生徒のみなさんを中心にお送りしているメールマガジンの内容を、不定期にアップしています。
生徒さんにむけて書いてはありますが、ジャズピアノ、音楽理論、ジャズスタンダードの歌詞、教室の活動などに興味のある方は、ぜひこちらからご購読ください(^^)

*このメールはジャズピアノ教室の皆さんを中心にお送りしています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 左手タイミングの訓練 その2 】
 2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 You’d Be So Nice To Come Home To その1 】
 3.お知らせ等【 ライブ&セッション 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

みなさんお元気ですか?

いよいよ、6/22は「ライブ&セッション」!!
楽しみですね〜。

今回ピアノを弾くみなさんは、とってもいい感じに仕上がってますが、
もっともっとレッスンの質を上げて、環境を整えて、
早く全員がジャズピアノを楽しんで弾けるようになってほしい!!

と、ここまでの経緯でつくづく思いました。
まだ終わってないのに気が早いんですが(苦笑)。

ではでは、今回も張り切っていきましょ〜。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 左手タイミングの訓練 】
└────────────────────────────────

前回は左手のタイミングの練習を右手の練習と一緒にやってしまいましょう、という内容でした。

前回の譜例のようにスケールを弾きながら左手を入れられるようになったら、そのスケールに変化を加えてみましょう。

例えば、

リズムを変えてみる↓
LH3

スタートする拍を変えてみる↓
LH4

もちろん上記2つを組み合わせるのもアリですね。

「うわっ!これできない!ちくしょ〜。」
と思って、出来るようになるまで練習するのが、理想的な学生像です(笑)。

そうやって訓練を重ねて、次第にコントロールできるようになっていきます。

そうそう、訓練のための教則本といえば、やっぱり

インサイドインプロビゼイション1 メロディックストラクチャー
http://amzn.to/1uDYv7e

のシリーズ(6まであります)が有名なんじゃないでしょうか。
バークリーでも授業がたくさんあるので、僕もいくつかやりました。

上級者向きでどれも難しいけど、6が一番最初にはいいかもしれません。

インサイドインプロヴィゼイション6 ジャズランゲージの強化
http://amzn.to/1uDYCzs

コンセプトさえ分かってしまえば後はそれが譜面にリスト化されているだけではあるのですが、
こういうのひたすら訓練してるんだなあというのは分かってもらえると思います。

その前にやることがたくさんあるので、みなさんはこの本に手を出す必要ありません。
紹介まで(^^)

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 You’d Be So Nice To Come Home To その1】
└────────────────────────────────

今週の曲「You’d Be So Nice To Come Home To」

参考音源:Helen Merrill with Clifford Brown

歌詞全文はこちらです↓
http://yokohamapiano.com/?p=1601

《訳》—————————————————-

今回は[1]の歌詞を見ていきましょう。

You’d be so nice to come home to
あなたはとても居心地のいい場所

You’d be so nice by the fire
暖炉の側であなたと居られる事がすき

While the breeze on high, sang a lullaby
冷たい風が子守歌を歌っている間

You’d be all my heart could desire
あなたは私が求めるすべて

《ティップ》———————————————–

歌の中に出てくるたくさんの愛の表現を聞いて、
普通には言えないと思う方も多いと思います。
が、アメリカではそんなこともありません。

いくつか表現を見てみましょう。
恥ずかしがらず、是非皆さんも参考にしてみてください。

“I only wish to be the fountain of love.
From which you drink, Every drop promising eternal passion.”
「私は、愛の噴水になりたい。あなたが飲むたびに永遠の愛を与えられる。」

“You may be only one person to the world but you are the world to me.”
「世界にとってあなたは小さな存在かもしれないけれど、私にとってあなたが全てです。」

“Were I to die tomorrow, the last thing I hope to hear is your voice.”
「もし明日私が死んでしまうとしたら最後に私が望むことはあなたの声を聞くことです。」

歌詞の一言、それぞれにたくさんの意味が込められています。
一つの表現の解釈も人それぞれで異なります。
色々な歌詞を自分の境遇と重ねながら素敵な音色を奏でてください。

┌★3.お知らせ等【 ライブ&セッション 】
└────────────────────────────────

とうとう日曜日です(^^)!!!!!

「ライブ&セッション」at メグスタ

日時:6月22日(日)14:30オープン 15:00スタート
場所:メグスタ(横浜・関内)
チャージ:2000円

当日、リハーサルに参加する方は13:00入り。
リハなしの方は15:00までに入ってもらえれば大丈夫です。

今回はシステム上、出演者も見学者も一律で「チャージ2,000円+飲み物代」が費用となります。
そのため、ご家族、お友達にもチャージがかかってしまいますが、ご理解頂けると幸いです。
お子様はチャージ不要です。

ピアノを弾く時は緊張するかもしれませんが、
みんなで演奏して、お話しして、(僕は)お酒を飲んで、
楽しい時間を過ごして、今後のモチベーションに繋げましょう☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━