┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 用語解説:ターンアラウンド】
└────────────────────────────────

今回は「Reharmonization Techniques」からの引用です。

↓ p.73から
==========
「Turnarounds」
Turnarounds are used to increase the sense of harmonic motion toward a target chord at the beginning of a new phrase.
==========

典型的な「ターンアラウンド」は、
セクション終わりの2小節に使われます。

次の頭のコード(ターゲット)に向けて進行感を出すため、
ハーモニーの動きを追加するのです。

例として、Fブルースのラスト4小節を見てみましょう。

Gm7 | C7 | F7 | F7 || F7

F7に解決したあとは停滞してしまいます。
本来なら次のコーラスに向けて突き進みたいところです。

そこで使われるのが「ターンアラウンド」

もっとも一般的なのは「イチロクニーゴー」(わらかない方はレッスンで!)ですので、

Gm7 | C7 | F7 D7 | Gm7 C7 || F7

とリハーモナイズして演奏します。

そうすると次のコーラスの頭であるF7(ターゲット)に
向かって突き進んでいるように聞こえます。

ターンアラウンドは譜面に書いてなくても自然に追加されるものです。

今練習している曲でも、ぜひ「ターンアラウンド」を入れてみてください。