┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 フェイクブック 】
└────────────────────────────────

今回も「ザ・ジャズ・セオリー/マークレヴィン」からの引用です。

↓自分が所有しているものは英語版なので、英語の勉強もかねて読んでみてください
==========
「fake book」
A book of standards and jazz originals, usually consisting of just the melody and chord symbols, so called because improvising used to be called “faking”.
==========

「フェイクブック」は前回お話しした”リードシート”をまとめた本のことです。
みなさんはその中の一曲一曲を取り上げて練習していますから、必ずしも必要なものではありませんが、いずれ、

パッと開いたページを弾きだしたり、
この曲どんなかなあ、とパラパラ弾いてみたり、

といったことが出来るようになりたいですよね。

以下、代表的と思われる「フェイクブック」のご紹介です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
「THE REAL BOOK – VOLUME 1」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカではこの本です。
当時は海賊版だったので、こっそり入手しました……

ーーーーーーーーーーーーーーーー
「スタンダードジャズハンドブック /伊藤伸吾」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
私がジャズ研のころは、この本が定番でした。
みんな持ってたなあ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
「ジャズ・スタンダード・バイブル ~セッションに役立つ不朽の227曲」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
日本に帰ってきたら、いつの間にやらこっちが定番になってました。
その場で開いて使うのに向いていない仕様が謎ですが。。。

「出典が書いてある」という意味でも、個人的には「The Real Book」がお勧めです。
持ち運ぶには重いですけどね、、、