vol.73【 ルートレス・レフトハンドボイシング 】【 You’d be so nice to come home to その1 】

生徒の皆さんへお送りしているメールマガジンの内容を、不定期にアップしています。
ジャズピアノ、音楽理論、ジャズスタンダードの歌詞、講師・教室の活動など、興味のある方はぜひ右のフォームからご購読ください(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ルートレス・レフトハンドボイシング 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 You’d be so nice to come home to その1 】
 3.お知らせ等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

みなさんお元気ですか?

勉強会参加の連絡をくださった方々、ありがとうございます!

おかげさまで勉強もお酒も、楽しく過ごせそうです(^^)

では、今日も張り切っていきましょ〜!

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ルートレス・レフトハンドボイシング 】
└────────────────────────────────

一つのボイシング、”塊”で、これだけのコードを押さえることができます。

パターン1
A-voicing

パターン2
B-voicing

押さえ方は全く同じなので、ベーシストが何の音を鳴らすかによって、
コードが変わる、ということです。

まだ始めたばかりの生徒さんでも、パターン2のF7はブルースで弾いてると思います。
(始めは3和音でやっているので1音足りてませんが)

整理すると、

F7(9) = Cm6 = Am7(b5) = EbM7(#11) = B7(alt)

となります。

この様なルートを除いたボイシング(ルートレス・レフトハンドボイシング)は、
ベーシストがルートの音を鳴らさなければ、確実なコードの響きを得られません。

そのために(ベーシスト次第で)曖昧、アンビギュアスな響きを生むことができるんですね〜。

・その不安定感が面白い。
・ベーシストが自由になれる。

といった新たな効果が生まれます。

このボイシングの元祖はビル・エバンス。
そんなビル・エバンスはベーシストにどんな弾き方を求めたのか、
そんなことに注目して演奏を聴くのも面白いと思います。

8/30の勉強会では他の演奏と比較することで、
より鮮明に理解してもらいたいと思ってます(^^)

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 You’d be so nice to come home to その1】
└────────────────────────────────

今週の曲「You’d be so nice to come home to」

参考音源:Ella Fitzgerald

Summertime – Ella Fitzgerald Jazz Collection – (Remastered High Quality )

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=1798

《訳》—————————————————-

今回は、[1]の歌詞を見ていきましょう。
You’d be so nice to come home to
あなたが居る家は、とても居心地がいい
You’d be so nice by the fire
あなたが側にいる暖炉は落ち着く

While the breeze on high sang a lullaby
風が強く吹いている間、子守歌をうたって

You’d be all that I could desire
私が望むのはあなただけ

《ティップ》———————————————–
英語では、metaphorといって隠喩を使って表現することが多くあります。

今回の歌詞の中では、「愛する人」と「家」が落ち着く場所として表されています。

隠喩を使う事で歌を聴いている人の想像を広げることが出来ます。

他にもこんな例えをすることも出来ます。

“Storm”
I am something that can be anywhere.
At roofs, soil, and souls I always tear.

I rain to cry,…

「嵐」

私は、どこにでも行くことが出来る。
屋根の上、畑、そして魂、私は常に泣いている。

雨、それは私の涙なのだ。
皆さんも歌の中に出てくるmetaphorに是非注目してみてくださいね。
                   寄稿:Risa

┌★3.お知らせ等
└────────────────────────────────

勉強会、人数把握のため一度締め切りましたが、
多少人数が増えても全く問題ありません。むしろ大歓迎です!

参加しようか迷っていた方、
お友達と一緒に行きたいという方、
改めてご連絡くださいね〜。

────────────────────
日時:8月30日(土)19:00から
場所:吉濱(予定)JR横浜線新横浜駅から徒歩5分
会費:4500円程度(飲食代、飲み放題です)
────────────────────
http://goo.gl/da7cJ4

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━