Tag: ホームページ

vol.199【スケールの次に練習したい3度の動き】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【スケールの次に練習したい3度の動き】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

実は、昨年末から一月下旬まで、ハッキングの被害にあっており、
いちど教室のホームページが消え去りました(笑)

今はなんとか復帰できた(と思う)のですが、、、

後遺症としては、このメール配信が迷惑フォルダに入ってしまったり、
届いていない方もいる?

ようです(涙)。

他人事だと思っていたハッキング被害に、まさか自分があうとは。。。

もう落ち着いてだいぶたちましたが、、、

今度は昨日アップグレードしたマックのOS Sierraは、
MIDIインターフェイスを認識しないというバグがあることが判明。

レッスン中、パパパッと作って渡していた譜面が、今作れなくなっちゃいました。

早くなんとかしなきゃ。。。

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【スケールの次に練習したい3度の動き】
└────────────────────────────────

と、てんやわんや感を出した後ですので、
今回は(も?)短めの内容です。

一つのスケールを自由に弾けるようになったら、
今度はそれを3度で弾いてみる練習はどうでしょうか?

スケールというのは基本的には隣り合った音(2度)ですから、
一般的に考えても次は3度ですよね(^^)

「ステップ」か「スキップ」かという考え方でもいいと思います。
(ステップが2度、スキップが3度)

参考動画では

1、Cメジャースケール
2、Fメジャースケール
3、Bbメジャースケール

と順番にゆっくり弾いていますが、

なれているスケールの応用ということで
ぜひ自分の使いたいスケールで練習してみてください。

最初はテンポはあまり意識せず、
指の動きをゆっくり確かめながら弾くのがオススメです!

参考動画↓

今回は理解としてはシンプルなので、譜面は省略しました(^^)

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

次回のメグスタのジャムセッションです!!
================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
日時:3月22日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

ぜひ見学だけでも気楽にいらしてください(^^)

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────

vol.199【スケールの次に練習したい3度の動き】 はコメントを受け付けていません。 more...

vol.115【 CM7のリック 】【 Here’s That Rainy Day その1 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【CM7のリック 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Here’s That Rainy Day その1 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

もう明後日です!!ワクワク↓
==================
 6/20(土) ライブ&セッション 2015
 場所:キングスバー
 開始:12:30から
 地図等はホームページをご覧ください↓
 http://kings.bufsiz.jp/
==================

出演者の方に念のためのご連絡です。
お店にはご自身のリハーサル開始時間までに来ていただければ大丈夫です。
9:30からお店は開いていますし、私もその時間に行きますので、
もちろん早く来ていただいても構いません。

その他の連絡事項は「3.お知らせ等」をごらんくださいませ。

まずは今日のトピック、張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 CM7のリック】
└────────────────────────────────

以下のリンクはCM7もしくはC7で使えるリックです。

1-1lick

1-2lick

1-3lick
フレーズの一つ一つで解説が必要かもしれませんが。。。

最初は一つでいいので、自分の口癖フレーズを作りましょう!

それが少しずつ溜まっていったら、
上記リンクのようなあなたのフレーズ集ができあがっていきます。

一つ一つ使える言葉が増えていくのも、
ジャズピアノを練習する楽しみの一つですね〜。

子供が「まんま、まんま」と繰り返すように(笑)、
何度も何度も実際に使ってください。

使うことで身につきます。
自分のフレーズになります。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Here’s That Rainy Day その1 】
└────────────────────────────────

今週の曲「Here’s That Rainy Day」

参考音源:Sarah Vaughan

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2413

《訳》—————————————————-

今回は[1] の歌詞を見ていきましょう。

Maybe I should have saved those leftover dreams
残っていた夢は、あきらめずに取っておくべきだったのかもしれない

Funny but here’s that rainy day
不思議と本当に雨が降っている

《ティップ》—————————————————-

今回は”leftover” の言葉に注目してみましょう。
直訳すると「残り物」という意味があり、食べ物に使われるのが一般的です。
今回は叶った夢の「他に」という意味で使われています。

日常的な表現としては不自然になってしまいますので、
普段夢と一緒に使うなら”extra” や “unwanted”等の単語を使う方が
いいかもしれません。

“extra”であれば、他にも願った夢という意味になり、
“unwanted”なら、そこまで望んではいない夢と表現する事ができます。

最後に”leftover” を使った例文をご紹介したいと思います。

例文:
“I’d like to take home these leftovers, could you pack in togo box please?”
「この残り物を持ってかえりたいので、箱に詰めて頂いていいですか?」

(海外では、食べきれなかった食事を持ってかえる習慣があるので、
旅行へ行く際はレストランで是非使ってみてください)

I hope rainy season will be over soon.
Is everyone starting to plan summer vacation plans?
Before the big vacation, please all enjoy your weekend!!

       written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

「ライブ&セッション」に関していくつかご質問いただいたのでお答えします。

#お店で食べ物、飲み物のオーダーはできますか?

 飲み物のオーダーのみ、一杯300円で可能です。
 上の階にコンビニがあるので、そこで買ってきたものを持ち込んでいただくこともできます。
 貸切ですので、そういったところは比較的自由なようです。

#何時から何時までやってますか?

 開場は12:00、演奏開始は12:30です。
 演奏の終了は15:00あたりになるかと予想していますが、かなり前後するかもしれません。
 演奏が終わっても15:45まではゆっくり飲んでいるつもりです。

当日は出演者、観覧者を合わせて40名をゆうにオーバーしております。

とはいえ、出演者のご家族、お知り合い、
皆さんにステージを楽しんでいただきたいと思っております。

会場が混雑してしまいご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、
ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

ライブ&セッションが終わったら次の予定は勉強会です。
打ち上げ、にしては遅すぎますかね。
===========
日時:8月29日(土) 19:00から
場所:新横浜駅近くの居酒屋
会費:4500円程度(飲食代・飲み放題)
===========

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.114【 モードの覚え方 】【 Take The “A” Train その4 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 モードの覚え方 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Take The “A” Train その4 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

6/20のライブ&セッションに出演される方には
昨日メールをお送りしました。

万が一届いていない方がいらっしゃいましたら
お手数ですがお知らせくださいませ。

==================
 6/20(土) ライブ&セッション 2015
 場所:キングスバー
 開始:12:30から
 地図等はホームページをご覧ください↓
 http://kings.bufsiz.jp/
==================

それでは今日のトピック、張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 モードの覚え方 】
└────────────────────────────────

そろそろ「モード」というものを覚えてみようかな、
という方には”フラットが増えて行く順”で覚えることがオススメ(の一つ)です。

コードとの関係も理解できますので、
ぜひ以下の譜面を眺めてみてください。

mode1
すべての元になるのは普通のメジャースケール(イオニアンスケール)です。

「CM7」の7度を半音下げたものが「C7」
  ↓
スケールも同様に7度を半音下げる(ミクソリディアンスケール)

さらに3度も半音下げたものが「Cm7」
  ↓
スケールも同様に3度も半音下げる(ドリアンスケール)

まずは上記3つのモードを覚えるのが実用的だと思います。

ほかにもアプローチの仕方はいくつかありますが、
様々な角度からとらえるのは大事ですので、
是非鍵盤上で試してみてください!

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Take The “A” Train その4 】
└────────────────────────────────

今週の曲「Take The “A” Train」

参考音源:Ella Fitzgerald & Duke Ellington

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2356

《訳》—————————————————-
今回は[4] の歌詞を見ていきましょう。

All aboard, get on the “A” train
皆さん、A列車にご乗車ください

Soon you will be on Sugar Hill in Harlem
もうすぐ、ハーレムのシュガーヒルに到着です

《ティップ》—————————————————-

“all aboard” は電車や船、飛行機などに乗車するサインとして使われる言葉です。
今は日本のように、音楽などが流れることで、
乗車をお知らせすることが多くなってきているかもしれません。

Extra Info:
時々、海外旅行をされる日本人の方が「道を教えてください」と尋ねる際に
“Could you TEACH me the direction?” と聞く事がありますが、
teach”は不自然な英語です。

“Could you tell me the way to ~~~?” と言う方が自然になります。

Rainy season is here.
Let’s listen to some nice soothing music and wait for this season to pass us away.
Hope everyone will have a great weekend!!

       written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

次回のジャムセッションは6/20(土)ライブ&セッション直前です!
===========
6/16(火) メグスタ(馬車道)
☆ジャムセッション☆ 19:30オープン 20:00スタート
杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
==========
ジャムセッションの時間ですので
6/20用の練習日、というわけではありません。

ですが、なるべく練習できるように
みなさんの順番を回そうと思っています!

もちろん見学も歓迎です(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.112【 用語解説:チャールストンリズム 】【 Take The “A” Train その2 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:チャールストンリズム 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Take The “A” Train その2 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

ライブ&セッションに向けての練習も追い込みですね!

皆さん早いうちから仕上がってきていたので、
私はだいぶ前から安心していますが、、、(^^)

今日のトピック、張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:チャールストンリズム】
└────────────────────────────────

今回は「The Jazz Piano Solos of Red Garland」
http://goo.gl/NJrGvf
からの引用です。
(日本のアマゾンにはなかったので、リンクはアメリカになってしまいました)

↓ p.6から
==========
Perhaps the best known element of his left-hand style is his consistent use of a “Charleston” rhythm which he perfected to a high degree of independence in supporting his right-hand solos
==========

「チャールストンリズム」は以下の譜例のように、
”1拍目”と”2拍目の裏”を打つリズムのことをいいます。
(本当はクラーベの1小節目同様、4拍目も入ると思いますが、、、)

charleston2

はい。
多くの方にとってはレッスンでお馴染みのやつですね。

正直なところジャズプレイヤー同士で「チャールストンリズム」という言葉を使うことはありません。
知らないプレイヤーも多いと思います。

ですが、非常にスタンダードなリズムですから、
豆知識として用語とともに覚えておくといいでしょう。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Take The “A” Train その2 】
└────────────────────────────────

今週の曲「Take The “A” Train」

参考音源:Ella Fitzgerald & Duke Ellington

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2356

《訳》—————————————————-
今回は[2] の歌詞を見ていきましょう。

If you miss the “A” train
もしA列車に乗り遅れたら

You`ll find you missed the quickest way to Harlem
ハーレムへ行くための最も速い手段を逃す事になる

《ティップ》—————————————————-
今回は “You’ll find” のフレーズを見てみたいと思います。

歌詞では「あなたは最も速い手段を逃した事に気づくでしょう。」
という意味でこのフレーズが使われています。

同じように「気づくでしょう」という意味を持った他の表現も
ご紹介したいと思います。

場面にあわせて表現も変えてみましょう。

例文:
“He realized how difficult it is to be a teacher.” (realize)
「先生になる難しさを彼は、気づかされました。」

“She noticed how important he is for her.” (notice)
「彼女は、彼の存在の大きさに気づいた。」

Have a great weekend everyone!!
Rest well and let’s all charge it up for next week!!

       written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

次回のジャムセッションは6/20(土)ライブ&セッション直前です!
===========
6/16(火) メグスタ(馬車道)
☆ジャムセッション☆ 19:30オープン 20:00スタート
杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
==========

こういった演奏体験は現場でないとできませんので、
良かったら是非いらしてください(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.111【 用語解説:ターンアラウンド 】【 Take The “A” Train その1 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ターンアラウンド 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Take The “A” Train その1 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

ライブ&セッションまで、残り一月をきりました!
こちらは現在、曲順を決めるのに悩んでおります(笑)。

同じテンポやリズムが続くのは退屈してしまうので、
ところどころボサノバやファンクを混ぜたり、早めの曲を入れたり、
と全体を通しても変化があって楽しめるステージにしたいと思っています(^^)

当日が楽しみです!

いつものトピック、張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ターンアラウンド】
└────────────────────────────────

今回は「Reharmonization Techniques」からの引用です。

↓ p.73から
==========
「Turnarounds」
Turnarounds are used to increase the sense of harmonic motion toward a target chord at the beginning of a new phrase.
==========

典型的な「ターンアラウンド」は、
セクション終わりの2小節に使われます。

次の頭のコード(ターゲット)に向けて進行感を出すため、
ハーモニーの動きを追加するのです。

例として、Fブルースのラスト4小節を見てみましょう。

Gm7 | C7 | F7 | F7 || F7

F7に解決したあとは停滞してしまいます。
本来なら次のコーラスに向けて突き進みたいところです。

そこで使われるのが「ターンアラウンド」

もっとも一般的なのは「イチロクニーゴー」(わらかない方はレッスンで!)ですので、

Gm7 | C7 | F7 D7 | Gm7 C7 || F7

とリハーモナイズして演奏します。

そうすると次のコーラスの頭であるF7(ターゲット)に
向かって突き進んでいるように聞こえます。

ターンアラウンドは譜面に書いてなくても自然に追加されるものです。

今練習している曲でも、ぜひ「ターンアラウンド」を入れてみてください。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Take The “A” Train その1 】
└────────────────────────────────

今週の曲「Take The “A” Train」

参考音源:Ella Fitzgerald & Duke Ellington

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2356

《訳》—————————————————-
今回は[1] の歌詞を見ていきましょう。

You must take the “A” train
A列車に乗らなくては。

To go to Sugar Hill way up in Harlem
シュガーヒルを上がってハーレムに行くならば。

《ティップ》—————————————————-
今回は単語”must” にスポットを当ててみたいと思います。

「〜しなければならない」と他の表現と比較すると強めの意味なので、
文章に取り入れづらいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

日常の中でよく使われる例文をご紹介したいと思います。

例文:
“You must be really tired, so I will let you rest.”
「とてもお疲れだと思うので、どうぞお休みになってください。」

“I must apologize for the incident yesterday.”
「昨日の出来事を謝らなくてはいけない。」

“That must been really difficult for you.”
「それは、お気の毒でしたね。」

是非今回の例文も参考にしてみてくださいね。

Hope everyone is having a great week!!
Let’s all enjoy the nice,beautiful sky and colorful flowers.
Have a wonderful weekend!!
       written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

次回のジャムセッションは6/20(土)ライブ&セッション直前です!
===========
6/16(火) メグスタ(馬車道)
☆ジャムセッション☆ 19:30オープン 20:00スタート
杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
==========

こういった演奏体験は現場でないとできませんので、
良かったら是非いらしてください(^^)

メグスタのホームページはこちらです↓
http://megusta2288869.web.fc2.com/top.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.109【 用語解説:ガイドトーンボイシング 】【 There will never be another you その3 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ガイドトーンボイシング 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 There will never be another you その3 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

ゴールデンウィークは満喫できましたか?

私は近くの海まで潮干狩りに行くつもりでしたが、
大、大、大混雑で予定変更。

健康的に鎌倉までハイキングしてきました(^^)

いつものトピック、張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ガイドトーンボイシング】
└────────────────────────────────

今回は「Jazz Piano: Voicing Concepts (Jazz Workbooks)」からの引用です。

↓ p.86から
==========
「Guide tone voicings」
Guide tone voicings are made up of the two guide notes, the third and the seventh.
==========

「ガイドトーン」は前回のトピックでした。
おさらいはこちらからどうぞ。

「ガイドトーンボイシング」は非常にシンプルですが、
コードのキャラクターはしっかり保っています。

まずは基本のツーファイブワンで眺めてみましょう!

II V I Major Cadence with Guide Tone Voicings
major

II V I Minor Cadence with Guide Tone Voicings
minor
注:m7(b5)のコードに関しては3度よりもb5度の方が重要なので、
2段目にはb5を採用した場合が書かれています。

ちなみに枯葉の冒頭8小節だと、、、
AL-GTV

私のレッスンでは4音からなる「レフトハンドボイシング」
を最初から練習することが多いのですが、

1番下の音、下から3番目の音、

それだけを鳴らせば自動的に「ガイドトーンボイシング」になっているはずです。

実際の演奏でもバランス良く使ってみてください!

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 There will never be another you その3 】
└────────────────────────────────

今週の曲「There will never be another you」

参考音源:Chet Baker

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2271

《訳》—————————————————-
今回は[3] の歌詞を見ていきましょう。

There will be other lips that I may kiss,
この先、他の人とキスをすることだってあるかもしれない、

But they won’t thrill me like yours used to do,
だけど、どのキスもあなたと交わしたキス以上にドキドキすることはない。

《ティップ》—————————————————-
今回は、”Thrill” という単語に注目してみたいと思います。

日本語でも「スリル」と使いますが、「ゾクゾクする」といった意味合いで
使うことが多いと思いかもしれません。
ですが、英語では「わくわくする」「ドキドキする」 といった意味で使われます。
同義語も含め、例文をご紹介したいと思います。

例文:
“Frankly, that doesn’t thrill me.”
「率直に言うと、全然わくわくしません。」

“I had a blast last night. Thank you for inviting me to the party.”
「昨日の夜は、とっても楽しかったです。パーティーに誘ってくれてありがとう。」

Hope everyone had a great golden week.
Back to the regular schedule, but we are all charged up.
Have a great rest of the week and weekend!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

次回のジャムセッションは6/20のライブ&セッション直前です!
===========
6/16(月) メグスタ(馬車道)
☆ジャムセッション☆ 19:30オープン 20:00スタート
杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
==========

こういった演奏体験は現場でないとできません。
ぜひ予行練習にいらしてください(^^)

メグスタのホームページはこちらです↓
http://megusta2288869.web.fc2.com/top.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.108【 用語解説:ガイドトーン 】【 There will never be another you その2 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ガイドトーン 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 There will never be another you その2 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

メグスタのジャムセッションにお越し下さった皆様、
お疲れ様でしたー!!

初めてバンドと合わせる方が何名もいたので
自分も緊張しましたが、まったくの杞憂でしたね。

6/20がさらに楽しみになりました。

ジャムセッションが思いっきり楽しめるよう、
地道に練習を続けていきましょう(^^)

それではいつものトピック、張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ガイドトーン】
└────────────────────────────────

今回は「Jazz Piano Comping: Harmonies, Voicings, and Grooves 」からの引用です。

↓ p.12 から
==========
「Guide tones」
Guide tones are the third (or sus4) and seventh of any seventh chord.
They (plus the root) are required for a chord to be recognizable as a seventh chord.
==========

「ガイドトーン」はコードの3度(もしくは4度)と7度の音を指します。

枯葉のコードでいえば、以下の譜面のひし形の音のことです。
GuideTones

この「ガイドトーン」と「ルート」の音は
コードのタイプを決めるのに必要な音です。

逆に言うと、5度の音はそれほど重要ではないということでもあります。
5度が大事なのは5度が完全五度以外の時ですが、それはまた別の機会に。

皆さんが押さえているレフトハンドボイシングにも、
もちろんガイドトーンは含まれています。

ぜひ見つけてみてください!

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 There will never be another you その2 】
└────────────────────────────────

今週の曲「There will never be another you」

参考音源:Chet Baker

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2271

《訳》—————————————————-
今回は[2] の歌詞を見ていきましょう。

There will be other songs to sing, another fall, another spring,
他にもたくさん歌える歌は、ある。新たな秋、新たな春も訪れる。

But there will never be another you.
でも、君の代わりはどこにも居ないんだよ。

《ティップ》—————————————————-
今回は”another”という単語に注目してみましょう。

「別の」「他の(代わり)」と言う意味を持つ言葉で
他にも “replace” “substitute” といった単語もあります。

これらの単語を使って例文を見てみましょう。

“You are so special, no one can replace your place.”
「あなたは、すごく特別な人。あなたの代わりなんてどこにも居ない。」

“He is a substitute of the Math teacher.”
「彼は、数学の代理の先生です。」

Golden week is coming up.
Hope everyone has fun plans ahead!!
Enjoy your week and the vacation.

       written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

次回のジャムセッションは6/20のライブ&セッション直前です!
===========
6/16(月) メグスタ(馬車道)
☆ジャムセッション☆ 19:30オープン 20:00スタート
杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
==========

こういった演奏体験はさすがにレッスンでは再現できませんので、
ぜひ予行練習にいらしてください(^^)

メグスタのホームページはこちらです↓
http://megusta2288869.web.fc2.com/top.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.107【 用語解説:トゥーファイブ 】【 There will never be another you その1 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:トゥーファイブ 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 There will never be another you その1 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

来週4/27(月)はメグスタでジャムセッションがあります。
詳細は下の「お知らせ」で。
ぜひ遊びに来てくださいー。

いつものトピック、張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:トゥーファイブ】
└────────────────────────────────

今回も「ジャズセオリーワークショップ ジャズ理論講座 初級編」からの引用です。

↓ p.56 から
==========
「 II-7 V7 (トゥーファイブ)」

II-7 V7 I ( I- ) のChord Progressionは頻繁に見られ、
これをトゥー・ファイブ・ワンという。

とくに II-7 V7 をトゥー・ファイブという。

オーソドックスなJAZZにおいて
即興演奏の素材として使われる曲の多くは
II-7 V7 の連続によって作られている。

従って、II-7 V7 を明確に把握することは
Analyze上たいへん重要である。
==========

と、ちょっと今回は長いですが、
省略することができなかったので
丸ごと載せました。

アナライズではトゥーファイブの下に「かぎかっこ」を書きます。

前回同様、以下のコードチェンジに書き込んでみましょう。

「枯葉」冒頭の8小節
ーーーーーーーーーー
Cm7 F7 BbM7 EbM7
Am7(b5) D7 Gm
ーーーーーーーーーー

「フライミートゥーザムーン」冒頭の8小節
ーーーーーーーーーー
Am7 Dm7 G7 CM7
FM7 Bm7(b5) E7 Am7
ーーーーーーーーーー

前回のドミナントモーションと合わせてみると、
以下のようになります。

251

ぜひ今やっている曲の

「トゥーファイブ(ツーファイブ)」
「ドミナントモーション」

を見つけて、アナライズしてみてください。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 There will never be another you その1 】
└────────────────────────────────

今週の曲「There will never be another you」

参考音源:Chet Baker

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2271

《訳》—————————————————-

今回は[1] の歌詞を見ていきましょう。

There will be many other nights like this
これから先もこんな夜がたくさんあるかもしれない

And I’ll be standing here with someone new
そして、きっと私はここに新しい誰かと立っているだろう

《ティップ》—————————————————-

今回は”stand” という単語に注目してみましょう。

多くの人が「立つ、立ち上がる」と言った意味で使うことが
多いと思いますが、”stand”は文章の作り方で意味が変化する
お役立ち単語なのです。

幾つかの例文をご紹介します。

例文:
“I know you would stand beside me.”
「あなたが私の側に居てくれるっと信じている。」

“It is time to stand on your own two feet.”
「今が自立する時です。」

“I just can’t stand sitting around.”
「じっと座って待っているなんて出来ない。」

皆さんもいろんな表現を使って英語を楽しんでくださいね。

There has been ups and downs with the weather.
Please take care of your selves everyone!!

       written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

次回のジャムセッション、もうじきです♪
===========
4/27(月) メグスタ(馬車道)
☆ジャムセッション☆ 19:30オープン 20:00スタート
杉山貴彦(pf) 吉川大介(ba) 早川淑規(dr)
==========

6/20(土)の発表会と同じメンバーにお願いしました!
ぜひ予行練習にいらしてください(^^)

メグスタのホームページはこちらです↓
http://megusta2288869.web.fc2.com/top.html

場所が分かりにくいので慎重に来てください(汗)。

それから6/16(火)もメグスタお引き受けしました!
4/27同様、セッション的な感じになると思います。

ぜひこちらもチェックしておいてください(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


HPリニューアル

いままではジャズピアニストとしての私のホームページで生徒様を募集していましたが、この度「杉山ジャズピアノ教室」のホームページとして独立して開設することにしました。

ジャズピアノに興味のある方に、より詳しく教室のことを知って頂けるよう、色々と発信して行きたいと思っております。

 


  • ☆毎週木曜配信☆
    「ジャズピアノワンポイントレッスン」メールマガジン

    毎週コツコツ学べるジャズピアノの基礎を中心に、様々な情報をみなさんと共有しています。主に生徒の皆様にお送りしているものですが、どなたでも是非ご登録ください。
    メールアドレスを記入して送信ボタンを押すだけでOK!

  • 今後の教室イベント♪など

    ---2017年---
    5/24(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    ==================
    6/24(土) ライブ&セッション2017 at King's Bar
    ==================
    7/26(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)

    生徒のみなさまは、ぜひご参加くださーい!!

  • アーカイブ

    QRコード

    Copyright © 2011-2013 杉山ジャズピアノ教室|横浜ではじめるピアノレッスン. All rights reserved.