ジャズピアノにおいて、右手・左手の役割は一般的に

右手 → メロディー、フレーズを弾く
左手 → ボイシング(和音)で伴奏する

です。

以下のリンクは、この役割分担を考慮して作成された譜面です。
左右組み合わせて譜面通りに弾くだけでも、ジャズピアノを楽しむことができます。

==譜面に含まれているもの==
1,リードシート(曲のメロディーとコード進行が書かれた譜面です。ジャズプレイヤーはこれをもとに演奏します)
2,レフトハンドボイシング(左手で具体的に押さえるべきジャズ的な和音が書かれています)
3,アドリブ例(曲のコード進行に基づいたアドリブソロのサンプルです)

「Autumn Leaves」枯葉
「But Not For Me」バットノットフォーミー
「Days Of Wine And Roses」酒とバラの日々