━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 オープンボイシング 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Around The World その4 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

先日高校生の生徒さんから
「バークリー音楽大学とニューヨーク大学に合格したよ!」
という嬉しい報告をいただきました!

試験対策をしているときから絶対大丈夫だとは思っていましたが、
やっぱり結果を聞くと嬉しいです(^^)

まだどちらにするかは決めていないそうですが
夏には留学だそうです。

今後に期待ですね(^^)!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 オープンボイシング 】
└────────────────────────────────

今日は
「ニューヨークスタイル ジャズピアノ教本(1) バリー・ハリス・メソードによる」
http://goo.gl/oeF7ml
からの引用です。

スケールの音から7つの和音ができます。

例えばCスケール上では
close1

コードネームですと、左から順番に
CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7(b5)
です。

これらをまとめて「ダイアトニックコード」と言いますが、

曲を練習する際、まずはそのキーのダイアトニックコードは確実に出てきますし、
そもそもそのキーのスケールに強くなる必要がありますから、

ぜひ以下のような「オープンボイシング」の練習をしてみてください。

open1

open2

左手:1度と5度
右手:3度、7度、3度 もしくは7度、3度、7度

と練習しておくと、コードに対する理解も深まるし、
ボイシングの一つとして使うこともできます!

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Around The World その4 】
└────────────────────────────────

今週の曲「Around The World」

参考音源:NAT KING COLE

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2918

《訳》—————————————————-

No more will I go all around the world
私は、もうこれ以上世界中を周ることはないだろう

For I have found my world in you …
なぜなら、あなたの中に私の世界を見つけることが出来たから

《ティップ》—————————————————-

今回は”world” という単語を見てみましょう。

同じ単語でも文字通りの「世界」と、
詩的な意味での「世界」を使い分けていますね。

他にWorldを使ってどんな表現力があるか、
例文でご紹介したいと思います。

例文:

“What in the world do you think you’re doing?”
「一体何を考えて、そんな事をしているの?」

“He thinks he has all the time in the world.”
「彼は、時間はいくらでもあると思っている。」

Still cold!! where is spring hiding?!
Hopefully April will be warmer.
Please stay warm and have a great weekend everyone!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

5/11のメグスタジャムセッション、
ホストは前回と同じ

上田基(ba)さん
早川淑規(dr)さん

に決まりました!!

ぜひ練習も兼ねて遊びにいらしてください(^^)

================
☆ジャムセッション☆
場所:メグスタ(関内)
http://megusta2288869.web.fc2.com/
日時:5月11日(水)
時間;オープン19:00 スタート20:00頃
チャージ:2500円
セッションホスト:杉山貴彦(pf) 上田基(ba) 早川淑規(dr)
================

────────────────────────────────
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48

────────────────────────────────