┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ソングフォーム 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓英語版から
==========
「song form」
The organization of letter names given to different sections of a tune (usually in eight-bar segments), as in “AABA,” “ABC,” and so forth.
==========

曲の構成は通常、8小節ごとのセクションに分けられます。

ここでは具体的にオールオブミーを題材にして、ソングフォームを確認してみましょう。

「 All Of Me 」通常のリードシートです↓
all of me LS

まず8小節ごとのセクションに分けましょう。

(このリードシートは16小節ごとになっていますが、
 実際はセクションごとに複縦線(2本線)で区切ってあるものが理想です。)

all of me LS 2

まず初めのセクションをレターネームで「A」と呼びます。
2つめのセクションを「B」
3つめは「A」と同じですので、新たなレターネームをつける必要がありません。
4つめのセクションを「C」

all of me LS 3

よって、オールオブミーのソングフォームは

「 ABAC 」

ということになります。

アドリブをとるとき、曲を理解するとき、覚えるとき、
なにかと役に立つのがこのソングフォームです。

ぜひ今練習している曲でもソングフォームを確認してみてください(^^)