートの違いを鍵盤で再現してみました。

左手がベースもどき、
右手がドラム(というかハットだけだけど、、、)もどき

です。

実際の音源と違って、ベースとドラム
のみなので聞き取りやすいのではないかと思います。

ちなみに曲は枯葉です。
良かったら一緒に演奏してみてください。

今日は時間がなかったのでこれだけです。
タイムがもたったり、娘が来たりでアバウトではありますが、、、

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 On The Sunny Side Of The Street その3 】
└────────────────────────────────

今週の曲「On The Sunny Side Of The Street」

参考音源:Judy Garland

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2854

《訳》—————————————————-

今回は[3] の歌詞を見ていきましょう。

I used to walk in the shade with my blues on parade
前は、陰の中を暗い気持ちを引き連れて歩いていた

But I’m not afraid…this rover’s crossed over
でも、もう恐くなんかない。この放浪者は、乗り越えたんだ

《ティップ》—————————————————-

今回は”rover” という単語に注目してみたいと思います。

この表現はわりと古く、あまり日常的に耳にする単語ではないかもしれません。

普段使われる表現としては、”drifter” や “wanderer” の方が多いでしょう。

“drifter” はmoon river の歌詞にも出てきますね。

例文:

“She is known as a drifter.”
「彼女は、放浪者として有名です。」

“He had now been a wanderer for a month.”
「彼は、一ヶ月も徘徊しています。」

Time flies so fast.

We are entering to a second month of a year already!!

Still the weather has been chilly, please stay warm and have a good weekend!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

引き続き、勉強会のお知らせです!

————————————————

【勉強会】

●開催日程:2月20日(土)19:30~21:30

●費用:4,500円程度(お店の飲食代です)

————————————————

音源を聴きながら、

「ピアニストはブロックコードに移りました」
「ベーシストはこんなきっかけから4ビートに変わりました」

など、音源の中でどう変化が起きているのかを具体的に聞いていこう、

といったことを考えています。

ただ普通に聞くより、ジャズピアノを勉強している皆さんの方が
そういったところに対するアンテナは優れてきていると思います。

耳が肥えてくると、ジャズを聞く楽しみも更に増すと思います。

初めての方も大歓迎ですので、
気楽にご参加ください!

(いつものお断りですが、私が楽しくお酒を飲みたいという、趣旨で始めた企画です。
 ご理解いただいた上で、是非、ご参加いただけると嬉しいです。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.146【 キーセンター 】【 On The Sunny Side Of The Street その2 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 キーセンター 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 On The Sunny Side Of The Street その2 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

先日、酔っ払いの2軒目でピアノバーに行ってきました。

http://ameblo.jp/takahikosugiyama/entry-12119962765.html
(ボカしてあるから、大丈夫ですよね?)

みんなでこういう場所(実際の現場!)に
遊びに行くのも楽しそうですね(^^)

それから、みなさん、
忙しい中で練習に励んでいらっしゃると思いますが、
もし

「この練習方法良かったよ!」
「これは早いうちに知っておいたほうがいい知識だった!」

といったものがあれば、ぜひ何でも教えてください。

皆様のリアルタイムな声がとっても役にたちますので、
ふと思い出したときにでもご協力いただけると嬉しいです。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 キーセンター 】
└────────────────────────────────

今日はアドリブ練習として実際にレッスンでやっている内容
「キーセンター」に関してです。

出典は以下のサイトです。

http://brassmusician.com/how-to-locate-key-centre-areas-in-jazz/
英語のサイトですが、
盗用にならないように、ザックリと書いてます(汗)

1、キーセンターとは?どう使えばいいの?

スタンダードのコード進行は複雑に見えますが
アドリブで使うスケールは「キーセンターエリア」
に簡略化することができます。

例えば

(ii-V-I in C major):
Dm7 / G7 / | CM7 / / / |

の場合、本来は

Dドリアン、Gミクソリディアン、Cメジャー(イオニアン)
mode
とそれぞれ別のスケール(モード)を使うことになりますが、、、

これらのコード(それからスケール)は
そもそもCメジャースケールからできていますので、
daiatonic

「Cメジャースケール」ひとつ、
を使ってアドリブを取ることが可能です。

2、コード進行を弾いている?

これはコード進行(チェンジ)に従ってアドリブをとる、
ということにはなりません。
あくまでビギナーが快適にアドリブを取るためのメソッドです。

3、どうやってそのキーセンターを見つけるの?

これには若干の理論的知識が必要です。

徐々にコード進行というロードマップにしたがって
アドリブを取るようになりますが、

このキーセンターを意識してアドリブを取る、
という考え方が、常に重要であることに変わりありません。

まずは一つのスケールで自由にジャズ鼻歌ができるように、
これがアドリブ演奏への一歩です。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 On The Sunny Side Of The Street その2 】
└────────────────────────────────

今週の曲「On The Sunny Side Of The Street」

参考音源:Judy Garland

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2854

《訳》—————————————————-

今回は[2] の歌詞を見ていきましょう。

Can’t you hear the pitter-pat
パタパタっていう音が聞こえる?

And that happy tune is your step
その嬉しそうな音はあなたの足音だよ

Life can be complete
人生は、満たされているんだよ

On the sunny side of the street
陽のあたる場所では

《ティップ》—————————————————-

今回は”tune” という単語に注目してみましょう。

「調整をする、合わせる、曲」といった意味がありますが、
調整するという意味の “tune up” と使われる事が一番多いかもしれません。

今日は、他の意味を使った例文をご紹介したいと思います。

例文:

“He played a few tunes on the piano.”
「彼は、数曲ピアノで弾きました。」

“He always sings out of tune.”
「彼は、歌うといつも音程が合っていない。」

I hope everyone were ok of the snow from the other day.
It has been cold for this past few weeks.
Please do take care and have a great weekend!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

2016年最初の勉強会は2月20日(土)です。

————————————————

【勉強会】

●開催日程:2月20日(土)19:30~21:30

●費用:4,500円程度(お店の飲食代です)

————————————————

音源を聴きながら、

「ピアニストはブロックコードに移りました」
「ベーシストはこんなきっかけから4ビートに変わりました」

など、音源の中でどう変化が起きているのかを具体的に聞いていこう、

といったことを考えています。

ただ普通に聞くより、ジャズピアノを勉強している皆さんの方が
そういったところに対するアンテナは優れてきていると思います。

耳が肥えてくると、ジャズを聞く楽しみも更に増すと思います。

初めての方も大歓迎ですので、
気楽にご参加ください!

(いつものお断りですが、私が楽しくお酒を飲みたいという、趣旨で始めた企画です。
 ご理解いただいた上で、是非、ご参加いただけると嬉しいです。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


レッスン体系と費用

お互いのコミュニケーションを大切にし、
ひとつひとつ確実に習得できるよう、丁寧にやさしく指導いたします♪

ジャズピアノ・個人レッスン

レッスン時間:45分/回  レッスン回数:2回/月
入会金:¥10000  月謝:¥10000/月
対象:高校生〜

——— 無料体験レッスンのご案内 ———

レッスンを開始する前に教室の雰囲気やレッスンの進め方などを実際に体験して頂ける無料体験レッスンを行っています。

こちらの「お問い合わせフォーム」からお気軽にお申し込み下さい。

教室のシステムに関してはこちらQ&Aを参考になさってください。


講師:ジャズピアニスト杉山貴彦のプロフィール

1980年生まれ 静岡県出身

3歳よりピアノを始めクラシックに親しむ。群馬大学在学中よりジャズピアニストとしての活動を開始し、数々のジャズクラブへ出演。同大学院卒業後、 Berklee Collage of Musicの奨学金を得て単身渡米する。在学中はJoAnne Brackeen、Dave Liminaをはじめとする教授陣に師事。校内外を問わず数々のステージで演奏経験を積む。同時にYellowjacketsのキーボーディストであるRussell Ferranteにも師事し、氏の作曲法、ハーモニーに多大な影響を受ける。2006年春、同校のAward(Technics Endowed Scholarship)を受賞。同校パフォーマンス科を卒業した後、Russell Ferrante氏の作曲技法をより深く学ぶためLAへ短期滞在する。2007年に完全帰国。ジャズピアニストとしての活動を都内で開始する。2010年、杉山貴彦トリオ「Scenic Path Tour 2010」を大成功に収める。またフジロックフェスティバルへの出演など、活躍の場を大きく広げる。現在は演奏活動のほか、新横浜にて杉山ジャズピアノ教室を主宰。はじめてでも本格的に楽しめるジャズピアノ教室として定評がある。

 → オフィシャルサイト

 → オフィシャルブログ


Q&A よくあるご質問

────────────────────────────────
Q:教材費はどのくらいかかりますか?
A:レッスン内容に関してお渡しするプリント等は諸経費に含まれております。
ご希望があればこちらで書籍を推薦させていただきますが、基本的にお月謝以外の費用は一切かかりません。
────────────────────────────────
Q:レッスン日時はどのように決めるのですか?
A:当月の最終レッスン時に、お互いのスケジュールを合わせて翌月分のレッスン日時を決定します。
ご希望の時間帯があれば、先におさえておくことも可能です。(例:第1、第3火曜の10:00〜)
*生徒様の増加に伴い、現在、可能な方に限って暫定的にレッスン枠を決めていただくようお願いしております。
────────────────────────────────
Q:月3回、4回のレッスンは可能ですか?
A:ジャズピアノの練習には、与えられた課題をもとにご自宅でじっくり取り組んでいただく時間が必要です。そのため、基本的には月2回のペースをお勧めしております。単発レッスンを追加していただくことは可能です。
────────────────────────────────
Q:月謝はどのようにお支払するのですか?
A:毎月最初のレッスン時に現金でお預かりしています。
────────────────────────────────
Q:教室イベントについて詳しく教えてください。
A:あくまで自由参加ですが、年に数回の教室イベントを開催しています。
年間予定  5月:ライブ&セッション(発表会) 8月、11月、2月:勉強会・交流会
「ライブ&セッション」ではプロのベーシスト、ドラマーとともにピアノトリオ編成でのステージを行います。
「勉強会」はお食事をしながら気楽にジャズや音楽理論のお話をする場です。
その他、講師杉山がホストを務めるジャムセッションなどがございます。
────────────────────────────────


メール配信

毎週コツコツ学べるジャズピアノの基礎を中心に、毎週ワンポイントのアイデアをお送りしています。
主に生徒の皆様を対象にしたものですが、どなたでも是非ご登録ください。



お名前
メールアドレス


毎週木曜配信のメール配信・メールマガジン


ごあいさつ

jazzpianoschool

ジャズピアノ・アドリブ演奏はどなたでも楽しめるものです。

当教室にいらした皆様が、はじめてのレッスンから
ピアノ演奏の新たな楽しみを発見していらっしゃいます!

「興味はあるけど難しそうだし…」という方にこそ、
ぜひ一度、この魅力を味わっていただきたいです。

当教室にはジャズピアノを弾いてみたい、楽しみたい、という皆さんが、
世代を問わず通われています♪

レッスン室1  class3

ピアノそのものを習ったことのない初心者から経験者まで、
ひとりひとりに合ったレッスンを行っていますので、
ご自身のペースに合わせてジャズピアノを学ぶことができます。

丁寧な指導とコミュニケーションを大事にしたレッスンで、
あなたも新たな楽しみを見つけてみませんか?

 

まずは、お問い合わせフォームから無料体験レッスンをお申し込みください

right お問い合わせフォームはこちらです

リンク:体験レッスンを受講された方のご感想

——— 開講曜日 ———

月・火・水・木・金・土・日曜日

——— 開講時間 ———

10時〜20時

——— アクセス ———

横浜市営地下鉄「新横浜駅」から徒歩8分
JR横浜線「新横浜駅」から徒歩10分

 

「ジャムセッションを楽しめるようになる」ためのレッスンを中心にしておりますが、
他にも以下のような目的で通われている生徒様もいらっしゃいます。

・新たな趣味として一人で手軽なジャズピアノを弾いてみたい。
・ポピュラーピアノが弾きたい。
・アドリブ(即興演奏) ができるようになりたい。
・弾き語りをするための伴奏を学びたい。
・ビックバンドのピアノをどう弾けばいいのか分からないので対策したい。
・コードを使ってピアノが弾けるようになりたい。
・バンド活動を行うなかでキーボードの役割を知りたい。
・作曲をしたい、音楽理論を学びたい。

 

☆まとめのページetc

ジャズピアノを始めたい!低価格帯でおすすめのデジタルピアノは?
オススメのジャズピアノ教則本まとめ
目的別・おすすめのジャズピアノ教則本まとめ

「生徒さんのためのジャズ用語解説」
「生徒さんのためのジャムセッション対策」
「生徒さんのための練習方法・エクササイズ」


体験レッスンのお申し込みなど

体験レッスンはこちらの「お問い合わせフォーム」からお申し込みください♪

日程調整のため、”問い合わせ内容”欄にご希望の日時
(日にち、曜日、時間帯などおおまかなもので構いません)
をいくつかご提示くださいますよう、お願いいたします。

=====================================
大変恐縮ですが、現在募集しておりません。
=====================================

リンク:体験レッスンを受講された方のご感想

まれに「お問い合わせフォーム」からの送信ができない場合があるようです。
その際はお手数ですが、こちらのEメールにお問い合わせ下さい。
address

ピアノ教室リンク集習い事・資格サイト Novaso音楽教室検索ピアノ教室@navi@幼児教室


  • 今後の教室イベント♪など

    —2018年—
    5/23(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    6/23(土) ライブ&セッション2018atキングスバー(馬車道)
    7/25(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    9/26(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    11/28(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)

    生徒のみなさまは、ぜひご参加くださーい!!

  • アーカイブ

    QRコード

    Copyright © 2011-2013 杉山ジャズピアノ教室|横浜ではじめるピアノレッスン. All rights reserved.