vol.145【 フィールの変化 】【 On The Sunny Side Of The Street その1 】

スポンサーリンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 フィールの変化 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 On The Sunny Side Of The Street その1 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

寒さがだいぶ厳しくなってきましたね、、、

こちら、風邪はほぼ完治でお酒も絶好調なのですが、
喉のイガイガがなかなか治りません。

ボーカリストだったらヒヤヒヤです。。。

教室は加湿器と空気清浄機で万全の対策をしているつもりですが、
お互い気を付けましょう!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 フィールの変化 】
└────────────────────────────────

今回も2ビート、4ビートを聞き分けてみましょう。
(まとめかたが下手で、読みにくくてゴメンなさい)

音源は「Hi-Fly」
https://www.youtube.com/watch?v=ZICOhysy5n8

パーソナルは

ハンク・ジョーンズ (p)
ロン・カーター (b)
トニー・ウィリアムス (ds)

です。

リードシートは以下
High Fly

早速、フィールの変化に注意して聞いてみましょう!

突然変わるということはなく、
必ず何かしらの助走、合図が出ています。

頑張ってキャッチしながら聞いてください。

================
0:00 – 1st chorus
前テーマ
Aセクションは2ビート
ブリッジ(真ん中)のみ4ビートに
================
1:00 – 2nd chorus
キックの入った2ビート的伴奏
ブリッジは同様に4ビート
================
2:01 – 3rd chorus
4ビートに移行
================
3:02 – 4th chorus

================
4:03 – 5th chorus
ダブルタイムフィールへ移行

vol.129【 用語解説:ダブルタイムフィール 】

vol.129【 用語解説:ダブルタイムフィール 】【 Body and Soul その1 】


================
5:05 – 6th chorus
4ビートに戻る
ベースソロへゆっくり移行
================
6:08 – 7th chorus
ここからベースソロかな?
================
7:10 – 8th chorus

================
8:12 – 9th chorus
4ビート、トレード
================
9:14 – 10th chorus

================
10:18 – 11th chorus
後テーマ
2ビート
2回目のAセクションから4ビート
ラストのAは2ビート
================

フィールの変化、ちゃんとキャッチできましたか?

レッスンでよくやる

テーマ
 ↓
ピアノソロ
 ↓
ベースソロ
 ↓
トレード
 ↓
テーマ

の流れ通りですが、聞き応えののある12分間です(^^)

こういうのはセッションを楽しみながら現場で身につけるのがいいと思います。

セッションして遊んでいるうちに身につくんだから、
やっぱりセッション、どんどんやりたいですね!

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 On The Sunny Side Of The Street その1 】
└────────────────────────────────

今週の曲「On The Sunny Side Of The Street」

参考音源:Judy Garland

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=2854

《訳》—————————————————-

今回は[1] の歌詞を見ていきましょう。

Grab your coat and get your hat
コートを取って、帽子も持って

Leave your worries on the doorstep
悩み事は玄関先に置いていこう

Life can be so sweet
人生は、最高さ

On the sunny side of the street
陽のあたる通りではね

《ティップ》—————————————————-

今回は”grab” という単語にスポットを当ててみましょう。

直訳すると「ひっつかむ・取る・略奪する」といった意味があり、
ちょっと乱暴に聞こえるかもしれません。

ですが、「取る」という意味で
意外と日常的に耳にする単語です。

今回も例文と一緒にご紹介致します。

例文:

“Let’s go grab a bite!!” (カジュアルなニュアンスなのでビジネスシーンでは使う場面に気をつけましょう!)
「ご飯でも食べにいかない?」

“He is good at grabbing the attention.”
「彼は、注意を引くのが上手だ。」

“Could you grab taxi for us, please?”
「タクシーを拾って頂いてもいいでしょうか?」

Happy 2016 to everyone!!

Have you decided your resolution of this year?

Hoping and wishing a best of the year to all of you!!

Please have a great weekend!!

written by Risa先生

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

2016年最初の勉強会は2月20日(土)です。

————————————————

【勉強会】

●開催日程:2月20日(土)19:30~21:30

●費用:4,500円程度(お店の飲食代です)

————————————————

それから6/11(土)のライブ&セッション2016の
準備にもそろそろ取り掛かろうと思っています。

自由参加ではありますが、
「セッションを楽しんでいただきたい!」
というのがこの教室の大きな目標の一つですので、
ぜひ挑戦してください。

まあ年に一度のお祭りみたいなものですから、
楽しく演奏しましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク