Tag: フレーズ

vol.175【ダイアトニックスケールコードとダイアトニックフレーズ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【ダイアトニックスケールコードとダイアトニックフレーズ】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

8月初旬はケツメイシ、ももクロ、
それから横浜アリーナでもジャニーズがコンサートをやっていたりと、
非常に混み合っていました(><)レッスン的には交通のことで少し心配しましたが、 これといった問題もなかったようでホッと一安心。また何か注意が必要な時は、 前日のリマインドメールに書き足しておきますので、 毎回の確認をよろしくお願いいたします!少しだけど花火を楽しめました↓ wp-1471492847020.jpeg

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【ダイアトニックスケールコードとダイアトニックフレーズ】
└────────────────────────────────

今回は
「ジャズフレーズハンドブック」
からの紹介です。

p.32から引用
「Diatonic Phrase (ダイアトニックフレーズ)とは、Diatonic Scale上に成立する7種のDiatonic Scale Chordを使ってできるPhraseである。」
「Diatonic PhraseはTonalityトナリティー(調性)を阻害することなしに、よりスムーズな進行を作ることができる。」

参考譜1
Diatonic1

まず前提となるドレミファソラシド(そのキー、またはコードのスケール)があります
(画像ではbの箇所)

それぞれの音階に3度ずつ音を積み重ねるとダイアトニックスケールコードができます。
(画像ではcの箇所)

これらを使って種々のダイアトニックフレーズを作ります。

参考譜2
Diatonic2

ダイアトニックフレーズ、ダイアトニックコードの練習は
1. そのキーに強くなれる
2. アドリブのアイデアとして使い勝手がよい
という意味で、非常におすすめです。
初期におさえておきたい大前提が身につきます。

スケールの「上昇下降」や「ビジュアライズ」になれたら、ぜひ次に訓練したい内容です。

ダイアトニックフレーズは以前も触れています。
より具体的、実践的な使い方はこちらをご覧ください!

http://yokohamapiano.com/?p=3334

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

次回のジャムセッションは9月28日(水)です。
ぜひ遊びに来てください!

しばらく先ですので、今から準備して、
ぜひチャレンジしてみてください(^^)

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
http://megusta2288869.web.fc2.com/
日時:9月28日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────


クロマティックパッシングノート Chromatic Passing Note

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【用語解説:クロマティックパッシングノート】
└────────────────────────────────

今回は
「ジャズ・ピアニストのための ドロップ2 ヴォイシング・テクニック」
からの紹介です。

本の内容と直接関係はないのですが、、、

用語:クロマティックパッシングノート

  全音離れた2つのスケールノートの間に加えられる音

251リックでの例を2つ譜面にしました。

上が元となるベーシックな251リック、
下が”クロマティックパッシングノート”を取り入れた譜面です。

CPN1

CPN2

ぜひこういったアイデアも普段のフレーズの中に取り入れてみてください!!


ダイアトニックフレーズ Diatonic Phrase

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【ダイアトニックフレーズ】
└────────────────────────────────

前回触れた「ダイアトニックコード」をバラバラにして順序よく弾いたものを、
「ダイアトニックフレーズ」と言います。

パターン化すると、例えばこうなります。

DiatonicPhrase

色んなパターン、リズムで弾くことが可能ですが、
まずは普通に8分音符のリズムに乗せて上記の音を弾けるようになりましょう。

最初のうちはコードネームよりも、
鍵盤を視覚的にしっかりとらえて弾くことが大事です。

例えば「枯葉」なら、フラット2つ(シとミ)だけつけて練習します。

diatonicphrase2

(これはコードトーンも覚えられるし、一石二鳥のフレーズですよね〜)

アドリブでまず最初に目指すところは「雰囲気ジャズ」!!
(最近、私の中でこの言葉がブームです・笑)

そのためのツールとして、これはとても強力です。

より実践的なことはレッスンでやりましょう(^^)

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ダイアトニックフレーズ2 】
└────────────────────────────────

前回のダイアトニックフレーズはしっかり4和音をバラした形でしたが、
3音、2音のまとまりで動くとどうでしょうか?

譜面にするとこうなります。

3音→Dia1

2音→Dia2

引き続きフラット2つの譜面なので「枯葉」の中で実際に弾いてみてください。
どこから弾きだしても大丈夫ですよ〜。

それから当然、8分音符で弾く必要もありません。
なるべく楽しちゃいましょう。

例えばこんなパターンはどうでしょうか?

3音→Dia3

2音→Dia4

使えるスケールは分かったけど、もう少しアドリブするための根拠が欲しい!
という方にお勧めの方法「その1」でした〜。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ダイアトニックフレーズ3 】
└────────────────────────────────

引き続きダイアトニックフレーズです。

前回までは3度を重ねたものだったので、弾きこなすには少し難しいかもしれません。
そこで、こんなパターンはどうでしょうか。

dia3-1

スケール上を”3音のまとまりごと”に上がってくだけですね。
パターン分かりましたでしょうか?

このパターンを8分音符に乗せると↓

dia3-2

ただ、これだと音を引き続けないといけないので、
4分音符を入れてもいいでしょう。

dia3-3

dia3-4

レッスンでありがちなのは、
「使えるスケールは把握できたので、あとは自由に弾いてみましょう!」
で終わるパターンです。

自分も最初はそういう環境で自由(というか使える音は当ってるけどめちゃくちゃ・笑)に弾いていました。
そうこうしているうちに、自分でパターンや傾向を見つけ出すに至った訳で、
実際”適当に弾いてみる”という行為は非常に大切だと思っています。

でも途中で諦めてしまっては何も始まりませんから、
まずはこういったパターンを練習してスケール上を自由に弾く足がかりにしてください。

より詳しい内容、練習方法はレッスンでやっていきますが、
もうしばらくこの内容になりそうです。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ダイアトニックフレーズ4 】
└────────────────────────────────

引き続きダイアトニックフレーズです。

指の動きになれてきたら、さらにリズムを変えてみましょう。

dia3-5

dia3-6

どちらもシンコペーションを伴った非常にジャズらしい形です。

ここでは規則的なものしか紹介しませんが、
あとは自分なりにリズムに変化をつけられるよう練習しましょう。

もちろんこの音型を必ず守らないといけないわけではありません。
徐々に自由に、柔軟になっていきましょう。

最後に以下の譜面は教則本にのっていたダイアトニックフレーズの例です。

dia9

コードに縛られずスムーズに流れているのが、視覚的にも分かりますね。


【右手と左手の役割】

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【右手と左手の役割 】
└────────────────────────────────

年明け一回目です!
ジャズピアノをスタートしたばかりの生徒さんも何名かいらっしゃるので、
また基本的なところに戻りたいと思います。

ジャズピアノでは、”右手と左手の役割”は基本的に決まっています。

右手→「単音のフレーズ」を弾きます。

それに対して

左手→「和音」を弾きます。

具体的に実際の譜面を眺めてみましょう。
RH

”ト音記号(右手)の単音”と”ヘ音記号(左手)の和音”が
視覚的にもよく分かると思います。

それ以外の弾き方ももちろんありますが、
上記の基本形をふまえた上で、他の形を習得するようにしましょう。


vol.52【 ビバップスケール 】

こんにちは!杉山です。

先週の理論講習、お疲れさまでした(^^)
いやー、お陰さまで本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。

さて、その時にもお話ししたビバップというスタイル。

これも勉強しだすとキリがない(というかこれがジャズじゃん。という声もありますが、、、)のですが、まずは入門として表題の「ビバップスケール」。これはぜひ取り組みたいトピックの一つです。

スケールの考え方としては、7音でできる普通のスケール(イオニアンとかミクソリディアンとか)に「もう1音、音を足すことで、頭拍に必ずコードの音がくるように整理する」いうものです。

C7に対応するビバップスケール、C6に対応するビバップスケール、それぞれ下にリンクしてありますので参考にしてください。

言葉では難しいですが、譜面をみてもらえば理解できると思います。

C7ビバップスケール
C7ビバップ

C6ビバップスケール
C6ビバップ

挑戦したい方はレッスンで実際のフレーズを通して勉強しましょう!

そうでないかたは、半音を入れて整理するんだー。くらいに覚えておいていただければいいかと思います(^^)

その前に、まずはコードトーンですねー。


  • ☆毎週木曜配信☆
    「ジャズピアノワンポイントレッスン」メールマガジン

    毎週コツコツ学べるジャズピアノの基礎を中心に、様々な情報をみなさんと共有しています。主に生徒の皆様にお送りしているものですが、どなたでも是非ご登録ください。
    メールアドレスを記入して送信ボタンを押すだけでOK!

  • 今後の教室イベント♪など

    ---2017年---
    3/22(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    5/24(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    ==================
    6/24(土) ライブ&セッション2017 at King's Bar
    ==================

    生徒のみなさまは、ぜひご参加くださーい!!

  • アーカイブ

    QRコード

    Copyright © 2011-2013 杉山ジャズピアノ教室|横浜ではじめるピアノレッスン. All rights reserved.