Charlie Parker Omnibook: For C Instruments. (Treble Clef Version)

バップを勉強するならやっぱりこの本じゃないでしょうか。
理屈はもちろんだけど、何より実際に出ている音を知ることが一番!!

内容はバップの代名詞であるサックス奏者「チャーリー・パーカー」のトランスクリプション(コピー譜)です。
ある程度音楽理論を勉強してからアナライズ。
ジャズ言語として、少しずつ覚えて行きましょう♪