Tag: コピー

vol.233【On Green Dolphin Street / Wynton Kellyのイントロ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【On Green Dolphin Street / Wynton Kellyのイントロ】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

最近、生徒さんが植物油の記事を
印刷して持ってきてくれました。

http://biz-journal.jp/2017/03/post_18180.html

記事で紹介されている本も読んだので
「おっ、これ実践してますよー」
とちょっと嬉しくなってしましました笑

みなさん余計なお世話だとは思いますが、
よかったら、、、

http://takedanet.com/archives/1040761864.html

僕はパンやマヨネーズは手作りにしてます。
タバコと酒にまみれた?ジャズメンのイメージとはあまりに対照的(笑)

100%摂取しないようにはできないので、
外食とか、お菓子とか、食べるときは遠慮なく食べてますけど。。。

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【On Green Dolphin Street / Wynton Kellyのイントロ】
└────────────────────────────────

「On Green Dolphin Street」のソロの続きも興味深いのですが、
今週はちょっと気分転換でイントロをコピーしてみました。

右手はメロディーはもちろん、ボイシングでも使っているので、
こういう弾き方になれないと忙しく感じるかもしれません。

普段左手だけでボイシングをしている方も多いかと思いますので、
「両手だとどうやって右手で音を乗せるのかなあ、、、」
という参考資料にしてみてください。

ただ、トランスクライブ的に怪しいところがあるので、
あくまで参考ということで。

大まかなコードもふっておいたので、
そのコードチェンジを使って自分なりにイントロを作ってみるのも面白いと思います!

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

次回のジャムセッションは11月です!!
================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
日時:11月22日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

ぜひいらしてくださいー(^^)

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────

vol.233【On Green Dolphin Street / Wynton Kellyのイントロ】 はコメントを受け付けていません。 more...

リック

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 リック 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓英語版から
==========
「lick」
An Improvised phrase that has entered the everyday language of jazz, often used , as in “a Joe Henderson lick.”
==========
「リック」の他にも「ジャズランゲージ」「ジャズフレーズ」といった言い方もします。

こういったリック集は色々と出版されていますが、私が昔使っていたのはこの本です。
(理想はジャズジャイアンツの音源をコピーして、生のリックを吸収することですが、、、)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
「ジャズフレーズハンドブック」稲森康利
ーーーーーーーーーーーーーーーー
この本の良いところはフレーズがカテゴライズされていることです。

目次を見てみましょう↓
目次

1、2の「アベイラブルノートスケール」「ダイアトニックフレーズ」などはレッスンのはじめにやる(生徒さんが多い)内容なので、気になる方も多いのではないでしょうか。

この本に書いてあるフレーズはちょっと難しめだと思います。
私はもっとシンプルが好きなので、そういったものはレッスンでやりましょう。

みなさんにレッスンを通して取り組んでもらいたいことは、
「独自のリック集を作る」
ということです。

頭の中に作っても良いし、実際に英単語帳のように譜面をためていってもいいでしょう。

はじめの一歩は口癖なくらい何度も弾いちゃうお決まりフレーズ、リックを作ることですかね。


vol.99【 用語解説:リック 】【 The Nearness Of You その1 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 リック 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 The Nearness Of You その1 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

勉強会にご参加くださったみなさん、ありがとうございました。
新たな生徒さんも大勢いて、楽しい時間でした(^^)

次回は8月になってしまいますが、懲りずにまた参加してくださいねー。

それでは、いつものトピックです。
今回も張り切っていきましょー。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 リック 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓英語版から
==========
「lick」
An Improvised phrase that has entered the everyday language of jazz, often used , as in “a Joe Henderson lick.”
==========
「リック」の他にも「ジャズランゲージ」「ジャズフレーズ」といった言い方もします。

こういったリック集は色々と出版されていますが、私が昔使っていたのはこの本です。
(理想はジャズジャイアンツの音源をコピーして、生のリックを吸収することですが、、、)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
「ジャズフレーズハンドブック」稲森康利
ーーーーーーーーーーーーーーーー
この本の良いところはフレーズがカテゴライズされていることです。

目次を見てみましょう↓
目次

1、2の「アベイラブルノートスケール」「ダイアトニックフレーズ」などはレッスンのはじめにやる(生徒さんが多い)内容なので、気になる方も多いのではないでしょうか。

この本に書いてあるフレーズはちょっと難しめだと思います。
私はもっとシンプルが好きなので、そういったものはレッスンでやりましょう。

みなさんにレッスンを通して取り組んでもらいたいことは、
「独自のリック集を作る」
ということです。

頭の中に作っても良いし、実際に英単語帳のように譜面をためていってもいいでしょう。

はじめの一歩は口癖なくらい何度も弾いちゃうお決まりフレーズ、リックを作ることですかね。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 The Nearness Of You その1 】
└────────────────────────────────

今週の曲「The Nearness Of You」

参考音源:Norah Jones

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2147

《訳》—————————————————-

今回は[1] の歌詞を見ていきましょう。

It’s not the pale moon that excites me
私を夢中にさせるのは、蒼白い月なんかじゃない

That thrills and delights me, oh no
わくわくしたり、喜びを感じたりもしない

It’s just the nearness of you
それを感じさせてくれるのは、あなたが側にいるときだ

《ティップ》—————————————————-

今回は文章の書き方を見てみましょう。

[1] “It’s not the pale moon that excites me”

この文章は、他にもこんな書き方をすることも出来ます。

” The pale moon does not excite me.”
同じ意味の文章ですが、この書き方だとパワーにかけます。

“It’s” や “That” の代名詞を使うことで”It” = 「月」”That” = 「喜び」
の単語にスポットが当たり、より強調され、歌詞が生きたものとなります。

シンプルな文章との比較を例文でご紹介します。

例文:
“Chocolate makes me happy.”
「チョコレートは、私をハッピーにします。」

“It’s the chocolate that gives me a special happiness.”
「チョコレートが私に至福の喜びをくれます。」

   ”It” = 「チョコレート」 “that” = 「喜び」

“I love my boyfriend.”
「私は、彼を愛しています。」

“He is the only one that I love.”
「私は、彼だけを愛しています。」

   ”That” = 「彼」

Here’s my favorite of quote of march.

“Spring is nature’s way of saying, Let’s party!”
「春」それは、パーティーの時だよ!と自然が知らせるサインだよ。

Spring is just around the corner!!
Let’s enjoy the end of coldness and wait for the fun warm spring.
Have a great weekend, everyone!!

                   寄稿:Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

次回のジャムセッションは4月です♪
===========
4/27(月) メグスタ(馬車道)
☆ジャムセッション☆ 19:30オープン 20:00スタート
杉山貴彦(pf) 吉川大介(ba) 早川淑規(dr)
==========
6/20(土)の発表会と同じメンバーにお願いしました!
ぜひ予行練習にいらしてください(^^)

それから横浜では数少ないライブです。
良かったらぜひ遊びにきてください♪
===========
3/28(土) Cafe Bar LOeuf うっふ(野毛)
☆ライブ☆ 19:30〜
ルイス古長(vo) 杉山貴彦(pf) 土谷周平(ba)
===========

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


おすすめの教則本:Charlie Parker Omnibook: For C Instruments. (Treble Clef Version)


Charlie Parker Omnibook: For C Instruments. (Treble Clef Version)

バップを勉強するならやっぱりこの本じゃないでしょうか。
理屈はもちろんだけど、何より実際に出ている音を知ることが一番!!

内容はバップの代名詞であるサックス奏者「チャーリー・パーカー」のトランスクリプション(コピー譜)です。
ある程度音楽理論を勉強してからアナライズ。
ジャズ言語として、少しずつ覚えて行きましょう♪


イントロ:マックザナイフ played by オスカーピーターソン

ご機嫌なピアノトリオ+クラーク・テリーのアルバム「Oscar Peterson Trio Plus One (Reis) (Rstr)/Oscar Peterson」から、マックザナイフのイントロです。

#Ⅳm7(b5)から降りてくパターンです。
右手はペンタトニック風がしっくりきます。

オスカーピーターソン:マックザナイフのイントロ


ジャズピアノ・ワンポイントレッスンメルマガ vol.25【 トランスクリプションのすすめ 】

こんにちは!!すぎやまです(^^)

いやあ、暑くて大変ですね。

お盆休みを実家で満喫してるかたもいらっしゃるのでは?

我が家はもうじき子供が産まれるので、ワクワクドキドキしながらの自宅待機です(^^)

日本では耳コピーした譜面のことを「コピー譜」といいますが、普通英語では「トランスクリプション」といいます。

ジャズのことをアメリカ人と話すときは「copy」じゃなくて「transcribe」を使いましょ~!!

ちなみに、僕が初めて練習したトランスクリプション(コピー譜)は、Wynton Kellyの枯葉です↓

http://www.youtube.com/watch?v=h1nityO4kco

レッスンでは「コードトーンソロ」「モチーフディベロップメント」「パッシングトーン・クロマティックノートを入れたソロ」など色々と練習していますが、ソロ全体の構成を俯瞰するためには、こういったトランスクリプションが最も有効です。

必須と言っていいでしょう!

理想は自分でトランスクライブすることだけど、それはあまりに時間がかかるので、、、

今ではたくさんのトランスクリプションが出版されていますから、お気に入りのプレイヤーを購入して研究してみるのが手っ取り早くていいんじゃないかな~と思います(^^)

8/9(金)に行われた理論講習(交流会)、予想以上に充実して終了しました(^^)!!

僕もホントに楽しくて、永遠にビール飲んでました。。。

今週もやりたいくらい(笑)。

また近々やりましょう!!!

飲み会、じゃなかった、理論講習の時に聞いたご意見を参考に、これからもよりよい教室作りに励んでいきます(^^)/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆【発行責任者】ジャズピアニスト 杉山貴彦

▼オフィシャルサイト
⇒ http://takahikosugiyama.com
▼オフィシャルブログ
⇒ http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
▼ご意見、ご感想
⇒ magazine@takahikosugiyama.com
▼メール配信解除
⇒ http://takahikosugiyama.com/magazine.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  • ☆毎週木曜配信☆
    「ジャズピアノワンポイントレッスン」メールマガジン

    毎週コツコツ学べるジャズピアノの基礎を中心に、様々な情報をみなさんと共有しています。主に生徒の皆様にお送りしているものですが、どなたでも是非ご登録ください。
    メールアドレスを記入して送信ボタンを押すだけでOK!

  • 今後の教室イベント♪など

    —2017年—
    9/27(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    11/22(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)

    生徒のみなさまは、ぜひご参加くださーい!!

  • アーカイブ

    QRコード

    Copyright © 2011-2013 杉山ジャズピアノ教室|横浜ではじめるピアノレッスン. All rights reserved.