┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ダブルタイム 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓英語版から
==========
「double time」
Change the tempo to one that’s twice as fast, the changes also moving twice as fast.
==========

ダブルタイムは言葉の通り”二倍の速さで”ということです。

前回のダブルタイムフィールと比較すれば、
”フィール”という単語が入っているか入っていないかの違いです。

ジャズプレイヤーにとってはコードチェンジが重要なので、
このチェンジを基準にして考えると、

「ダブルタイム」→言葉の通りコードチェンジが2倍の速さ
「ダブルタイムフィール」→コードチェンジはそのままの速さ。中身を倍のフィールで演奏する

ということです。

どちらも倍のテンポに切り替わったように聞こえますが、コードチェンジのスピードがどうなったのかによって言葉が変わってきます。

「ダブルタイム」の参考として、エラ・フィッツジェラルドの「How high the moon」を聞いてみてください。

1:05 ラスト2小節のドラムフィルをきっかけにダブルタイムに移行しています。
そのあとのエラの凄まじいスキャットも聞き応えたっぷりなので、
良かったら全て聞いてみてくださいね(^^)

リードシートはこちら↓
how high the moon
(キーは異なります)