Tag: リンク

vol.198【遊びながらコードを覚える簡単な左手伴奏】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【遊びながらコードを覚える簡単な左手伴奏】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

そろそろライブ&セッションの準備をはじめる時期になりました。

やりたい曲、どんな曲がいいかなど、
出演を検討している方はぜひ、候補の曲など考えてみてください(^^)

どうしようかな、、、と悩んでいるかたは私にご相談ください。

ピアノトリオだけでなく、ボーカルの伴奏とかも面白いし、
楽しい体験ができると思いますよ(^^)

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【遊びながらコードを覚える簡単な左手伴奏】
└────────────────────────────────

”コード”の便利さ、楽しさ?は、
なるべく早いうちから味わってもらいたいと思っています。
そこで、コードを勉強しだして良くやってもらうのが、以下のような方法です。

右手:譜面(リードシート通り)なれたらフェイクを入れる。
左手:コードの1357に手をセットしてストライド奏法のようにバラして弾く。

左手の説明は譜面の方がわかりやすいので、、、
譜面リンク↓

参考として「It’s only a paper moon」の頭をゆーったりと弾いてみました。
ピッチがだいぶ気になりますが、、、

参考動画↓

左手はコードの上に指を置いて、あとは順番に落としているだけです。

3拍子の場合はこんな具合です

やはり実際に使うことが一番大事ですので、
コードの仕組みを勉強している方はぜひこういった実践を通して、
使える知識を身につけてください!

たくさんの曲で遊んでもらえれば、次第に上達すると思います(^^)

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

次回のメグスタのジャムセッションです!!
================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
日時:3月22日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

まずは様子でもいいと思うので、
初めての方でもぜひ気楽にいらしてください(^^)

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────

vol.198【遊びながらコードを覚える簡単な左手伴奏】 はコメントを受け付けていません。 more...

vol.197【ベースの伴奏のリズムアイデア】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【ベースの伴奏のリズムアイデア】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

昨日のジャムセッション、大変に楽しかったです(^^)
お越しくださった皆さん、演奏してくださった皆さん、
本当にありがとうございました。

ホストのお二方が、
「だんだん初心者ジャムセッションじゃなくなってきてますね」
「これからどうするんですか?」
と言っていました(笑)。

これは嬉しい悩み。。。。。

まだまだこのまま普通にやっていくので、
また良かったら遊びにきてください!

次回の杉山ジャムセッションは3月22日(水)です!!

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【ベースの伴奏のリズムアイデア】
└────────────────────────────────

今回はベースソロの時の伴奏として
こんなアプローチを練習してみたらどうでしょう?
という内容です。

Fブルースのプレイアロングと一緒に
下記リンクの譜面のリズムで伴奏できるかどうか、
ぜひ試してみてください。
(曲はどれでもいいですが)

簡単な方もいると思いますが、
最初は苦戦すると思います。

こういったリズムに慣れると以下のような伴奏のタイプがやりやすくなります。

と、ここで本当は動画用意したかったのですが、
時間がなくてできなかったので以下の音源を参考にしてみてください。

Red Garland – Almost Like Being In Love
3:07から

Red Garland – I Can’t Give You Anything But Love
0:42から

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

次回メグスタのジャムセッションは下記日程です!
================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
日時:3月22日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────

vol.197【ベースの伴奏のリズムアイデア】 はコメントを受け付けていません。 more...

vol.180【毎日遊んでもらいたいアプリ iReal Pro】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【毎日遊んでもらいたいアプリ iReal Pro】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

今度の水曜日はジャムセッションのホストをやっています!

お店は19:30あたりにオープン。
ゆっくりお酒を飲んでウォームアップなんていかがでしょう笑。

僕は予定があるのでギリギリの到着になりそうですが、、、

見学だけでもぜひ遊びにいらしてください(^^)

それから、もうレッスンに来ていなくて
メール配信をストップしたい、
という方はこちらから簡単に停止できます。
http://yokohamapiano.com/?page_id=48

いつでも停止できるように一番下には毎回リンクを貼ってありますので、
もし必要なくなった時はそちらから停止してください(^^)

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【毎日遊んでもらいたいアプリ iReal Pro】
└────────────────────────────────

以前、「ProMetronome」
という携帯のメトロノームアプリを紹介しましたが、
それよりも最初に入れてもらいたいアプリと言えば確実にこれですね。

「iReal Pro – 楽譜とプレイアロング」

iphone用はこちら
https://goo.gl/ewFlfR

Andoroid用はこちら
https://goo.gl/tw3bta

レッスン中は僕が

左手 →ベース
その他の手足→ドラム

を担当していますが、
それをコードチェンジさえあれば勝手にやってくれるというアプリです。

なので、セッションを楽しみたい方、予行練習をしたい方には
必須の伴奏アプリです!!

購入時に曲はほとんど入っていないので、
まずはフォーラムというところにアクセスして
曲のデータをダウンロードする必要があります。

そこで簡単に1300曲分が手に入りますので、
ひとまずそれで十分だと思います。。。

あとは追加で自分の練習したいもの、無い曲などのコードチェンジを打ち込んで、
その通りに伴奏してもらうことも可能です。

以下のリンクに、僕もレッスンで使っている2516のファイルをアップしました。
ぜひ自分のiReal Proに入れて、練習に活用してみてください。
http://yokohamapiano.com/wp-content/uploads/2016/09/a232052c4d508ccbc8660d29336bcbb0.html

以下のリンクにもそれを録音しものが全キーでアップされています。
手っ取り早く2516を練習してみたい方はこちらで試してみてください。
https://drive.google.com/drive/folders/0B7mmihLcYzSJSW5NMGFxZmVTTzg?usp=sharing

曲単位の練習はもちろん大事ですが、
こうやって、まずは良くある定番チェンジの上で楽しめるといいですね!

参考

プレイアロング
http://yokohamapiano.com/?p=3242

ProMetronome
http://yokohamapiano.com/?p=3363

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

来週9月28日(水)ジャムセッションです。
ぜひ遊びに来てください!

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
http://megusta2288869.web.fc2.com/
日時:9月28日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────


コードシンボル Chord Symbol

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 コードシンボルについて 】
└────────────────────────────────

今回は「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓英語版から p.9
==========
A C major 7th chord can be notated as
CM7
and they all mean pretty much the same thing.
Many jazz musicians just write C.
==========

アベイラブルノートスケールという考え方に慣れてくると
「そのコード(もしくはボイシング)のバックでは何のスケールが流れているのか」
を常に意識するようになってきます。

CMaj7の場合はCメジャースケール(普通のドレミファソラシド)が一般的ですね。
“6”も”M7”も”9″も全てそのスケール上の音です。

もちろんどう積み重ねてボイシングするのかでサウンドそのものは変わりますが、
バックで流れるスケールに違いはありません。

ですので、
CMaj7をあらわすコードシンボルは上記リンクのようにたくさんありますが、
どれも基本的には同じだと思ってもらって構いません。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 コードシンボルについて その2 】
└────────────────────────────────

今回は「ジャズ・スタンダード・バイブル ~セッションに役立つ不朽の227曲」を眺めてみましょう。

まずは前回の復習です。

CM7
ざっくり言えば、
これらの「コードシンボル」はだいたい同じですよ、という内容でした。

これは、大事なコードの機能を保てば、
細かなところはプレイヤーに委ねられていると言ってもいいかもしれません。
(もちろん曲にもよりますが、、、)

ここで「ジャズ・スタンダード・バイブル」の”All Of Me”を見てみましょう。

ラストの8小節です。
all_of_me

「F」「Fm」「C」

この3つのコードシンボルには三和音の情報しか含まれていません。

これは「3和音だけ弾いてください」ということではなく、
プレイヤーの判断で6,7,M7をつけて弾いてくださいね、ということです。

レッスン中は私が勝手につけてしまうことが多いかもしれませんが、
徐々にそういうことか、と理解して選べるようになるといいですね(^^)


ロックトゥ・ハンズ Locked Hands

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【ロックトゥ・ハンズ】
└────────────────────────────────

前回取り上げたブロックコード(ブロック奏法)のことを、
Locked Hands(ロックトゥ・ハンズ)と言うこともあります。

どちらも何となく言葉のイメージとリンクするかと思いますが、
いかがでしょうか?

レッド・ガーランドだけでなく
様々なプレイヤーが実際に使っている奏法ですので、
他のプレイヤーも聞いてみましょう。

アイデアは同じでもプレイヤーによって
だいぶサウンドが異なって聞こえるかと思います。

———————————————-
ビル・エバンス(Bill Evans)
ワルツ・フォー・デビー(Waltz For Debby)


3:00から(右手はシングルノートですが、、、)

———————————————-
ボビー・シモンズ(Bobby Timmons)
モーニン(Moanin’)


7:43から

———————————————-


アフタービート After Beat

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 アフタービート 】
└────────────────────────────────

今日は「アフタービート」です。

ジャズのフィーリングに欠かせないのが、
2拍目、4拍目に強いアクセントを置く「アフタービート」の感覚です。

afterbeat2

対して日本の民謡やクラシック音楽は1拍目、3拍目にアクセントを置くケースが多いので、
このアフタービートの感覚は苦手な方が多いです。

afterbeat1

最近のJ-POPにはアフタービートを含んだものも多いですから、
もしかすると若い方にはあまり抵抗がないのかもしれません。
が、私の場合、やはり最初は慣れませんでした。。。

まずは「1234」を数えながら指パッチン(フィンガースナップ)をしてみましょう。

afterbeat3

何か曲を口ずさみながらとか、
実際のジャズ音源を聴きながらもフィンガースナップに挑戦してみてください。

何か特定の音とリンクすることに気がつくかも知れません。

フィンガースナップができない人は、どこか体を叩いたり、
何かを叩いてももちろんオッケーですよ(^^)!


ファイブフィンガースケール Five Finger Scale

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 5フィンガースケール 】
└────────────────────────────────

今日は「5フィンガースケール」です。

これは正式なスケールというよりは、
5本の指で弾くスケールという意味合いです。

基本になるのは「C ファイブフィンガースケール」↓
5-finger scale 1

英語:Tonic から Whole Whole Half Whole
日本語:トニック から 全(音) 全(音) 半(音) 全(音)

という音程(インターバル)でできています。
ぜひ、リンク先の譜面と鍵盤上で確認してみてください。

この音程通りに弾けば、他の音からスタートする
ファイブフィンガースケールも自分で見つけることができます。

そして135の指を落とせば自然とメジャーの3和音が響きますので、
コードも同様に見つけられます。

この5フィンガースケールはコードを学習するためには必須なのですが、
日本で普通にピアノレッスンを受けている限りでは学ぶ機会はほとんどないと思います。

もちろん、私のレッスンでは必ずお子様にも弾いてもらっています(^^)

今回は、アメリカで有名な子供用テキスト「フェイバー」からの引用でした。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 5フィンガースケール その2 】
└────────────────────────────────

5フィンガースケールの続きです。

せっかく12の5フィンガースケールを練習するのでしたら、
実際のフレーズとして使えるものにトライしてみるのはいかがでしょうか?

これは「Ornithology」というスタンダードのメロディーから
5finger1

次は「Confirmation」と僕の創作
5finger2

5本の指さえポジション通りにおければ、
あとは同じようにストンと指を落とすだけです。

ぜひ12の5フィンガースケールで、
上のようなフレーズを練習してみてください!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 5フィンガースケール その3 】
└────────────────────────────────

5フィンガースケールはトライアド(3和音のことです)を見つけるのに役立ちますが、
それ以上にインターバル(音の距離、度数)を理解するきっかけになる、
というのが非常に大きいです。

5フィンガースケールが弾ければ、
自動的に「長2度」「長3度」「完全4度」「完全5度」のインターバルが分かります。

「Cファイブフィンガースケールとインターバル」
Interval

「Fファイブフィンガースケールとインターバル」
interval2

「Gファイブフィンガースケールとインターバル」
interval3

その他のインターバルは、これらを軸にすれば
簡単に見つけることができます。

短2度、短3度などはそれぞれ、長2度、長3度を半音下げる、といった具合です。

ジャズピアノはこの「インターバル」に強くなる必要がありますので、
焦る必要はありませんが、少しずつ実践とともに覚えていきたいですね!

インターバルに関しては過去のメール配信を参考にしてください。
http://yokohamapiano.com/?p=2744


vol.167【 ブルース・スケールに慣れるためのエクササイズ 2 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【 ブルース・スケールに慣れるためのエクササイズ 2 】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

ライブ&セッション2016に出演された皆様に、
当日撮影された画像データのリンクをお送りしました。

Tさんとカメラマンさん、今年も本当にありがとうございました!!

万が一、リンクが届いていない出演者の方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。

DVDはもうしばらくかかりそうですが、
YouTubeへのアップでしたらそれより早くできると思います。
遠慮なくご注文ください。

ちなみに、前回、非公開と書きましたが、
アドレスを知ってる人じゃないと見られないのは限定公開というものでした。
非公開じゃ誰もアクセスできません(笑)。

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ブルース・スケールに慣れるためのエクササイズ 】
└────────────────────────────────

今回は
「Blues Improvisation Complete/Jeff Harrington」
から、
前回の続きです。

ブルーススケールからは離れますが、
他のスケールでも以下の譜例のように柔軟性をつけておくとアドリブの際にとても便利です。

様々なパターンがあるとは思いますが、
今回は前回参考にしたエクササイズをC majorスケールに当てはめてみました。

exer1

exer2

こうやって別のスケールに置き換えてみたように、ぜひ、自分なりの練習課題を組み立てみてください!!

今の自分に必要だと思うものを練習内容に取り込んでいきましょう(^^)

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

来月です↓
いつも通りですが、
見学、飲むだけ、大歓迎です(^^)

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
http://megusta2288869.web.fc2.com/
日時:7月13日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2000円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba)
================

それから勉強会は8/6(土)です!
次は何をやろう。。。

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48

────────────────────────────────


スラッシュコード

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【スラッシュコード】
└────────────────────────────────

今回は「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」
http://goo.gl/g1rqGL
からの引用です。

↓英語版から
===========================
slash chord
(1) A triad played over a note in the bass other than the root
(2) a 7th chord played over a note in the bass note in the chord
(3) a triad played on top of another triad.
===========================

「スラッシュコード」は「分数コード」とも言いますし、
バークリーでは「コンパウンドコード(compound chord)」と言い、
さらに細かく分類して理解します。

どういうものか?

というのは譜面を見て理解するのが一番簡単だと思うので、
以下のリンクを参考にしてください。


inversion

青丸で囲ったものが「スラッシュコード」です。
一番下の音が何か、を見ればお分かりの通り、

「ベースの音はスラッシュで指定した音にしてください」

ということですね。

これらはインバージョン(転回系)をコードシンボルで表すとどうなるのか
というお手本です。


vol.157【 スラッシュコード 】【 I Left My Heart In San Francisco その1 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 スラッシュコード 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 I Left My Heart In San Francisco その1 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

どなかたビックバンドジャズのピアノに興味のある方はいらっしゃいませんか?
生徒様がピアノを弾いてくださる方を探していらっしゃいます。

練習:隔週で日曜の夜
参加費:一回2000円
練習場所:二子玉川など、いくつかの場所

もし興味のある方はメールか、レッスンの時にでもお知らせください(^^)
詳細をお伝えいたします。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 スラッシュコード 】
└────────────────────────────────

今回は「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」
http://goo.gl/g1rqGL
からの引用です。

↓英語版から
===========================
slash chord
(1) A triad played over a note in the bass other than the root
(2) a 7th chord played over a note in the bass note in the chord
(3) a triad played on top of another triad.
===========================

「スラッシュコード」は「分数コード」とも言いますし、
バークリーでは「コンパウンドコード(compound chord)」と言い、
さらに細かく分類して理解します。

どういうものか?

というのは譜面を見て理解するのが一番簡単だと思うので、
以下のリンクを参考にしてください。


inversion

青丸で囲ったものが「スラッシュコード」です。
一番下の音が何か、を見ればお分かりの通り、

「ベースの音はスラッシュで指定した音にしてください」

ということですね。

これらはインバージョン(転回系)をコードシンボルで表すとどうなるのか
というお手本です。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 I Left My Heart In San Francisco その1 】
└────────────────────────────────

今週の曲「I Left My Heart In San Francisco」

参考音源:Tony Bennett

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=3008

《訳》—————————————————-
今回は[1] の歌詞を見ていきましょう。

The loveliness of Paris seems somehow sadly gay
美しいパリもなぜだかその華やかさは寂しく見える

The glory that was Rome is of another day
ローマの栄光も昔の事のようだ

《ティップ》—————————————————-

今回は”seem” という単語に注目してみましょう。

意味は分かっていても、
なかなか会話で使えないという方もいらっしゃると思います。

同じような意味で “look” はよく使われるかもしれません。

2つの単語は和訳すると同じような意味を持ちますが、
違いとしては

“look”は「見た状態から判断」し
“seem” は「状況を見て自分の視点を伝えている」

と区別できます。

例文:

“You look pale today.”
「今日は顔色が悪いね。」

“You seem to be a little under the weather today.”
「今日は、あまり機嫌が良さそうじゃないね。」

I hope everyone has enjoyed the view of cherry blossoms!!

There are still some chilly days. Please take good care of yourself!!

Have a wonderful weekend!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

5/11のメグスタジャムセッション、
ぜひ遊びに来てくださいー(^^)

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
http://megusta2288869.web.fc2.com/
日時:5月11日(水)
時間;オープン19:00 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

「初心者のための」と銘打ってありますので、
お気軽に参加してください!!

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48

────────────────────────────────


  • ☆毎週木曜配信☆
    「ジャズピアノワンポイントレッスン」メールマガジン

    毎週コツコツ学べるジャズピアノの基礎を中心に、様々な情報をみなさんと共有しています。主に生徒の皆様にお送りしているものですが、どなたでも是非ご登録ください。
    メールアドレスを記入して送信ボタンを押すだけでOK!

  • 今後の教室イベント♪など

    ---2017年---
    3/22(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    5/24(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    ==================
    6/24(土) ライブ&セッション2017 at King's Bar
    ==================

    生徒のみなさまは、ぜひご参加くださーい!!

  • アーカイブ

    QRコード

    Copyright © 2011-2013 杉山ジャズピアノ教室|横浜ではじめるピアノレッスン. All rights reserved.