生徒の皆さんへお送りしているメールマガジンの内容を、不定期にアップしています。
ジャズピアノ、音楽理論、ジャズスタンダードの歌詞、講師・教室の活動など、興味のある方はぜひ右のフォームからご購読ください(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 12キーで弾くのが理想ですが 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 You’d be so nice to come home to その2 】
3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

みなさんお元気ですか?

今週土曜の勉強会に参加される方には、別途メールを送らせていただきました。

行く予定だったのにメールが届いてない!!

という方は、お手数ですが個別にご連絡くださいませ。

新旧入り交じった(笑)、楽しい勉強会になりそうです!

では、今日も張り切っていきましょ〜!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 12キーで弾くのが理想的ですが 】
└────────────────────────────────

前回お話ししたビル・エバンスに代表される

ルートレスのレフトハンドボイシングですが、

バークリーではこういった12キーで書かれたものが配られて、
最初にすべて練習します。

あ、もう10年ほど前。確かそうだったと。。。汗

Aposition

Bposition

とはいえ、12キーで練習するのはかなり難しい。

ですから、これから出てくるボイシングに関しては、

今まで学習したボイシングの中にグループ分けする。

というスタイルで学んでいくのがいいでしょう。

0から丸暗記で覚えるより、何かと関連づけた方が大人の脳には向いているそうです(笑)。

12キーで練習するのは確かに理想的ですが、非現実的。

一曲一曲レパートリーを増やす過程で、ボイシングもカテゴリー分けして増やしていきましょう!

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 You’d be so nice to come home to その2】
└────────────────────────────────

今週の曲「You’d be so nice to come home to」

参考音源:Ella Fitzgerald

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=1798

《訳》—————————————————-

今回は、[2]の歌詞を見ていきましょう。

Under stars chilled by the winter
星空の下、冬の寒さに凍えても

Under an August moon burnin’ above
8月の燃えるような月の下でも

You’d be so nice, you’d be paradise
あなたがいるだけで、あなたを愛せたら

To come home to and love
それだけでパラダイスになるの

《ティップ》———————————————–

歌のタイトルにもなっている “You’d (You would)” は、

wouldを使う事でニュアンスを柔らかくしています。

Wouldは、「もし~なら」という時に使う事が出来るので

柔らかく聞こえるように表現することが出来ます。

他にも日常会話で使える例文をご紹介します。

“It would be nice to have lunch outside if its sunny.”

「もし晴れたら、外でランチをするのもいいかもね。」

寄稿:Risa

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

僕は遅くても18:40にはお店にいるので、早くついちゃっても大丈夫です!

今週土曜の勉強会
────────────────────
日時:8月30日(土)19:00から
場所:ダイニングバー吉濱 JR横浜線新横浜駅から徒歩5分
会費:4500円(飲み放題プランの料金です)
────────────────────
http://goo.gl/da7cJ4

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━