Tag: ダイアトニック

vol.89【 ダイアトニックフレーズ4 】【 The Christmas Song その1 】

生徒の皆さんへお送りしているメールマガジンの内容を、不定期にアップしています。
ジャズピアノ、音楽理論、ジャズスタンダードの歌詞、講師・教室の活動など、興味のある方はぜひ右のフォームからご購読ください(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ダイアトニックフレーズ4 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 The Christmas Song その1 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

昨日のメグスタに来てくださった方、ありがとうございました!!

歌伴だったり、トランペットとカルテットで演奏したり、
新たな経験をしてもらえて、個人的にとても嬉しかったです。

ピアノトリオも楽しいけど、フロントに管楽器やボーカルがいるのもいいですよね〜。

発表会、サックスも呼んじゃいましょうか(笑)。

ま、色々と考えておきます。

さて、今日も張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ダイアトニックフレーズ4 】
└────────────────────────────────

引き続きダイアトニックフレーズです。

指の動きになれてきたら、さらにリズムを変えてみましょう。

dia3-5

dia3-6

どちらもシンコペーションを伴った非常にジャズらしい形です。

ここでは規則的なものしか紹介しませんが、
あとは自分なりにリズムに変化をつけられるよう練習しましょう。

もちろんこの音型を必ず守らないといけないわけではありません。
徐々に自由に、柔軟になっていきましょう。

最後に以下の譜面は教則本にのっていたダイアトニックフレーズの例です。

dia9

コードに縛られずスムーズに流れているのが、視覚的にも分かりますね。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 The Christmas Song その1 】
└────────────────────────────────

今週の曲「The Christmas Song」

参考音源:Nat King Cole

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2041

《訳》—————————————————-

今回は[1]の歌詞を見ていきましょう。

Chestnuts roasting on an open fire
暖炉でこんがりと焼ける栗

Jack Frost nipping at your nose
冬の王様ジャック・フロストが鼻をつまんでいる

Yuletide carols being sung by a choir
聖歌隊によって歌われるクリスマスキャロル

And folks dressed up like Eskimos
そして人々はエスキモーのように着ぶくれしている

《ティップ》—————————————————-

今回のクリスマスソングは、普段あまり耳にしない単語が出てきます。

[1] “open fire” [2] “Jack Frost” [3] “folks”

[1] “open fire”

「暖炉」を意味します。
一般的には”fire place”と言う方が多いかもしれません。

今回の歌では、”open fire”と歌うことで、
あたたかい火の情景が浮かびやすくなっていますね。

[2] “Jack Frost”

これは「冬」を人格化したものです。
冬に指先や足がかじかんだ時や、鼻がつーんと痛くなるほどの寒さを感じたときは、
“Jack Frost”の仕業だと言って冬を楽しむことが出来ます。

[3] “folks”

これは少し古い英語で「人々」のことを表します。
今でも使われますが”people”と言う方が自然かもしれません。

もうすぐ、クリスマスですね。

“Have you all prepared christmas gifts for your special someone?”

皆さんはもう、特別な方へのクリスマスプレゼントを用意されましたか・・・?

Jack Frost が寒さで意地悪するかもしれませんが、
是非、この寒い季節を楽しみましょうね。

                   寄稿:Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

昨日のメグスタで、年内の皆さんと関係ありそうなものは全て終了ですかね。

あとは残りのレッスン頑張りましょう!!
まだ気が早いけど、来年はアドリブできる方がたくさん増えるんじゃないかなあとワクワクしています。

そんな来年、2015年の予定ですが、、、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1/11(日) ルタンペルデュ(野毛) 20:00〜
ルイス古長(vo) 杉山貴彦(pf) 土谷周平(ba)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あと勉強会も決まってるので、ぜひ手帳に書いておいてください!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2/21(土) 勉強会(新横浜) 19:00〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.88【 ダイアトニックフレーズ3 】【 White Christmas その2 】

生徒の皆さんへお送りしているメールマガジンの内容を、不定期にアップしています。
ジャズピアノ、音楽理論、ジャズスタンダードの歌詞、講師・教室の活動など、興味のある方はぜひ右のフォームからご購読ください(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【ダイアトニックフレーズ3】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 White Christmas その2 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

使えるスケールは分かったけど、それをどうやって弾けばいいのさ?

とお悩みの方は、まずは今回のワンポイントレッスンの内容に取り組んでみてください。

より実践的、詳しい内容はレッスンでやりましょう!

では、今日も張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ダイアトニックフレーズ3 】
└────────────────────────────────

引き続きダイアトニックフレーズです。

前回までは3度を重ねたものだったので、弾きこなすには少し難しいかもしれません。
そこで、こんなパターンはどうでしょうか。

dia3-1

スケール上を”3音のまとまりごと”に上がってくだけですね。
パターン分かりましたでしょうか?

このパターンを8分音符に乗せると↓

dia3-2

ただ、これだと音を引き続けないといけないので、
4分音符を入れてもいいでしょう。

dia3-3

dia3-4

レッスンでありがちなのは、
「使えるスケールは把握できたので、あとは自由に弾いてみましょう!」
で終わるパターンです。

自分も最初はそういう環境で自由(というか使える音は当ってるけどめちゃくちゃ・笑)に弾いていました。
そうこうしているうちに、自分でパターンや傾向を見つけ出すに至った訳で、
実際”適当に弾いてみる”という行為は非常に大切だと思っています。

でも途中で諦めてしまっては何も始まりませんから、
まずはこういったパターンを練習してスケール上を自由に弾く足がかりにしてください。

より詳しい内容、練習方法はレッスンでやっていきますが、
もうしばらくこの内容になりそうです。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 White Christmas その1 】
└────────────────────────────────

今週の曲「White Christmas」

参考音源:Frank Sinatra

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2014

《訳》—————————————————-

今回は[2]の歌詞を見ていきましょう。

I’m dreaming of a white Christmas
私は、白い銀世界のクリスマスを夢見ている

With every Christmas card I write
クリスマスカードを一つ一つカードを書きながら

May your days be merry and bright
みんなの日々が喜びで満ち輝きますように

And may all your Christmases be white
そして、全ての人が銀世界のクリスマスを楽しむことができますように

《ティップ》—————————————————-

今回の歌詞からは、2つのポイントをチェックしてみましょう。

[1] ” Merry ” [2] “Christmases”

[1] “Merry”

“May your days be merry and bright”この歌詞では、

“May~”と始めることで全ての人々の、日々に対しての希望が込められています。

その思いの1つとして、
“merry” 「喜び、たのしい、心地よい」日々であるようにと歌っています。

和達が何気なく言っていた「メリークリスマス!」という言葉には、

「楽しく喜びに溢れたクリスマスになりますように」という意味が込められています。

[2] “Christmases”

ここでクリスマスが複数になっていますが、
歌詞の文脈から”all your Christmases” 「全て」を意味する ”all” を付けることで、
全ての人々のクリスマスと複数にしていると考えられます。

皆さんも是非、言葉遊びを楽しんでみてください。

少し早いですが、”Merry Christmas to all the people around in the world!!”

皆さんのクリスマスも喜びに満ちたものになりますように。

                   寄稿:Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

来週水曜です!!

遊びにきてくれる方もいらっしゃるようなので楽しみです。

===========
12/10(水) メグスタ(馬車道) 20:00〜
☆ジャムセッション☆ 杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
==========

いつもお客さん少なくてこじんまりしてるので(笑)
ぜひ遊びにきてくださ〜い!!

将来のための見学も大歓迎です(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.87【 ダイアトニックフレーズ2 】【 White Christmas その1 】

生徒の皆さんへお送りしているメールマガジンの内容を、不定期にアップしています。
ジャズピアノ、音楽理論、ジャズスタンダードの歌詞、講師・教室の活動など、興味のある方はぜひ右のフォームからご購読ください(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【ダイアトニックフレーズ2】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 White Christmas その1 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

もうじき12月。
寒くなってきましたね〜。
風邪引かないようにお互い気をつけましょう。

そうそう、来年の発表会は「ボーカルの伴奏をする」というのも
楽しみの一つになるかもしれません。

フロントがいれば負担も減るし、伴奏という楽しさも味わえるし、
良いこと尽くめです。

きっとルイスくんなら期待に応えてくれるはず(笑)。
教室のボーカル生徒さんも参加できると尚楽しそうですね〜。

では、今日も張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ダイアトニックフレーズ2 】
└────────────────────────────────

前回のダイアトニックフレーズはしっかり4和音をバラした形でしたが、
3音、2音のまとまりで動くとどうでしょうか?

譜面にするとこうなります。

3音→Dia1

2音→Dia2

引き続きフラット2つの譜面なので「枯葉」の中で実際に弾いてみてください。
どこから弾きだしても大丈夫ですよ〜。

それから当然、8分音符で弾く必要もありません。
なるべく楽しちゃいましょう。

例えばこんなパターンはどうでしょうか?

3音→Dia3

2音→Dia4

使えるスケールは分かったけど、もう少しアドリブするための根拠が欲しい!
という方にお勧めの方法「その1」でした〜。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 White Christmas その1 】
└────────────────────────────────

今週の曲「White Christmas」

参考音源:Frank Sinatra

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2014

《訳》—————————————————-

今回は[1]の歌詞を見ていきましょう。

I’m dreaming of a white Christmas
私は白い銀世界のクリスマスを夢見ている

Just like the ones I used to know

昔からよく知っているクリスマス

Where the treetops glisten,
木はキラキラと輝き、

and children listen

子供達は耳を澄ましている

To hear sleigh bells in the snow

雪の中、鳴り響くソリの鈴の音色に

《ティップ》—————————————————-

12月に入りますね。
色々な場所でクリスマスの曲を耳にする機会が増えてきます。

今回は代表的なクリスマスソングである
“White Christmas”を皆さんで見てみましょう。

2つのポイントをご紹介します。

[1] “ones” “where”

今回出てきたこれらの単語は、代名詞の役割を果たしています。

“ones” = クリスマス

最初の歌詞でホワイトクリスマスと出てきたので、
歌詞の流れからクリスマスを指していることが分かります。

“where” = 梢 /木の幹

ここに “where” が入ることで、
木々が輝いているという後半の歌詞が強調されています。

例文:”Do you remember that cafe where we had that delicious coffee?”
「前に行った、美味しいコーヒーがあるカフェが何処にあったか覚えている?」

[2] “treetops glisten”

ここでは木のキラキラ感を”glisten” という単語で表現しています。
これは、しっとりとした光沢のあるキラキラ感じをイメージさせます。
同じキラキラでも文章に合わせて表現を変えて見ましょう。

“glitteringly” = 照り輝く、ぴかぴかした
“shiny” = つやのある輝き

ホワイトクリスマスを耳にしたときには、
是非情景をイメージしながら冬の寒さを楽しんでみてください。

                   寄稿:Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

年内はあとこれだけですね〜。
忘年会でも企画すれば良かったかな。。。

===========
12/10(水) メグスタ(馬車道) 20:00〜
☆ジャムセッション☆ 杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
==========

自分はお酒飲みながらセッション楽しむ感じなので、
ホストのメンバーとプチ忘年会です。

いつもお客さん少なくてこじんまりしてるので(笑)
ぜひ遊びにきてくださ〜い!!

将来のための見学も大歓迎です(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.86【 ダイアトニックフレーズ 】【 But Not For Me その2 】

生徒の皆さんへお送りしているメールマガジンの内容を、不定期にアップしています。
ジャズピアノ、音楽理論、ジャズスタンダードの歌詞、講師・教室の活動など、興味のある方はぜひ右のフォームからご購読ください(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ダイアトニックフレーズ 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 But Not For Me その2 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

みなさんお元気ですか?

先日の勉強会、おつかれさまでした!!
とても楽しく勉強やお話ができて、あっという間の時間でした〜。

ジャズピアノを学ぶおまけで、こういう楽しさもいいですよね(^^)

次回は2/21の予定です。
是非また集まりましょう!

それでは、今日も張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【ダイアトニックフレーズ 】
└────────────────────────────────

前回触れた「ダイアトニックコード」をバラバラにして順序よく弾いたものを、
「ダイアトニックフレーズ」と言います。

パターン化すると、例えばこうなります。

DiatonicPhrase

色んなパターン、リズムで弾くことが可能ですが、
まずは普通に8分音符のリズムに乗せて上記の音を弾けるようになりましょう。

最初のうちはコードネームよりも、
鍵盤を視覚的にしっかりとらえて弾くことが大事です。

例えば「枯葉」なら、フラット2つ(シとミ)だけつけて練習します。

diatonicphrase2

(これはコードトーンも覚えられるし、一石二鳥のフレーズですよね〜)

アドリブでまず最初に目指すところは「雰囲気ジャズ」!!
(最近、私の中でこの言葉がブームです・笑)

そのためのツールとして、これはとても強力です。

より実践的なことはレッスンでやりましょう(^^)

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 But Not For Me その2 】
└────────────────────────────────

今週の曲「But Not For Me」

参考音源:Chet Baker

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=1977

《訳》—————————————————-
今回は[2]の歌詞を見ていきましょう。

I was a fool to fall and get that way
恋に落ちて、こんなに惨めになるなんて自分が馬鹿だった。

Hi-ho, alas, and also lack-a-day
あ~、なんてことだ。自分でもびっくりだ。

Although I can’t dismiss the memory of his kiss
だけど、彼との思い出のキスが忘れられない。

I guess he’s not for me
そっか、彼は私のものじゃないんだ。

《ティップ》———————————————–

[1]”fall” [2] “dismiss” [3] “lack-a-day”

この3つのポイントを今回は、チェックしてみましょう。

[1] “fall”

恋に落ちたと言うときは、” I fell in love” と言いますが、
love を省略して “I fell for (name)”「(名前)に恋してしまった」
と表現する方が一般的です。

ちなみに、続きの歌詞に出てくる”get that way”の”that”は、
恋に落ちてしまったという “fell”を指しています。

[2] “dismiss”

直訳すると「解散・去らせる」という意味があります。

海外の学校でクラスが終了し先生がかける号令で使われます。

例文:”Class is dismissed.”
「これで、終わりです。」

今回は、恋の思い出を「忘れられない」という意味で使われています。
思い出などに使う表現としては他にも言い回しがあります。

例文: “I can’t let it go the memory of his kiss.”
「彼との思い出のキスが忘れられない(手放せない)。」

[3] “lack-a-day”

この表現は昔(17世紀頃)使われていたものなので、
今はほとんど聞くことはありません。
意味は「驚き、悲しみ、後悔」です。

歌に使われると詩的になって表現力が増し、
よりロマンチックになりますね。

次に “But Not For Me” を聞くときは、
歌詞の内容をイメージしながら是非聞いてみてください。

                   寄稿:Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

勉強会のときにも配布させてもらったスケジュールですが、、、

2014年

12/10(水) メグスタ(馬車道) 20:00〜

☆ジャムセッション☆ 杉山貴彦(pf) 未定(ba) 未定(dr)

皆さんで演奏を楽しむ時間です!
レッスンで取り組んでいる曲を、この場で弾いてみませんか?
きっと、普段とは違った経験が得られると思います!

2015年

1/11(日) ルタンペルデュ(野毛) 20:00〜

ルイス古長(vo) 杉山貴彦(pf) 土谷周平(ba)

ベルギービールが美味しい、僕にぴったりのお店です。
ぜひ遊びにきてください!投げ銭。ちなみに次の日は祝日ですよ〜。

2/21(土) 勉強会(新横浜) 19:00〜

次回の勉強会・ジャズ研はこの日です。
ぜひチェックしておいてくださ〜い!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.85【 ダイアトニックコード 】【 But Not For Me その1 】

生徒の皆さんへお送りしているメールマガジンの内容を、不定期にアップしています。
ジャズピアノ、音楽理論、ジャズスタンダードの歌詞、講師・教室の活動など、興味のある方はぜひ右のフォームからご購読ください(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【ダイアトニックコード 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 But Not For Me その1 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

みなさんお元気ですか?

今週土曜は勉強会です!!
参加下さる方は、明日14日(金)のお昼くらいまでにメールでお知らせください。

事前に連絡を下さった方、レッスンのときに教えてくださった方は
承知しているので大丈夫です。

それでは、今日も張り切っていきましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ダイアトニックコード 】
└────────────────────────────────

以前生徒さんから「音楽用語が説明してある本ってありますか?」
という質問を頂いたので、今日は用語の説明から入ろうと思います。

タイトルにある「ダイアトニックコード」とは、
”「ダイアトニックスケール」上にできる7つのコード”のことを言います。

具体的に書きます

 ↓

まず「ダイアトニックスケール」はこれです。

diatonic1

普通のドレミファソラシドのことですね。

次に、それぞれの音の上に、3度で音を積み重ねていきます。
そうするとこんな和音、コードネームになります。

diatonic2

こうやってできる和音(コード)のことを「ダイアトニックコード」と言います。

この用語だけ理解してもなんのこっちゃ、と思うかもしれませんが、
土曜日に行う勉強会のアナライズでは、この「ダイアトニックコード」が大活躍します。

ただの専門用語も、実際に使うことで生きた知識になっていくと思いますよ!

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 But Not For Me その1 】
└────────────────────────────────

今週の曲「But Not For Me」

参考音源:Chet Baker

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=1977

《訳》——————————————-

今回は[1]の歌詞を見ていきましょう。

They’re writing songs of love but not for me
まわりは皆、愛の歌を書いているけど、でもそれは私の為ではない。

A lucky star’s above but not for me
空には幸運の星が輝くけれど、でもそれは私の為ではない。

With love to lead the way I’ve found more clouds of gray
愛が導くままに来たけれど、見つけたのは曇り空ばかり。

Than any Russian play could guarantee
これは、ロシア劇よりも確実に酷いと言える。

《ティップ》———————————————–

今回は、2つのポイントをご紹介します。

[1] “not for me”  [2] “guarantee”

[1] “not for me”

英語では、同じ事を繰り返すことをあまりしません。
今回の歌詞に出てくる” not for me” も、
文章の前半に出てくる “song ” と “star”を指していると分かるので、
あえて”it’s not for me” と言うことはしません。

[2]”guarantee”

直訳すると「保証」という意味があります。
使い慣れない単語かもしれませんが、日常的に使える言葉です。
皆さんも表現のレパートリーに是非加えてみてください。

例文:
“I guarantee that the party is going to be fun.”
「パーティーは、絶対に楽しいよ。」

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

勉強会は、スタンダード曲のアナライズをやります!
巨匠たちの代表的なテイクを聞きながら、
少しずつアナライズに慣れていきましょう。

目標は、それぞれのコードで使えるスケールを自分で見つけられるようになることです!!
少しずつ理解していきましょう(^^)

────────────────────
日時:11月15日(土)19:00から
場所:一瑳-ISSA-(イッサ) 新横浜店(の予定)
会費:4500円(飲食代・飲み放題)
────────────────────
半分は勉強ですが、残り半分(それ以上?)は交流会です。
ご了承くださいませ。

習い始めの方、まだ一度も参加したことのない方、大歓迎です!!

参加くださる方は、明日14日(金)のお昼くらいまでにご連絡くださいませ。
一緒にお酒飲めるのを、楽しみにしてまーす(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.72【 たまには右手でハーモニーを 】【 Summertime その2 】

生徒の皆さんへお送りしているメールマガジンの内容を、不定期にアップしています。
ジャズピアノ、音楽理論、ジャズスタンダードの歌詞、講師・教室の活動など、興味のある方はぜひ右のフォームからご購読ください(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 たまには右手でハーモニーを 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Summertime その2 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

みなさんお元気ですか?

お盆休みの今、実家でこのメールを読んでくださっている方もいるんじゃないでしょうか。

僕はといえば、昨日、それから明日、と「俺」系列でピアノ弾いてます。
レッスンも通常通りだし、お盆関係ないですね〜。

「3.お知らせ」のところで、8/30(土)勉強会の出欠に関して書いてありますので、
ぜひそちらにも目を通していただければと思います。

では、今日も張り切っていきましょ〜!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 たまには右手でハーモニーを 】
└────────────────────────────────

今日はいつもより上級のワンポイントかもしれません。

レッスンでは右手は単音で弾くことが多いのですが、
ハーモニーを付け足したいと思うこともあるんじゃないでしょうか?

まずは予備練習です↓
diatonic1

トライアド(三和音)のダイアトニックコードを一通り譜面のように練習しましょう。

一度ポジションが決まれば、あとはスケールにそって全体をシフトしていくだけなので、
コードネームまで考える必要はありません。

僕もそんな余裕はないです(笑)。

どちらかといえば、はじめに指のポジションを固定して、それを移動させるイメージです。

例として「枯葉」の4小節目に使ってみました。
EbMaj7からAm7(b5)にいく箇所です。

diatonic2

メロディーそのものも、このアイデアが使いやすいように(スケールを上がるだけ)変えてあります。

ちなみに、このアイデアはビル・エバンスがよく使っています。
ぜひ単音で弾いている箇所、和声が付け足されている箇所、聞き分けてみてくださいね!

8/30(土)の勉強会(ビル・エバンス特集!)も楽しみにしています(^^)!

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Summertime その2】
└────────────────────────────────

今週の曲「Summertime」

参考音源:Ella Fitzgerald

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=1720

《訳》—————————————————-

今回は[2]の歌詞を見ていきましょう。

One of these mornings
いつかの朝に

You’re going to rise up singing
あなたは、起き上がって歌い出すだろう

Then you’ll spread your wings
そして翼を広げ

And you’ll take to the sky
大空へ飛び立っていく

But till that morning
ただ、その日がくるまでは

There’s a’nothing can harm you
あなたを傷つける物は何もない

With daddy and mamma standing by
パパとママが側に居る限り

《ティップ》———————————————–

二番の歌詞も、未来に向かって羽ばたいていく、
きらきら光る希望にあふれた内容になっています。

歌詞の内容を一つ一つ分解して見ていくと、
理解が深まり表現力がより魅力的になるかもしれません。

今日は一つ涼しげな夏の詩をご紹介したいと思います。

“The butterflies are floating through the air.
The grass is green,
and the trees are tall.
As the wind whistles through my hair,…”

「蝶々が風に乗って飛んでいる。
青々と生い茂った緑
木々は、高く伸びている
そして風が私の髪を揺らして通り過ぎていく。」

寄稿:Risa

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

勉強会、近づいてきました☆(「ビル・エバンスの聞き方が変わる!」と思います。)
────────────────────
日時:8月30日(土)19:00~
場所:吉濱(予定)JR横浜線新横浜駅から徒歩5分
会費:4500円程度(飲食代、飲み放題です)
────────────────────
http://goo.gl/da7cJ4

「参加できるよ!!」という方は

8/16日(土)まで

にメールでお知らせください(^^)

既にメール、もしくはレッスン中に僕に伝えてくれた方は、把握できているので大丈夫です!
あ、まだ分からないけど、行けそうだったら、、、という方も、連絡もらえると助かります。

たまに生徒さんに聞かれるのですが、

・お酒を飲みたいだけ
・他の生徒さんと会ってみたい
・(僕のおすすめ)ダイニングバー吉濱にいってみたい

そんな感じで、もちろん大丈夫です。

みなさんジャズピアノを学んでいるという共通点もありますし、楽しめると思いますよ!

あ、ルイスも来れるって(笑)。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.59【 G7のアベイラブルノートスケールと優先順位 】【 Fly Me To The Moon その2 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 G7のアベイラブルノートスケールと優先順位 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Fly Me To The Moon その2】
 3.お知らせ等【 6月メグスタセッションのお知らせ 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

みなさんお元気ですか?

昨日は5月にオープンした「俺のフレンチイタリアン大森店」に初出演でした♪

ここなら横浜からも比較的足を運びやすいかな?
と思うので、良かったら今度聞きに来てくださいねー。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 G7のアベイラブルノートスケールと優先順位 】
└────────────────────────────────

前回は

メジャーキーのときに使える「ミクソリディアンスケール」
[1] G7mixo

マイナーキーのときに使える「ミクソリディアン b9 b13 スケール」
[2] G7mixob9b13

に触れました。

プライマルなものは上記のスケールなのですが、
実際、G7で使えるスケールは他にもこんなにたくさんあります↓

[3] DSC_0804~01
(これだけあるのに、ハーフホールが抜けてますね…)

これだけのリストを見たら嫌になってしまうと思いますが、ぼくもこんなに使い分けしてませんから安心して下さい(笑)。

1、ミクソリディアンが分かったら、次は

2、オルタード([3]の下から3番目のスケール)

など、優先順位を決めて勉強しましょう。

実際、ミクソリディアンとオルタードのコントラストでアドリブがとれれば、まずは十分です!

今レッスンでコードトーンやダイアトニックフレーズばかりやっている方は、
「もっとジャズピアノって難しそうな音が鳴ってると思うんだけど、これでいいのかなあ?」
と疑問に思っているかもしれません。

そんな方にはオルタードスケールがお勧めです。
ぜひ実際にピアノで弾いてみて下さい。

というわけですので、リアルタイムな方は今度、オルタードスケールに手を出してみましょうか(^^)

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Fly Me To The Moon その2 】
└────────────────────────────────

今週の曲「Fly Me To The Moon」

参考音源:Frank Sinatra

歌詞全文はこちらです↓
歌詞全文

《訳》—————————————————-
今回は、[2]の歌詞を見ていきましょう。

Fill my heart with song
私の心を歌で満たして

And let me sing forever more
そして、もっともっと歌わせてほしい

You are all I long for
あなただけを待ち望んで

All I worship and adore
あなただけが大切で愛おしい

In other words, please be true
何が言いたいかというと、真実でいてほしい

In other words, I love you
つまり、愛しているの

《ティップ》———————————————–

今回は、愛を表現した単語が多いので、いくつかピックアップしてみましょう。

“long” この単語は、訳すと「待ち望む」「思いこがれる」といった意味があります。
この単語を使うことで相手の事を本当に愛おしく思っている事が伝わってきます。

日常会話では、空港に迎えに行ったときにこんな一言が出ると喜ばれるかもしれません。

“I’ve been longing to see you.”
「会えることずっとを心待ちにしていました。」

“worship”これは直訳すと「崇拝する」という意味なのですが、
今回の歌のように大好きで大事に思っている人に使う事も出来ます。

” Adore” この単語は、映画でも耳にすることがあるかと思いますが、
Love という単語に比べて相手に対する愛おしさが伝わります。

英語でも愛の表現は様々ですので、みなさんも是非、使い分けて下さいね。

┌★3.お知らせ等【 メグスタセッションのお知らせ 】
└────────────────────────────────
先日メグスタセッションにお越しくださった方々、ありがとうございました!!

「いつもお客さん少ないから…」といった日に限って、嬉しいことにたくさんの方が(笑)。

ゆっくり喋る時間もほとんどなかったですね(^^;

懲りずに来月のセッションでーす♪

日時:6月9日(月)19:30オープン 20:00スタート
場所:メグスタ(横浜・関内)
チャージ:2000円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ジャズピアノ・ワンポイントレッスン メールマガジン vol.55【 ブルースってどんな曲? その2 】【 Candy その1 】

生徒のみなさんを中心にお送りしているメールマガジンの内容を、不定期にアップしています。
ジャズピアノ、音楽理論、ジャズスタンダードの歌詞、教室の活動などに興味のある方は、こちらから登録してください(^^)

*このメールはジャズピアノ教室の皆さんを中心にお送りしています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ブルースってどんな曲? その2 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Risa先生からのメッセージ・Candy その1 】
 3.お知らせ【 6/22 ライブ&セッション 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

6/22の「ライブ&セッション」は予想以上に参加してくれる方がいて、いまから楽しみです〜。

お仕事や家庭のことなど何かと忙しいと思いますが、練習ハリキっていきましょう!!

ステージ用に一曲丸ごと準備することで、勉強になることがたくさんあると確信しています!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ブルースってどんな曲? その2 】
└────────────────────────────────

先週「ブルースは12小節の決まった形式、コード進行」だというお話をしましたが、
実際ブルースの曲のコード進行を眺めてみると、微妙に違ったり、かなり大胆に違ったり、
実はかならずこの進行!というものではありません。

例えば下の譜面もブルースですが、多くの方がレッスンで練習しているブルースに比べて、
かなり複雑に見えるんじゃないでしょうか?

Blues for Alice

「じゃあ、どうだったらブルースっていえるの?」という説明の前に、今日は理論的なお話を少しだけ。

全てのダイアトニックコードはサウンドの持つ機能から3つのカテゴリーに分けられます。

1、トニック→「安定」
2、ドミナント→「緊張」
3、サブドミナント→「ゆるやかな緊張」

tonic
↑譜例はキーがGなので、分かりにくいかもしれません。ごめんなさい(><)

という具合に、3つのカテゴリーに分けられる、ということを今回は覚えておいて下さい。

この分類はリハーモニゼーションテクニック(コードを別のものに置き換えること)の基本にもなりますよ〜。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Candy その1 】
└────────────────────────────────

本題の前に、Risa先生からジャズボーカル英語レッスンに興味をもつ方へのメッセージです♪

http://yokohamapiano.com/wp-content/uploads/2014/04/944548193e2c423bdf104b5a74b75f54.mp3

ではでは、本題にはいります。

「Candy」はこんな曲です↓

キャンディー/チェット・ベイカー

《歌詞全文》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1]

Candy, I call my sugar Candy
Because I’m sweet on Candy
And Candy’s sweet on me

She understands me
My understanding Candy
And Candy’s always handy
When I need sympathy

[2]

I wish that there were four of her
So I could love much more of her
She has taken my complete heart
Got a sweet tooth for my sweetheart
Candy, it’s gonna be just dandy
The day I take my Candy
And make her mine, all mine

Candy, I call my sugar Candy
Because I’m sweet on Candy
And Candy’s sweet on me

[3]

You wish that there were four of him
So I could love much more of him
He has taken your complete heart
You got a sweet tooth for your sweetheart

Candy, it’s gonna be just dandy
The day I take my Candy
Gee, how the sun will shine
On the day my Candy’s mine

《訳》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は[1]の歌詞を見ていきましょう。

Candy, I call my sugar Candy
キャンディー、僕は恋人の事を「キャンディー」と呼びます。

Because I’m sweet on Candy
なぜなら、僕はキャンディーが好きだし、

And Candy’s sweet on me
それにキャンディーは僕を癒やしてくれるから。

She understands me
彼女は僕を理解してくれる。

My understanding Candy
僕を分かってくれるキャンディー。

And Candy’s always handy
それにキャンディーは、小さくて便利。

When I need sympathy
僕がそばにいてほしいときに居てくれる。

《ティップ》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画などでもよく出てくるようにアメリカでは、愛情表現として、
恋人同士のことをお菓子に例えて呼び合います。

今回のような「Candy」の他にも・・・
「Sugar pie」「Sweetie」「Milk shake」 「Chocolate」など色々あります。

歌の中で出てくる「sweet」という単語は、「好き」という意味を
表していますが、文章が変わると意味を変えて使うことが出来ます。

“He’s a sweet guy.”
「彼は、優しい人よ。」

“A sweet smell of success.”
「成功の予感がする。」

「優しい」や「成功」など色んな意味で使う事が出来ます。

ちなみに、甘党の方のことは、英語で「Sweet tooth」と言います。
是非、使ってみてくださいね。

┌★3.お知らせ【 6/22 ライブ&セッション 】
└────────────────────────────────

杉山ジャズピアノ教室主催の「ライブ&セッション」

日時:6月22日(日)午後場所:メグスタ(横浜・関内)チャージ:2000円

フライヤー、もはやどなたに渡したのか、渡してないのか、把握できなくなってしまいました…汗。

こちら↓を参考にしていただければと思います。

http://yokohamapiano.com/wp-content/uploads/2014/03/live-session-Vol.1.png

それでは、今日も楽しい一日をお過ごし下さい〜☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ジャズピアノ・ワンポイントレッスン メールマガジン vol.55【 ブルースってどんな曲? その2 】【 Candy その1 】

生徒のみなさんを中心にお送りしているメールマガジンの内容を、不定期にアップしています。
ジャズピアノ、音楽理論、ジャズスタンダードの歌詞、教室イベントなどに興味のある方は、こちらから登録してください(^^)

*このメールはジャズピアノ教室の皆さんを中心にお送りしています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ブルースってどんな曲? その2 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Risa先生からのメッセージ・Candy その1 】
 3.お知らせ【 6/22 ライブ&セッション 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

6/22の「ライブ&セッション」は予想以上に参加してくれる方がいて、いまから楽しみです〜。

お仕事や家庭のことなど何かと忙しいと思いますが、練習ハリキっていきましょう!!

ステージ用に一曲丸ごと準備することで、勉強になることがたくさんあると確信しています!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ブルースってどんな曲? その2 】
└────────────────────────────────

先週「ブルースは12小節の決まった形式、コード進行」だというお話をしましたが、
実際ブルースの曲のコード進行を眺めてみると、微妙に違ったり、かなり大胆に違ったり、
実はかならずこの進行!というものではありません。

例えば下の譜面もブルースですが、多くの方がレッスンで練習しているブルースに比べて、
かなり複雑に見えるんじゃないでしょうか?

Blues for Alice

「じゃあ、どうだったらブルースっていえるの?」という説明の前に、今日は理論的なお話を少しだけ。

全てのダイアトニックコードはサウンドの持つ機能から3つのカテゴリーに分けられます。

1、トニック→「安定」
2、ドミナント→「緊張」
3、サブドミナント→「ゆるやかな緊張」

tonic
↑譜例はキーがGなので、分かりにくいかもしれません。ごめんなさい(><)

という具合に、3つのカテゴリーに分けられる、ということを今回は覚えておいて下さい。

この分類はリハーモニゼーションテクニック(コードを別のものに置き換えること)の基本にもなりますよ〜。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Candy その1 】
└────────────────────────────────

本題の前に、Risa先生からジャズボーカル英語レッスンに興味をもつ方へのメッセージです♪

http://yokohamapiano.com/wp-content/uploads/2014/04/944548193e2c423bdf104b5a74b75f54.mp3

ではでは、本題にはいります。

「Candy」はこんな曲です↓

キャンディー/チェット・ベイカー

《歌詞全文》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1]

Candy, I call my sugar CandyBecause I’m sweet on CandyAnd Candy’s sweet on me

She understands meMy understanding CandyAnd Candy’s always handyWhen I need sympathy

[2]

I wish that there were four of herSo I could love much more of herShe has taken my complete heartGot a sweet tooth for my sweetheart
Candy, it’s gonna be just dandyThe day I take my CandyAnd make her mine, all mine

Candy, I call my sugar CandyBecause I’m sweet on CandyAnd Candy’s sweet on me

[3]

You wish that there were four of himSo I could love much more of himHe has taken your complete heartYou got a sweet tooth for your sweetheart

Candy, it’s gonna be just dandyThe day I take my CandyGee, how the sun will shineOn the day my Candy’s mine

《訳》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回は[1]の歌詞を見ていきましょう。

Candy, I call my sugar Candy
キャンディー、僕は恋人の事を「キャンディー」と呼びます。
Because I’m sweet on Candy
なぜなら、僕はキャンディーが好きだし、
And Candy’s sweet on me
それにキャンディーは僕を癒やしてくれるから。

She understands me
彼女は僕を理解してくれる。
My understanding Candy
僕を分かってくれるキャンディー。
And Candy’s always handy
それにキャンディーは、小さくて便利。
When I need sympathy
僕がそばにいてほしいときに居てくれる。

《ティップ》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画などでもよく出てくるようにアメリカでは、愛情表現として、
恋人同士のことをお菓子に例えて呼び合います。
今回のような「Candy」の他にも・・・
「Sugar pie」「Sweetie」「Milk shake」 「Chocolate」など色々あります。

歌の中で出てくる「sweet」という単語は、「好き」という意味を
表していますが、文章が変わると意味を変えて使うことが出来ます。

“He’s a sweet guy.”
「彼は、優しい人よ。」

“A sweet smell of success.”
「成功の予感がする。」

「優しい」や「成功」など色んな意味で使う事が出来ます。

ちなみに、甘党の方のことは、英語で「Sweet tooth」と言います。
是非、使ってみてくださいね。

┌★3.お知らせ【 6/22 ライブ&セッション 】
└────────────────────────────────
杉山ジャズピアノ教室主催の「ライブ&セッション」

日時:6月22日(日)午後場所:メグスタ(横浜・関内)チャージ:2000円

フライヤー、もはやどなたに渡したのか、渡してないのか、把握できなくなってしまいました…汗。

こちら↓を参考にしていただければと思います。

http://yokohamapiano.com/wp-content/uploads/2014/03/live-session-Vol.1.png

それでは、今日も楽しい一日をお過ごし下さい〜☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今日のレッスン♪ダイアトニックフレーズの練習

ダイアトニックフレーズの練習と、少しずつそれをアドリブの中で出せるようにする練習です。
二毛作的に左手の入れ方も訓練します。
DSC_0485~01


  • ☆毎週木曜配信☆
    「ジャズピアノワンポイントレッスン」メールマガジン

    毎週コツコツ学べるジャズピアノの基礎を中心に、様々な情報をみなさんと共有しています。主に生徒の皆様にお送りしているものですが、どなたでも是非ご登録ください。
    メールアドレスを記入して送信ボタンを押すだけでOK!

  • 今後の教室イベント♪など

    —2017年—
    9/27(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    11/22(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)

    生徒のみなさまは、ぜひご参加くださーい!!

  • アーカイブ

    QRコード

    Copyright © 2011-2013 杉山ジャズピアノ教室|横浜ではじめるピアノレッスン. All rights reserved.