┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:オルタレーション 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓英語版から
==========
「alteration ( AKA altered note )」
The b9, #9, #11, b5, #5, b13 of a chord.
==========

私は「オルタードテンション」という用語を使っていますが、
このテキストでは「オルタレーション」
もしくは「オルタードノート」と呼んでいるようです。

テンションには大きく分けて

「ナチュラルテンション」
「オルタードテンション」

の2つがあります。

「ナチュラルテンション」はコードの
9th, 11th, 13thのこと

対して「オルタードテンション」は引用したテキストの通り
b9th, #9th, #11th, b5th, #5th, b13thのことです。

シャープ、フラットのついているテンションが「オルタードテンション」
ついていないものが「ナチュラルテンション」です。

”alter”は”変更する”
”alteration”は”変更”

という意味ですから、理解はしやすいと思います。

G7(#9), G7(b9), G7(b13)

といったオルタードテンションを含むコードシンボルの場合、

G7(alt)

とまとめてざっくり表記する場合がありますので、
その辺りも覚えておくといいでしょう。