┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:アンティシペーション 】
└────────────────────────────────

今回は「モダンジャズヴォイシング/Ted Pease and Ken Pullig」からの引用です。

↓ 英語版 p.17 から
==========
「Anticipation」
A note that was originally on the beat may be attacked half a beat ( an eighth note ) early – creating an anticipation.
==========

前回取り上げた「シンコペーション」の続きです。
「アンティシペーション」は音符を半拍先取り(それ以外もありますが…)して弾くことを言います。

譜面を見てみましょう。
anticipation

効果のほどは、実際に弾き比べてみてください。

ちなみに「アンティシペーション」「シンコペーション」と言わずに
日本語では「食う」と表現してしまう場合もあります。

私もレッスンで無意識に使ってるかもしれません。

テーマを演奏する際、アドリブの際、
ぜひ「アンティシペーション」を意識しながら弾いてみましょう!

ジャズでは非常に大事な要素です。