Horace Parlan ending on Bug’s Groove

スポンサーリンク

今回は基本のブルース。
Bug’s groove(Fブルース)のエンディングです。

「キーがFだから最後の音はFじゃないと変じゃない?」

というのが、ジャズをはじめる前の一般的な感覚。

たしかにそう感じることは大切なのですが、
実際はF(トニック)で終わることは少ないです。

↓譜面と音です

今回はシ(#11)で終わっています。
テンポがなくなってからはF7の上でGaugのブロークンコード。
トニックFはまったく鳴っていません。

これもひとつのジャズの特徴だと思うので、
ブルースを始めたばかりの方はぜひ、

最後の音をFで終わりにするのか、
Bで終わりにするのか、
もしくは別の音にしてみるとどうだろう?

と、ぜひ実際音に出して試してみてください。

もうひとつ応用にふれますと、
最後のコードがF6、Fmaj7だからといって
ここで使っていたF7を使っていけない理由はありません。

エンディングだけF7に変えてみるのも面白い効果が得られると思います!

スポンサーリンク