Tag: アドリブ

vol.195【エンディングのパターン:Vm7からの下降】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【エンディングのパターン:Vm7からの下降】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

今年初めての配信です。
徐々にライブ&セッションの準備などにも入りたいですし、
新年からアクセル踏んで取り組んでいきたいと思っています。
みなさま、本年もよろしくお願いいたします。

そうそう、そのライブ&セッション。
参加不参加はもちろん自由ですが、
演奏は、
・アドリブを弾くのでも
・書かれたものを弾くのでも
どちらでもオッケーです。

ですので、最近習い始めたばかりの方でも大歓迎!
早くステージ演奏を味わってもらいたいです(^^)

いずれにせよ得られるものは非常に大きいですし、
ぜひ一曲、自信を持って演奏できるレパートリーを
身につけてもらいたいと思っています。

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【エンディングのパターン:Vm7からの下降】
└────────────────────────────────

今回は
Bye Bye Blackbird / Mile Davis

で使われているエンディングの紹介です。

上記音源では7:43からのエンディングを
型としての譜面にしてみました。

僕の場合は「ファイブマイナーセブンから降りてくる」と覚えてます。

ボイシングは下から
1,7,3,5,9と積み上げるのが基本になっていますので、
(左手で1,7、右手で3,5,9)
その辺り、分かる方は頭に入れた上で参考動画を見てみてください。
====参考動画============

=======================
最後は同じ1,7,3,5,9のボイシングを半音で下に降りて行きました。
こういう訓練ができるようになると達成感につながるかもしれません
答えがあるので、、、笑

ちなみにピアニスト、レッドガーランドは
他のレコーディングでも同じアイデアを使っています。

こちらも参考にどうぞ。

Just Squeeze Me / Miles Davis Quintet
7:18から

Just Squeeze Me / Red Garland
5:23から

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

あっというまに年始のジャムセッションが近づいてきました!
第一弾は1月25日(水)です!
================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
日時:1月25日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

見学だけでも大歓迎なので、ぜひ様子見にいらしてください。

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────

vol.195【エンディングのパターン:Vm7からの下降】 はコメントを受け付けていません。 more...

vol.194【エンディングのパターン:IIm7 V7 IIIm7 VI7の繰り返し】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
【エンディングのパターン:IIm7 V7 IIIm7 VI7の繰り返し】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんばんは。
杉山です。

とうとう年内最後の配信です!
が、遅い時間にすいません。。。

今年一年、本当にお世話になりました。
おかげさまで、お一人おひとりの変化に刺激を受けながら、
とても充実した一年を過ごせたと思います。

来年はさらにさらに!初めての方でも
ジャズピアノ、アドリブ演奏、ジャムセッション
を楽しめる環境作りをしていきたいと思っています。

そしてすでにあるところまで到達している方には、
さらなるレベルアップを、、、、、

それがきっと、ジャズ界への貢献にもなると思います(笑)。

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【エンディングのパターン:IIm7 V7 IIIm7 VI7の繰り返し】
└────────────────────────────────

以前、IIm7 V7 IIIm7 VI7のエンディングパターン
に触れましたが、

今回は2536を何度も繰り返して気のすむまで延長する!
というパターンです。

参考音源はレッドガーランドのアルバム
ーーーーーーーーーーーー

「Red Garland’s Piano」
ーーーーーーーーーーーー
から
track5「If I Were A Bell」

今回の参考動画はエンディングの音源に譜面をつけてみました。
どうでしょうか?わかりやすいといいのですが、、、

それからコメントを書き込んだ譜面はこちらです。

30秒程度ですので、ぜひ譜面を眺めながら聞いてみてください。
そしていつかぜひジャムセッションでトライしてみてください(^^)

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

来年のジャムセッション第一弾は
1月25日(水)です!

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
日時:1月25日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

それから2月の勉強会はやっぱりなしにさせていただいて、
その分年間のセッション数を増やしたいと思っています(^^)

みなさま来年もよろしくお願いいたします!

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────

vol.194【エンディングのパターン:IIm7 V7 IIIm7 VI7の繰り返し】 はコメントを受け付けていません。 more...

vol.186【ビジュアル化】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【音のビジュアル化】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

11/12の勉強会ですが、
参加してくださる方は一度、
今週末までにメールでご連絡くださいますでしょうか。

─────────────────────
●日程:11月12日(土)19:00~
●費用:5,000円程度(お店の飲食代です)
    もう少し安くなると思いますが、、、
●場所:「コートダジュールダイニング」の予定
─────────────────────

予約人数や資料の関係があるので、
少し早いですがご協力よろしくお願いいたします!

勉強とおしゃべり、半々くらいの予定(?)ですが、
そもそもはお酒を飲む時間が欲しくて企画しているものなので、
そのあたり、ご理解いただけると助かります。

みんな良い方なので、初めてでも楽しめると思います(^^)!

あ、ハロウィンは生徒さんに教えていただいた
元町のイベントに行ってきました!
wp-1478145533291.jpeg
元気な子供達を大勢見て、
少し童心に返った気分です(笑)。

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【音のビジュアル化】
└────────────────────────────────

今日は
───────────────────
メロディック・ストラクチャー (インサイド・インプロヴィゼイション vol.1)
Jerry Bergonzi (ジェリー・バーガンジィ)
http://amzn.to/2fxjFZl
───────────────────
から、

実はとっても大事な「ビジュアル化(ビジュアリゼーション)」!!

のことが書いてあるので、
少し紹介してみます。

p.31からの抜粋です。
───────────────────
Visualization speeds up the process of learning how to improvise.
ビジュアル化はアドリブ学習のスピードを上げる。

For Example, you could visualize the sound of the note “A” by at least three methods.
例えばAの音をビジュアル化する際、少なくとも3つの方法があります。

1.Imagine the letter A in your mind. Imagine what it sounds like.
頭の中でAという字を浮かべる。どんな音かイメージする。

2.Imagine that you are fingering the note A on your instrument.
楽器上でAの指使いをイメージする。

3.Imagine that you are seeing the note A on a musical staff.
楽譜上でAの音をイメージする。
───────────────────

特に大事なのは2の楽器上で、というところですかね。

サックス奏者は指の位置(形)で音を覚えることが可能ですが、
ピアニストは指使いも異なるし、これは難しいです。

なるべく早いうちから

1、鍵盤上のビジュアルで覚えて
2、その上に指をおいて
3、あとはストンと指をおとす

という方法に挑戦していってください。

実践的なところではまず、
コードを鍵盤上でイメージして覚えるのがオススメ。

結果的には以下のようになりますが、
https://goo.gl/EyYflR

ちゃんと仕組み(全音、全音、半音、全音のステップ)
を鍵盤上で考えて、
ビジュアルとして弾けるようにしてみてください。

ピアノがなくても鍵盤の写真さえあれば
どこでもできますね(^^)

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

今回はコンピング(伴奏)に絞って勉強したいと思います。
─────────────────────
●日程:11月12日(土)19:00~予定
●費用:5,000円程度(お店の飲食代です)
●場所:「コートダジュールダイニング」の予定
─────────────────────

教本は
================
イージー・ジャズ・コンセプション
ピアノ・コンピング (はじめてのジャズ・エチュード)
http://amzn.to/2exUi7v
================
です。

多くの方が取り組んでいる3579、7935タイプのボイシングが
全てのベースになって発展していますので、
きっと参考になると思います。

そして、
「それほど小難しいことをしなくても、
 ちゃんとポイントを押さえればここまで格好良くなるのか!」
ということも納得してもらえると思います(^^)

ぜひ予定しておいてください!

それからそれから、
ジャムセッションは11月30日(水)です。
こちらも楽しくなりそうです!!

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
http://megusta2288869.web.fc2.com/
日時:11月30日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

11月は勉強会、セッションと続きますが、
12月は何もないので、、、
ぜひ遊びにいらしてください!!!!

もしメルマガで取り上げて欲しい内容があったら、ぜひ提案してください!
こちらも色々と参考になります(^^)

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────


vol.183【誰かの伴奏をしている時の右手は何をすればいいの?その3】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【誰かの伴奏をしている時の右手は何をすればいいの?その3】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

急に冷えてきました。
風邪などひかないよう、お気をつけください。

この時期は本当に何を着ればいいか迷っちゃいますよね。
今日のステージも何着ていけばいいのか困ってしまいました。
夜はさらに冷えそうだし、、、

時期といえば、10月はハロウィン!!
我が家ではなるべく日本とアメリカの行事、
両方をやろうとしているので笑、
ジャックオーランタンを作るべく、パンプキンを購入しました。

穴を開けると2、3日でダメになってくるそうなので、
しばらくはマジックで書いた顔をディスプレイ。

391.jpeg

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【誰かの伴奏をしている時の右手は何をすればいいの?その3】
└────────────────────────────────

またまた前回
http://yokohamapiano.com/?p=3428
の続きです。

前回は4声だったので、次は5声に挑戦してみます。

が、貴重な時間のなかで練習する皆さんですから、
優先順位を決めて、
このあたりは本当にやりたい人だけトライしてみてください苦笑。

ひとまず知識として知っておくだけ、
Fのブルースでだけでもできるようにしておくと、
今後に生きてくるかもしれません。

毎度おなじみ、基本になるボイシングは
4_1
です。

またまたおなじみ、下から2番目の音を1オクターブあげます。
4_2

ここからちょっと変わります。
もう一音、積み重ねないといないので、、、

「ダブリング(音が重複)しないように、(コード)スケール上の3度か4度上の音を付け足す」
という作業をします。
4_3
(このあたりは実際にトップノートを変えて音にしてみてください。)

ぜひ完成したボイシングでブルースの
プレイアロングと一緒に伴奏をしてみてください。
ゴージャスになったサウンドを楽しんでもらえると思います。

詳しいこと、興味のある方はレッスンで聞いてください。

型として使いたい、覚えておきたいボイシングとしては、

シンプルに2声とか、
ルートを含んだボイシングとか、
アッパーストラクチャーとか

様々なものをその都度選んで伴奏しています。
(逆にシンプルを味わう方が僕には快感だったりします)

なので、結構大変です。。。

ここまで書いておいてなんですが、

結局は左手で弾くレフトハンドボイシングだけで和声の役割は果たせているので、
あとは「トップノートとリズムに気を使うという」のが伴奏初心者にはオススメです。

その辺り、またこれ以降に書かせてもらいます(^^)

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

次回の勉強会は11/12(土)です!
─────────────────────
●日程:11月12日(土)19:00~予定
●費用:5,000円程度(お店の飲食代です)
●場所:未定
─────────────────────

今度は何をやりましょうかね。

今回取り上げた伴奏のやり方は質問が多いので、
それをまとめて勉強してもいいかもしれません。

もしくは以前推薦した本、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ザ・ジャズ・ピアノ [改訂新版] 系統だった練習法であなたもアドリブ名人! (CD付)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
からピックアップするか。
(まだ在庫切れみたいです、、、汗)

内容はもうしばらく、お待ち下さい!!

それからジャムセッションは11月30日(水)です。
まだしばらく先ですから、
今から新ネタを仕込んでみませんか笑?

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
http://megusta2288869.web.fc2.com/
日時:11月30日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

あと、横浜で決まっているスケジュールは

10/21(金) 俺のフレンチYOKOHAMA w/ kei
11/9(水) 俺のフレンチYOKOHAMA w/ 出口優日
12/11(日) ルタン w/ ルイス古長(vo)

よかったら、こちらもぜひ!

もしメルマガで取り上げて欲しい内容があったら、ぜひ提案してください!
こちらも色々と参考になります(^^)

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────


vol.182【誰かの伴奏をしている時の右手は何をすればいいの?その2】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【誰かの伴奏をしている時の右手は何をすればいいの?その2】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

今週末は横浜ジャズプロムナードですね!
生徒さんの中にも見に行く方が結構いるみたいです。
ぜひ今度感想を聞かせてください(^^)

こういうビックイベントを機会に、
ジャズを聴きに足を運んでくれる人が増えるといいなあ。。。

そうでした!
ジャムセッションにばかり気を取られて、
勉強会のことを書き忘れていました。

詳細は「3 お知らせ」のほうに随時書いていきますが、
次回の勉強会は11/12(土)です。

ぜひ予定しておいてください(^^)

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【誰かの伴奏をしている時の右手は何をすればいいの?その2】
└────────────────────────────────

前回
vol.181【誰かの伴奏をしている時の右手は何をすればいいの?】
の続きです。

「イージー・ジャズ・コンセプション ピアノ・コンピング (はじめてのジャズ・エチュード)」
https://goo.gl/JmNjKt
というテキストを参考に見てみたいと思います。

前回作った(トップノートをコードトーンに変えた)ボイシングの使用例です。

comp1
譜面は最初の2小節のみですが、
まずはこんな具合で続きもぜひ弾いてみてください。

指は譜面のように右手3音、左手1音でもいいですし、
2音づつでも、逆に右手1音、左手3音担当でもいいと思います。

(もちろん全てのおさえ方ができるのが理想ですが、
 どれでもいいじゃ困る、という場合は右手1音、左手3音で弾いてみてください)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次にボイシングのAタイプとBタイプを交換して、同様のことに挑戦してみましょう。

ここではF7とBb7のみ書いています。

1、4声のレフトハンドボイシングが基本です
comp2-1

2、次のステップは下から2番目の音を1オクターブ上に移動します。
comp2-2

3、トップのサウンドを近くのコードトーンに置き換えてみましょう。
comp2-3

そしてこのボイシングを使った例がこのようになります。
comp3
(テキストから)

この辺りはレフトハンドボイシング(3579,7935的なボイシング)の次のステップです。
ここまでを体が覚えてくれるまでには相当な時間がかかりますので、
セッションを楽しみながらゆっくり覚えていきましょう!

ぜひ今練習している曲でも一連の流れにトライしてみてください(^^)

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

次回の勉強会は11/12(土)です!
─────────────────────
●日程:11月12日(土)19:00~予定
●費用:5,000円程度(お店の飲食代です)
●場所:未定
─────────────────────

今度は何をやりましょうかね。

今回取り上げた伴奏のやり方は質問が多いので、
それをまとめて勉強してもいいかもしれません。

もしくは以前推薦した本、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ザ・ジャズ・ピアノ [改訂新版] 系統だった練習法であなたもアドリブ名人! (CD付)
https://goo.gl/cDPXAd
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
からピックアップするか。
(まだ在庫切れみたいです、、、汗)

内容はもうしばらく、お待ち下さい!!

それからジャムセッションは11月30日(水)です。
まだしばらく先ですから、
今から新ネタを仕込んでみませんか笑?

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
http://megusta2288869.web.fc2.com/
日時:11月30日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

あと、横浜で決まっているスケジュールは

10/21(金) 俺のフレンチYOKOHAMA w/ kei
11/9(水) 俺のフレンチYOKOHAMA w/ 出口優日
12/11(日) ルタン w/ ルイス古長(vo)

よかったら、こちらもぜひ!

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────


vol.179【レッスンと併用したい教則本】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【オススメの教則本】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

先週

>最近、共演者との会話で話題になった、「完全無欠ダイエット」というのを始めました笑
>https://goo.gl/noznnT

と書きましたが、
「本を買いました」ともってきてくれる方もいて、
数名は興味を持ってくれたようです(笑)。

「脂肪をとると太る」という固定観念から
  ↓
「脂肪を取らないと(たとえお腹はふくれていても)脳が満腹だと認識しない」
  ↓
「良質の脂肪をちゃんととれば、少量でもお腹がいっぱい(と脳が認識する)」
という解釈に変わり、
それを身をもって体験しています笑

このひと月、脂肪はかなり摂取しているし、
食事も朝を除けば普通に食べているけど、
ちょうど3キロ減りました。やった。

生活習慣や食に関する知識を変えようと思って取り組んだのですが、
これはこれで嬉しい結果。。。

って、
関係ない話が、長いですね、、、
すいません。

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【オススメの教則本】
└────────────────────────────────

ダイエット本より、ジャズピアノ。。。

「おすすめの本はないですか?」
と聞かれるたびに、個別に紹介することはよくありましたが、

ジャズピアノ、アドリブ、ジャムセッション、などが課題の生徒さんには、
レッスン内容の補足や、普段の読み物(?)として、以下のものを推薦します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ザ・ジャズ・ピアノ [改訂新版] 系統だった練習法であなたもアドリブ名人! (CD付)
https://goo.gl/cDPXAd
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レッスン内容を自主的に補う、という意味では、
とても有益なアイテムになると思います。
(ちなみに”系統だった練習法”と書いてありますが、
 皆さんが求めているようなhow toは書いてないです。)

内容が非常に豊富なので、決して全て取り組もうと思わず、
レッスンと併用して辞書的な使い方をするのがオススメです。

ちなみに普段のレッスンであまり本を推薦しないのは、
「中学英語で英語はしゃべれる!」的なものと同じで、
アドリブする、というところでは、
それほど難しい知識(文法)は必要ないからです。

迷子になって欲しくないからです。

それより、ナイキのスローガンじゃないけど
「JUST DO IT!」だからです。

一番大事なことは、目の前の課題、アイデアを
”使える”レベルまで昇華するように、
何度も何度も、繰り返し弾くです。

(そうとは分かってても、
 昇華する前に別のことに取り組んでしまうんですけどね、、、)

ということを、僕は今、
子供に話しかける簡単な英語で痛感しています。

言葉や言い回しは知ってても、
何度も使って口癖くらいにならないと、
瞬間瞬間ではまったく使いものにならないんですよねえ。。。

なので、みなさんの気持ち、よーくわかります。

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

次回のジャムセッションは9月28日(水)です。
初めての方、(初めてでなくてもですが)
見学だけでも大歓迎です!

実際のバンド演奏を楽しみながら上達もする、
というのが理想だと思います(^^)

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
http://megusta2288869.web.fc2.com/
日時:9月28日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────


vol.174【パッシングトーンの練習】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1 ごあいさつ
2 ジャズピアノ・ワンポイントレッスン
 【パッシングトーンの練習】
3 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
杉山です。

勉強会に参加くださった皆様、お疲れさまでした!
とっても楽しかったです(^^)

場所はカラオケボックス!
(っていうんですかね?この規模でも。)
wp-1470906695374.jpeg
写真撮らなかったので、退出寸前ですが。 。。

周りが賑やかじゃないし、音楽も落ち着いて聴けたからか?

「真面目に勉強してる!」
と、いつもを知っている皆様からは
お褒めの言葉、いや驚きの言葉をもらいました(笑)。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいましたね、、、

勉強会の予定、次は11/12(土)の予定です。
その前に、来月は9/28(水)にジャムセッションもあります。

日々の積み重ねが大事なジャズピアノ、
皆さんと刺激し合いながら楽しんで学んでもらえたらと思います!

もちろん教室イベントはあくまで自由参加ですので、
皆様オリジナルな楽しみ方を見つけてくださいねー!

┌★2.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【パッシングトーンの練習】
└────────────────────────────────

今回は
「やさしいブルース・アドリブ入門」
からの紹介です。

アドリブを取る事前準備として必要なもの。

まずは

1、”コードトーン”
  コードシンボルを見れば鍵盤が光るくらい(比喩です)に

2、それぞれに対応する”アベイラブルノートスケール”

F7(ミクソリディアンスケール)の例
PN2

そこまでできれば、次は

3、”コードトーン”と”パッシングトーン”を別々のものとして区別するための訓練

PN1
どこが安定する(コードトーン)のか、
どこが経過的(パッシングノート)なのかを区別できるようにしましょう。

PT3
具体的にはルートから5度、3度から7度という感じで弾けるようにします。

レッスンではルートから3度、3度から5度、と
もう少し細かく練習してもらうことが多いですが、、、

こういう訓練は重ねれば重ねただけ、アドリブが楽になります。

ここは成長を実感できるところなので、
ゲーム化して一曲分制覇してみるのがオススメです!

┌★3.お知らせ等
└───────────────────────────────

次回のジャムセッションは9月28日(水)です。
ぜひ遊びに来てください!

しばらく先ですので、今から準備して、
ぜひチャレンジしてみてください(^^)

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
http://megusta2288869.web.fc2.com/
日時:9月28日(水)
時間;オープン19:30 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
────────────────────────────────


アンティシペーション Anticipation

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:アンティシペーション 】
└────────────────────────────────

今回は「モダンジャズヴォイシング/Ted Pease and Ken Pullig」からの引用です。

↓ 英語版 p.17 から
==========
「Anticipation」
A note that was originally on the beat may be attacked half a beat ( an eighth note ) early – creating an anticipation.
==========

前回取り上げた「シンコペーション」の続きです。
「アンティシペーション」は音符を半拍先取り(それ以外もありますが…)して弾くことを言います。

譜面を見てみましょう。
anticipation

効果のほどは、実際に弾き比べてみてください。

ちなみに「アンティシペーション」「シンコペーション」と言わずに
日本語では「食う」と表現してしまう場合もあります。

私もレッスンで無意識に使ってるかもしれません。

テーマを演奏する際、アドリブの際、
ぜひ「アンティシペーション」を意識しながら弾いてみましょう!

ジャズでは非常に大事な要素です。


ソングフォーム Song Form

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ソングフォーム 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓英語版から
==========
「song form」
The organization of letter names given to different sections of a tune (usually in eight-bar segments), as in “AABA,” “ABC,” and so forth.
==========

曲の構成は通常、8小節ごとのセクションに分けられます。

ここでは具体的にオールオブミーを題材にして、ソングフォームを確認してみましょう。

「 All Of Me 」通常のリードシートです↓
all of me LS

まず8小節ごとのセクションに分けましょう。

(このリードシートは16小節ごとになっていますが、
 実際はセクションごとに複縦線(2本線)で区切ってあるものが理想です。)

all of me LS 2

まず初めのセクションをレターネームで「A」と呼びます。
2つめのセクションを「B」
3つめは「A」と同じですので、新たなレターネームをつける必要がありません。
4つめのセクションを「C」

all of me LS 3

よって、オールオブミーのソングフォームは

「 ABAC 」

ということになります。

アドリブをとるとき、曲を理解するとき、覚えるとき、
なにかと役に立つのがこのソングフォームです。

ぜひ今練習している曲でもソングフォームを確認してみてください(^^)


イチロクニーゴー 1625

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:1-6-2-5 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

p.25から
==========
One of the most common chord progressions in jazz is 1-6-2-5.
The original first four chords of George Gershwin’s “I’ve Got Rhythm”
are a 1-6-2-5 (C, Am7, Dm7, G7), as shown in figure 2-24.
==========

勉強会で2-5-1(ツーファイブワン)には触れましたが、
今回は1-6-2-5です。

(本来、数字はローマ数字で書きますが、
 メールによっては表示されない場合があるそうなので、
 ここでは英数字で書いています)

メジャーダイアトニックコードを1番目、6番目、2番目、5番目と並び替えてみると、

キーがCの時は

CM7, Am7, Dm7, G7

になります。
(メジャーダイアトニックコードが分かれば並び替えるだけです)

figure 2-24
1625

この1-6-2-5は曲の中はもちろん、
イントロや、何かパラパラとバックで弾く時など、
様々な場面で使えるコードチェンジです。

今日は青山のお店でピアノを弾いていますが、
ボーカリストがMCをしている間、
実際1-6-2-5で何か弾いたりしています。

ちなみに英文の説明にあるように、
ジョージ・ガーシュインの曲”アイ・ガット・リズム”
の最初のコード4つと同じです。

もう少し続きがあるので、次回に続く、、、予定です。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:1-6-2-5 その2 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

前回お話しした通り、
“メジャーダイアトニックコード”を1,6,2,5の順番に並べると

CM7, Am7, Dm7, G7
1625

になりますが、実際は

Am7の代わりにA7を使うことが多いです。

Figure 2-26
1625-2

Am7という”ダイアトニックコード”の代わりに、
より進行感のある”セカンダリードミナント”A7
(Dm7に向かいます)を使う、

ということです。

A7のもつ”トライトーン”によって
“コードチェンジ”に動きが生まれるので、
こちらの方が面白味があります。

アドリブもA7の方がジャズらしいアプローチをたくさん使えますし。

レッスンではこの1625をアドリブの練習に使ったりもしています。

この4つのコードは曲の中では核になるようなコードですので、
確実に練習しておきたいですね!

いつもそうですが、””でくくった用語が分からないと、
アドリブできないわけではありません。

心配しないでくださいねー。


  • ☆毎週木曜配信☆
    「ジャズピアノワンポイントレッスン」メールマガジン

    毎週コツコツ学べるジャズピアノの基礎を中心に、様々な情報をみなさんと共有しています。主に生徒の皆様にお送りしているものですが、どなたでも是非ご登録ください。
    メールアドレスを記入して送信ボタンを押すだけでOK!

  • 今後の教室イベント♪など

    ---2017年---
    3/22(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    5/24(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    ==================
    6/24(土) ライブ&セッション2017 at King's Bar
    ==================

    生徒のみなさまは、ぜひご参加くださーい!!

  • アーカイブ

    QRコード

    Copyright © 2011-2013 杉山ジャズピアノ教室|横浜ではじめるピアノレッスン. All rights reserved.