Tag: イントロ

ホールトーンスケール Whole Tone Scale

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ホールトーンスケール 】
└────────────────────────────────

ホールトーン(全音)は半音二つ分(半音+半音=全音)のことです。

この全音を積み重ねていくことによって、
(大きく分けて)以下の二つのスケールが作られます。

wholetone1

wholetone2

ぜひ鍵盤を弾いて、サウンドを確かめてみてください。

非常に個性的なスケールですね。

実際の曲でも確かめてみましょう。

Stevie Wonder – You Are The Sunshine Of My Life

イントロで使われているのがホールトーンスケールです。
ジャズじゃないけど(笑)。

Thelonious Monk – Just You, Just Me

ところどころ使われていますが、
たとえば5:26ファからの下降はホールトーンスケールです。


イチロクニーゴー 1625

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:1-6-2-5 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

p.25から
==========
One of the most common chord progressions in jazz is 1-6-2-5.
The original first four chords of George Gershwin’s “I’ve Got Rhythm”
are a 1-6-2-5 (C, Am7, Dm7, G7), as shown in figure 2-24.
==========

勉強会で2-5-1(ツーファイブワン)には触れましたが、
今回は1-6-2-5です。

(本来、数字はローマ数字で書きますが、
 メールによっては表示されない場合があるそうなので、
 ここでは英数字で書いています)

メジャーダイアトニックコードを1番目、6番目、2番目、5番目と並び替えてみると、

キーがCの時は

CM7, Am7, Dm7, G7

になります。
(メジャーダイアトニックコードが分かれば並び替えるだけです)

figure 2-24
1625

この1-6-2-5は曲の中はもちろん、
イントロや、何かパラパラとバックで弾く時など、
様々な場面で使えるコードチェンジです。

今日は青山のお店でピアノを弾いていますが、
ボーカリストがMCをしている間、
実際1-6-2-5で何か弾いたりしています。

ちなみに英文の説明にあるように、
ジョージ・ガーシュインの曲”アイ・ガット・リズム”
の最初のコード4つと同じです。

もう少し続きがあるので、次回に続く、、、予定です。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:1-6-2-5 その2 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

前回お話しした通り、
“メジャーダイアトニックコード”を1,6,2,5の順番に並べると

CM7, Am7, Dm7, G7
1625

になりますが、実際は

Am7の代わりにA7を使うことが多いです。

Figure 2-26
1625-2

Am7という”ダイアトニックコード”の代わりに、
より進行感のある”セカンダリードミナント”A7
(Dm7に向かいます)を使う、

ということです。

A7のもつ”トライトーン”によって
“コードチェンジ”に動きが生まれるので、
こちらの方が面白味があります。

アドリブもA7の方がジャズらしいアプローチをたくさん使えますし。

レッスンではこの1625をアドリブの練習に使ったりもしています。

この4つのコードは曲の中では核になるようなコードですので、
確実に練習しておきたいですね!

いつもそうですが、””でくくった用語が分からないと、
アドリブできないわけではありません。

心配しないでくださいねー。


ブロック奏法

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【ブロック奏法】
└────────────────────────────────

今日は前回のレッドガーランドを引き継いで、
レッドガーランドの定番、ブロック奏法です。

「ブロック奏法」というと、
ジョージ・シアリングのスタイルが一般的だと思うのですが、
これはコードの転回系などに慣れていないと使いこなせません。

(興味のある方はレッスンで聞いてください!)

一方、以下 に紹介するブロック奏法は非常にシンプル(な考え方)ですが、
非常に使い勝手が良いです。

今回は譜面と、それに対応した音源、時間を記載したので、
ぜひどんな構造になっているのか考えてみてください!

======「If I Were A Bell」======

譜面↓
If I Were A Bell (Block)

音源↓

6:10〜

======「You Are My Everything」======

譜面↓
You are my everything (Block)

音源↓

0:30〜

こちらはイントロとして使われています。
必ずしもルートを弾く必要はない、
ということも分かって頂けるかと思います。


vol.153【 5フィンガースケール その2 】【 Around The World その1 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 5フィンガースケール その2 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Around The World その1 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

昨日のメグスタにお越しくださった皆様、
本当にありがとうございました!

皆様のセッション姿をみて、胸が熱くなりました。。。

ジャズピアノ、もちろん一朝一夕にできるものではありませんが、
これからも引き続き、地道な練習を重ねていきましょう!

楽しめる内容もどんどん増えていくと思います。

それから今回見学された皆様のご参加も、
いつでもお待ちしてます(^^)!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 5フィンガースケール その2 】
└────────────────────────────────

5フィンガースケールの続きです。

せっかく12の5フィンガースケールを練習するのでしたら、
実際のフレーズとして使えるものにトライしてみるのはいかがでしょうか?

これは「Ornithology」というスタンダードのメロディーから
5finger1

次は「Confirmation」と僕の創作
5finger2

5本の指さえポジション通りにおければ、
あとは同じようにストンと指を落とすだけです。

ぜひ12の5フィンガースケールで、
上のようなフレーズを練習してみてください!

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Around The World その1 】
└────────────────────────────────

今週の曲「Around The World」

参考音源:NAT KING COLE

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2918

《訳》—————————————————-

今回は[1] の歌詞を見ていきましょう。

Around the world, I’ve searched for you
世界中を廻って、あなたを捜し続けていた

I traveled on when hope was gone
希望がなくなったとしても旅をし続けた

To keep a rendezvous
また出会えるのを信じて

《ティップ》—————————————————-

今回は”travel on” というフレーズに注目してみましょう。

“〜on” というフレーズは、続けるという意味になります。

日常的に使えるフレーズを通して理解してみましょう。

例文:

“I kept going on even though everyone told me to give up.”
「みんなに諦めろと言われても、私は続けた。」

“I moved on from him.”
「彼の事はもう忘れた。」

Wether and hey fever has been driving us crazy!! (hey fever = 花粉)
I hope everyone is doing alright.
Seems like weekend weather is going to be ok, please enjoy your day off!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

次は「ライブ&セッション2016」ですが、
その前に再度、メグスタの予定が合えば企画したいと思っています。
(今、オーナーとスケジューリング中です)

http://yokohamapiano.com/wp-content/uploads/2016/02/39fa64850e7b72010cb0609ee6ac921f.png

今更ですが、「ライブ&セッション2016」は皆様がステージに立つ
年に一度のお祭りです(笑)。

出演する皆様、僕が書いた「譜面をそのまま弾く」のでも「アドリブ」でも、
どちらでも可能です。

プロと一緒に、ジャズライブハウスでのピアノトリオ演奏を楽しんでください!

ライブ&セッションに向けた大まかな練習の流れ

(1)通常レッスン同様、右手のメロディー、左手のボイシングを学習します。
(2)各々のプレイヤー用に作成したソロのサンプルを練習します。
  (ソロサンプルは学習してほしい内容などを盛り込んで私が書きます)
(3)一曲として仕上げるために、イントロ、エンディング、進行などを決定し練習します。
(4)メロディーのフェイクからアドリブの練習まで、即興的な箇所の訓練をします。

実際のところ(3)の譜面通りのところまでできれば十分です。

昨年もこれで出演した方が大勢いらっしゃいますが、
素晴らしいステージ&大きな成長につながっています。

無理やり出演していただくようなことはしたくないので、
ここで軽くお誘いするだけですが、これを逃すと次回は1年後。

どうしようかなあ、、、と迷っている方はぜひご検討ください!

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48

────────────────────────────────


vol.149【 ブロック奏法 】【 My Funny Valentine その1 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ブロック奏法 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 My Funny Valentine その1 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

今年にはいってアドリブを楽しめるようになった方に
何がポイントでしたか?と聞くと

「やっぱり続けたからでしょうか」

とおっしゃる方が多いです。

普段の練習から楽しめて、その結果継続できるのが一番!
そんな環境づくりも大切だし、自分の役割だと思っています!

と、そんな一つになってるかは分かりませんが、
勉強会もぜひご参加下さい!

─────────────────────
●開催日程:2月20日(土)19:30~21:30
●費用:4,500円程度(お店の飲食代です)
●場所:ダイニングバー吉濱
http://www.yoshihama.jp/
─────────────────────

詳細はこちらをご覧ください↓
http://yokohamapiano.com/?p=2885

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ブロック奏法 】
└────────────────────────────────

今日は前回のレッドガーランドを引き継いで、
レッドガーランドの定番、ブロック奏法です。

「ブロック奏法」というと、
ジョージ・シアリングのスタイルが一般的だと思うのですが、
これはコードの転回系などに慣れていないと使いこなせません。

(興味のある方はレッスンで聞いてください!)

一方、以下 に紹介するブロック奏法は非常にシンプル(な考え方)ですが、
非常に使い勝手が良いです。

今回は譜面と、それに対応した音源、時間を記載したので、
ぜひどんな構造になっているのか考えてみてください!

======「If I Were A Bell」======

譜面↓
If I Were A Bell (Block)

音源↓

6:10〜

======「You Are My Everything」======

譜面↓
You are my everything (Block)

音源↓

0:30〜

こちらはイントロとして使われています。
必ずしもルートを弾く必要はない、
ということも分かって頂けるかと思います。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 My Funny Valentine その1 】
└────────────────────────────────

今週の曲「My Funny Valentine」

参考音源:Chet Baker

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2880

《訳》—————————————————-

今回は[1] の歌詞を見ていきましょう。

My funny valentine
私の楽しいバレンタイン

Sweet comic valentine
愛しくておかしなバレンタイン

You make me smile with my heart
あなたは、私を心から笑顔にしてくれる

《ティップ》—————————————————-

2/14は、バレンタインですね。

日本では、若いカップルが祝うイメージが
強いかもしれません。

アメリカでは年齢関係なく愛する人に
薔薇の花束やチョコレートを
カードと一緒にプレゼントしたりします。

男性からのお返しの日とされるホワイトデーの風習がないので、
バレンタイデーに女性男性関係なく贈り物をします。

こういった特別な日に普段伝えられていない思いを綴るのもいいかもしれないですね。

カードにのせるお勧めの言葉をご紹介します:

“Love is our true destiny. We do not find the meaning of life by ourselves alone- we find it with another.”
「愛とは、真実の運命である。私達は、1人では人生の意味を見いだせない。それは誰かと見つけるものである。」

“They invented hugs to let people know you love them without saying anything.”
「抱きしめ合う事は、何も言わないでも愛している事を表現する為に作られたのである。」

誰かに好きという思いを告白したい時には、
カードの最後に “Will you be my Valentine?” と
書く事で思いを伝える事が出来ます。

I hope everyone will have a great valentine with someone you love.

Don’t eat too much chocolate!! hehe

Have a great weekend!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

ジャムセッションのお知らせです。

今レッスンでやっていることはここに繋がるのか!
ということを見て頂けると思います。
見学、大歓迎です(^^)

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
http://megusta2288869.web.fc2.com/
日時:3月9日(水)
時間;オープン19:00 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

それから今年のライブ&セッションも楽しみです!!
http://yokohamapiano.com/wp-content/uploads/2016/02/39fa64850e7b72010cb0609ee6ac921f.png

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2月20日(土)勉強会の詳細

勉強会の詳細です。

参加予定の方、検討中の方はお早めに、
メールで、もしくは次回レッスン時にお知らせくださいませ!
─────────────────────

●開催日程:2月20日(土)19:30~21:30
●費用:4,500円程度(お店の飲食代です)
●場所:ダイニングバー吉濱
http://www.yoshihama.jp/

─────────────────────

勉強会の内容、
本当はインタープレイ的な細かいところをやろうと思っていましたが、
若干変更しました。。。

勉強内容
===========

1、1コーラスの構成

・AABA進行
・AABC進行
・ABAC進行
・16barsの曲
・12bars ブルース
・その他の進行(ABA進行、反復のないもの)

===========

2、フォームに追加されるもの

・インタールード
・イントロ、エンディング
 曲ごとの定番イントロ
 Vamp(ヴァンプ)

===========

3、ジャズで演奏されるリズムパターン

・スウィング(4ビート)
・8ビート(ロック)
・ボサノバ
・ファンク
・サンバ
・アフロキューバン

===========

といったことを実際の曲を聴きながら勉強しようと思っています。

音楽的知識は全く必要ありません。
「いち、にー、さん、しー」と数えられさえすれば大丈夫です。

曲の構成が理解できるだけでも、曲の聴き方はだいぶ変わるはずですので、
いちジャズリスナーとして楽しく学んでいただければ嬉しいです。

初めての方も大歓迎ですので、お気楽にご参加ください!

(いつものお断りですが、私が楽しくお酒を飲みたいという、趣旨で始めた企画です。
 ご理解いただいた上で、ご参加いただけると嬉しいです。)


vol.148【 Will You Still Be Mine 】【 On The Sunny Side Of The Street その4 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 Will You Still Be Mine 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 On The Sunny Side Of The Street その4 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

あっという間に2月突入!

早速ですが、ジャムセッションのお知らせです!
ぜひ遊びにきてください↓

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
http://megusta2288869.web.fc2.com/
日時:3月9日(水)
時間;オープン19:00 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

・腕試しで参加するのも
・試しにテーマだけ合わせてみるのでも
・将来のための見学でも

大歓迎です!

教室でジャズピアノを学んでいる皆様には、
ぜひジャムセッションを楽しめるようになって頂きたいです。

私がいるお店の方が気軽に来られると思いますし、
ぜひステップアップに遊びにいらしてください(^^)

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 Will You Still Be Mine 】
└────────────────────────────────

今日はRed Garland Trio(レッド・ガーランド・トリオ)の

「Will You Still Be Mine」

を聞いてみましょう!
少し解説をつけているので、参考にしてみてください。

参考音源↓

リードシート↓
will you still be mine 1will you still be mine 2

=================

イントロは「ドミナントペダル」です。
Will You Still Be Mine Intro

ドミナントペダルは一度も触れたことがなかったので
次回以降取り上げますが、

Bbというベース音の上に
AbM7 Cm7 AbM7 Bb7(#9)
というコードが乗っています。

=================

テーマの弾き方はレッド・ガーランドらしいコロコロとした軽快さがよく出ています。
Will You Still Be Mine Theme

・通常より1オクターブ上で弾く
・オーナメント(装飾)
https://en.wikipedia.org/wiki/Ornament_(music)

これらによって、より一層軽快なサウンドになっています。

9小節目からは「ブロック奏法」(←これも触れたことなかったです)
に変更。
メリハリがしっかりしてます。

=================

ソロはここでは触れませんが、
左手のタイミング、
それによるプッシュ力はぜひ
注目したいです。

=================

エンディングは定番の「×3」(2回繰り返し)です。
Will You Still Be Mine Ending

そして最後のコードはEbM7(もしくはEb6)で終わるのが一般的ですが、
ここではD/Ebで終わっています。
これはディミニッシュサウンドを出すのに便利な分数コードです。

半音下のトライアド(3和音)を弾くと覚えるといいでしょう。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 On The Sunny Side Of The Street その4 】
└────────────────────────────────

今週の曲「On The Sunny Side Of The Street」

参考音源:Judy Garland

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2854

《訳》—————————————————-

今回は[4] の歌詞を見ていきましょう。

If I never had a cent
もしお金が全然なかっとしても

I’d be rich as Rockefeller
私だってロックフェラーみたいにお金持ちになれる

Gold dust at my feet
足下には、金があるじゃないか

On the sunny side of the street
陽のあたる場所ではね

《ティップ》—————————————————-

今回は”If I never 〜” のフレーズに注目してみましょう。

“If” の仮定法を使った表現は、会話の中で頻繁に使われます。

意味は理解していても、実際に会話に取り入れるのが苦手な方も
多いかと思います。

決まったフレーズを幾つかの
パターンとして覚え使っていく事で、
苦手意識もなくなってくるかもしれません。

例文:
“Ill take care of the house, if you want to take some rest.”
「もし休憩したかったら私が家事をやっておくよ。」

“I wouldn’t have reached here if i never met you.”
「もしあなたに出会っていなければ、今の私はいなかっただろう。」

February is short month and a month of love!!
Maybe everyone is preparing a gifts for all special friends and family.
Stil a little chilly, please stay warm and have a great weekend!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

勉強会の詳細です。

参加予定の方、検討中の方はお早めに、
メールで、もしくは次回レッスン時にお知らせくださいませ!
─────────────────────

●開催日程:2月20日(土)19:30~21:30
●費用:4,500円程度(お店の飲食代です)
●場所:ダイニングバー吉濱
http://www.yoshihama.jp/

─────────────────────

勉強会の内容、
本当はインタープレイ的な細かいところをやろうと思っていましたが、
若干変更しました。。。

勉強内容
===========

1、1コーラスの構成

・AABA進行
・AABC進行
・ABAC進行
・16barsの曲
・12bars ブルース
・その他の進行(ABA進行、反復のないもの)

===========

2、フォームに追加されるもの

・インタールード
・イントロ、エンディング
 曲ごとの定番イントロ
 Vamp(ヴァンプ)

===========

3、ジャズで演奏されるリズムパターン

・スウィング(4ビート)
・8ビート(ロック)
・ボサノバ
・ファンク
・サンバ
・アフロキューバン

===========

といったことを実際の曲を聴きながら勉強しようと思っています。

音楽的知識は全く必要ありません。
「いち、にー、さん、しー」と数えられさえすれば大丈夫です。

曲の構成が理解できるだけでも、曲の聴き方はだいぶ変わるはずですので、
いちジャズリスナーとして楽しく学んでいただければ嬉しいです。

初めての方も大歓迎ですので、お気楽にご参加ください!

(いつものお断りですが、私が楽しくお酒を飲みたいという、趣旨で始めた企画です。
 ご理解いただいた上で、ご参加いただけると嬉しいです。)

毎回参加してくれる方たちは「今度の飲み会」って言っちゃってますもんね(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.137【 用語解説:1-6-2-5 】【 When you wish upon a star その3 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:1-6-2-5 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 When you wish upon a star その3 】
3.お知らせ等【 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

先日の勉強会にご参加くださった皆様、
ありがとうございました!

おかげさまで、だいぶ楽しみました(^^)
だいぶ飲みました(笑)

勉強会の内容を先輩が解説していたり、
好きなバンドが一緒で盛り上がったり、

と、みなさん会話に花が咲いていたみたいで、
とても意味のある時間になったと思います!

会話の中で皆さんからいただいた質問、ご意見などは、
今後存分に活かしていこうと思います。

今後ともご協力のほど、よろしくお願いします!
ぜひ、楽しみながらジャズピアノを勉強してください(^-^)!

ちなみに3次会は会話の内容をあまり覚えていません。
この後に及んでバスペールエールを飲んだのは覚えてるんですが。。。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:1-6-2-5 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

p.25から
==========
One of the most common chord progressions in jazz is 1-6-2-5.
The original first four chords of George Gershwin’s “I’ve Got Rhythm”
are a 1-6-2-5 (C, Am7, Dm7, G7), as shown in figure 2-24.
==========

勉強会で2-5-1(ツーファイブワン)には触れましたが、
今回は1-6-2-5です。

(本来、数字はローマ数字で書きますが、
 メールによっては表示されない場合があるそうなので、
 ここでは英数字で書いています)

メジャーダイアトニックコードを1番目、6番目、2番目、5番目と並び替えてみると、

キーがCの時は

CM7, Am7, Dm7, G7

になります。
(メジャーダイアトニックコードが分かれば並び替えるだけです)

figure 2-24
1625

この1-6-2-5は曲の中はもちろん、
イントロや、何かパラパラとバックで弾く時など、
様々な場面で使えるコードチェンジです。

今日は青山のお店でピアノを弾いていますが、
ボーカリストがMCをしている間、
実際1-6-2-5で何か弾いたりしています。

ちなみに英文の説明にあるように、
ジョージ・ガーシュインの曲”アイ・ガット・リズム”
の最初のコード4つと同じです。

もう少し続きがあるので、次回に続く、、、予定です。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 When you wish upon a star その3】
└────────────────────────────────

今週の曲「When you wish upon a star」

参考音源:Louis Armstrong

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2693

《訳》—————————————————-

今回は[3] の歌詞を見ていきましょう。

Fate is kind
運命とは、優しいもの

She brings to those who love
彼女(運命)は、愛を持つもの全てに運んできてくれる

The sweet fulfillment of
甘い思いで満たされた

Their secret longing
秘密の希望を

《ティップ》—————————————————-

今回は”sweet” という単語をチェックしてみましょう。

ご存知の方も多いかもしれませんが、”sweet”という単語には、
「甘い」という意味だけでなく、「可愛らしい・優しい」という意味もあります。

今日は、両方の意味を使った例文をご紹介したいと思います。

例文:

“It was far too sweet for me.”
「これは私には、甘過ぎでした。」

“My best friend is so sweet, she is always there for me.”
「私の親友は、いつも頼りになってすごく優しいです。」

Everywhere is starting to show christmas mood.
Its starting to feel colder outside.
Please keep it warm and take a good care of yourself!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

年内の飲み会は全て終わってしまいました。
残念。。。

そろそろ一年のレッスンを振り返って、
来年の目標なんて考えてみるのはいかがでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.121【 ホールトーンスケール 】【 The Days Of Wine And Roses その3 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ホールトーンスケール 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 The Days Of Wine And Roses その2 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

6/22「ライブ&セッション」の出演者で
まだDVDをもらっていない方がいらしたらご一報ください。

余分に作ったとはいえ、手元に何枚か余っているので、
もしかしたら渡し忘れてしまった方がいるかもしれません。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ホールトーンスケール 】
└────────────────────────────────

ホールトーン(全音)は半音二つ分(半音+半音=全音)のことです。

この全音を積み重ねていくことによって、
(大きく分けて)以下の二つのスケールが作られます。

wholetone1

wholetone2

ぜひ鍵盤を弾いて、サウンドを確かめてみてください。

非常に個性的なスケールですね。

実際の曲でも確かめてみましょう。

Stevie Wonder – You Are The Sunshine Of My Life

イントロで使われているのがホールトーンスケールです。
ジャズじゃないけど(笑)。

Thelonious Monk – Just You, Just Me

ところどころ使われていますが、
たとえば5:26ファからの下降はホールトーンスケールです。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 The Days Of Wine And Roses その3 】
└────────────────────────────────

今週の曲「The Days Of Wine And Roses」

参考音源:Tony Bennett

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2527

《訳》—————————————————-
今回は[3] の歌詞を見ていきましょう。

The lonely night discloses,
孤独な夜があらわにする

Just a passing breeze,
吹き抜けていく風

Filled with memories,
思い出に満ちている

《ティップ》—————————————————-

今回は”disclose” の単語に注目してみたいと思います。
「あらわにする・明らかにする」などの意味があります。

今回も類義語で場面に合わせた単語をご紹介したいと思います。

例文:
“reveal”
“She wasn’t going to reveal her secret unless she had to.”
「彼女は、求めない限り秘密をあkらかにするつもりは、なかった。」

“expose”
“He considered it his duty to expose careless and ignorant bosses.”
「彼は、気遣えず、冷酷な上司を暴く事が自分の指名だと思った。」

同じ意味を持ちますが、色々な単語を使う事で表現力が高まります。

是非、参考にしてください。

Its been really hot these days.
Make sure you take some fluids in between your day.
Have a great weekend everyone!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

次の予定はしばらく先ですが勉強会です。
ぜひ今のうちにチェックしておいてください(^^)

===========
日時:8月29日(土) 19:00から
場所:新横浜駅近くの居酒屋
会費:4500円程度(飲食代・飲み放題)
===========

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


vol.116【 コードシンボルについて 】【 Here’s That Rainy Day その2 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【コードシンボルについて 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Here’s That Rainy Day その2 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

「ライブ&セッション2015」お疲れさまでした!!

みなさんのプレイは非常に素晴らしく、
大成功だったのではないでしょうか。

また私にとっては最高に楽しく、幸せな時間でした。
本当にありがとうございました(^^)

今回、T中さんのお知り合いが本格的に写真撮影をしてくださいました。
出演者の皆様にはその写真のアドレスをお送りしましたので、
よろしければ記念にダウンロードしてください。

それからDVDを作成しましたので、次回のレッスン時にお渡しします。

それでは気持ちも新たに、今日のトピックです!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 コードシンボルについて 】
└────────────────────────────────

今回は「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓英語版から p.9
==========
A C major 7th chord can be notated as
CM7
and they all mean pretty much the same thing.
Many jazz musicians just write C.
==========

アベイラブルノートスケールという考え方に慣れてくると
「そのコード(もしくはボイシング)のバックでは何のスケールが流れているのか」
を常に意識するようになってきます。

CMaj7の場合はCメジャースケール(普通のドレミファソラシド)が一般的ですね。
“6”も”M7”も”9″も全てそのスケール上の音です。

もちろんどう積み重ねてボイシングするのかでサウンドそのものは変わりますが、
バックで流れるスケールに違いはありません。

ですので、
CMaj7をあらわすコードシンボルは上記リンクのようにたくさんありますが、
どれも基本的には同じだと思ってもらって構いません。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Here’s That Rainy Day その2 】
└────────────────────────────────

今週の曲「Here’s That Rainy Day」

参考音源:Sarah Vaughan

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2413

《訳》—————————————————-
今回は[2] の歌詞を見ていきましょう。

Here’s that rainy day they told me about
みんなに言われた悲しい雨の日が来てしまった

And I laughed at the thought
そんな日が来るわけないと私は、笑っていた

That it might turn out this way
来るとは、思っていなかったのに

《♪ティップ》—————————————————-
2番の歌詞は雨の日を恋人がいなくなった悲しみと重ね合わせ、
詩的な表現にしています。

英語では、よくこのように天気を使い、人生や気持ちを表す事があります。

2つ例文をご紹介します。

例文:

“Life isn’t about waiting for the storm to pass, it’s learning to dance in the rain.”
「人生は、嵐が過ぎ去るのを待つのではなく、雨の中でも踊る事を学ぶ事である。」
(大変な時でも、楽しみを見いだす事を表現しています。)

“Because I have a rainy day in my soul, when you’re not with me.”
「あなたが居なければ、私の心は、雨の日のようだ。」
(大事な人が側に居ない寂しい気持ちを雨の日に置き換えています。)

Little by little summer is stepping closer to us.
If you are enemy of the summer, I’m sorry but if you love the hot sunny weather…
let’s enjoy the big and hot summer time!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

次の予定はしばらく先ですが勉強会です。
ぜひ今のうちにチェックしておいてください(^^)

===========
日時:8月29日(土) 19:00から
場所:新横浜駅近くの居酒屋
会費:4500円程度(飲食代・飲み放題)
===========

もし時間が作れたら、レッスンとステージの中間みたいなもの企画したいですね。
バンドと一緒にイントロからエンディングまで。
途中で止めて解説したり、、、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  • 教室イベントスケジュール

    2019年の予定です

    1/23(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    3/27(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    5/22(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    ——————————
    6/22(土) ライブ&セッション
    atキングスバー(馬車道)
    ——————————
    7/24(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    9/25(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    11/27(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)

    生徒のみなさまは、ぜひご参加くださーい!!

  • Copyright © 2011-2013 杉山ジャズピアノ教室|横浜ではじめるピアノレッスン. All rights reserved.