┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【オープンボイシング】
└────────────────────────────────

今日は
「ニューヨークスタイル ジャズピアノ教本(1) バリー・ハリス・メソードによる」
からの引用です。

スケールの音から7つの和音ができます。

例えばCスケール上では
close1

コードネームですと、左から順番に
CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7(b5)
です。

これらをまとめて「ダイアトニックコード」と言いますが、

曲を練習する際、まずはそのキーのダイアトニックコードは確実に出てきますし、
そもそもそのキーのスケールに強くなる必要がありますから、

ぜひ以下のような「オープンボイシング」の練習をしてみてください。

open1

open2

左手:1度と5度
右手:3度、7度、3度 もしくは7度、3度、7度

と練習しておくと、コードに対する理解も深まるし、
ボイシングの一つとして使うこともできます!