┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:1-6-2-5 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

p.25から
==========
One of the most common chord progressions in jazz is 1-6-2-5.
The original first four chords of George Gershwin’s “I’ve Got Rhythm”
are a 1-6-2-5 (C, Am7, Dm7, G7), as shown in figure 2-24.
==========

勉強会で2-5-1(ツーファイブワン)には触れましたが、
今回は1-6-2-5です。

(本来、数字はローマ数字で書きますが、
 メールによっては表示されない場合があるそうなので、
 ここでは英数字で書いています)

メジャーダイアトニックコードを1番目、6番目、2番目、5番目と並び替えてみると、

キーがCの時は

CM7, Am7, Dm7, G7

になります。
(メジャーダイアトニックコードが分かれば並び替えるだけです)

figure 2-24
1625

この1-6-2-5は曲の中はもちろん、
イントロや、何かパラパラとバックで弾く時など、
様々な場面で使えるコードチェンジです。

今日は青山のお店でピアノを弾いていますが、
ボーカリストがMCをしている間、
実際1-6-2-5で何か弾いたりしています。

ちなみに英文の説明にあるように、
ジョージ・ガーシュインの曲”アイ・ガット・リズム”
の最初のコード4つと同じです。

もう少し続きがあるので、次回に続く、、、予定です。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:1-6-2-5 その2 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

前回お話しした通り、
“メジャーダイアトニックコード”を1,6,2,5の順番に並べると

CM7, Am7, Dm7, G7
1625

になりますが、実際は

Am7の代わりにA7を使うことが多いです。

Figure 2-26
1625-2

Am7という”ダイアトニックコード”の代わりに、
より進行感のある”セカンダリードミナント”A7
(Dm7に向かいます)を使う、

ということです。

A7のもつ”トライトーン”によって
“コードチェンジ”に動きが生まれるので、
こちらの方が面白味があります。

アドリブもA7の方がジャズらしいアプローチをたくさん使えますし。

レッスンではこの1625をアドリブの練習に使ったりもしています。

この4つのコードは曲の中では核になるようなコードですので、
確実に練習しておきたいですね!

いつもそうですが、””でくくった用語が分からないと、
アドリブできないわけではありません。

心配しないでくださいねー。