生徒のみなさんを中心にお送りしているメールマガジンの内容を、不定期にアップしています。
ジャズピアノ、音楽理論、ジャズスタンダードの歌詞、教室の活動などに興味のある方は、こちらからご購読ください(^^)

*このメールはジャズピアノ教室の皆さんを中心にお送りしています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ブルースってどんな曲? その3 】
2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Candy その2 】
3.お知らせ等【 6/22 ライブ&セッション 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!杉山です。

生徒のみなさまには毎週メールを押し付けてすいません(笑)。

6/22の「ライブ&セッション」まで残り2ヶ月を切りました♪

この日は「みなさんがセッションを楽しんでみる時間」ですので、
あまり気負わず、楽しみに待っていましょう(^^)

まずスタートは乾杯ですね(笑)。

「まだ何もしてないけど、本当は何かやってみたいな」と思っている方は
レッスンのときに言って下さいね〜。

┌★1.ジャズピアノ・ワンポイントレッスン【 ブルースってどんな曲? その3 】
└────────────────────────────────

前回、ブルース進行にも色々ある。

中にはこういった複雑なコード進行をもつ曲もある

Blues for Alice

と書きましたが、

このコード進行に加えられているものを全て削ぎ落として、(これも前回お話した)トニック、ドミナント、サブドミナントで置き換えると、ブルースの進行はこれだけシンプルになります。

blues_structure

ビバップの人は「Blues for Alice」のように複雑なコード進行を好んでアドリブをとり、
モーダル(スケール的)に弾きたい人は、シンプルな進行を元にアドリブをとる。

といった具合に、同じブルースでも料理法は千差万別であります。

結果的に、レッスンとは直接関係のない内容になってしまいました。。。

次回はもうちょっと役に立つ情報にしますね。とほほ。

┌★2.ジャズスタンダード歌詞の解説【 Candy その2 】
└────────────────────────────────

今週の曲「Candy」↓

キャンディー/チェット・ベイカー

《歌詞全文》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1]

Candy, I call my sugar CandyBecause I’m sweet on CandyAnd Candy’s sweet on me

She understands meMy understanding CandyAnd Candy’s always handyWhen I need sympathy

[2]

I wish that there were four of herSo I could love much more of herShe has taken my complete heartGot a sweet tooth for my sweetheart
Candy, it’s gonna be just dandyThe day I take my CandyAnd make her mine, all mine

Candy, I call my sugar CandyBecause I’m sweet on CandyAnd Candy’s sweet on me

[3]

You wish that there were four of himSo I could love much more of himHe has taken your complete heartYou got a sweet tooth for your sweetheart

Candy, it’s gonna be just dandyThe day I take my CandyGee, how the sun will shineOn the day my Candy’s mine

《♪訳》—————————————————-

今回は、[2]の歌詞を見ていきましょう。

I wish that there were four of her
僕は、彼女が4人居たらいいのにと願ってしまう。

So I could love much more of her
そうしたら彼女をもっと愛せるから。

She has taken my complete heart
彼女は、僕の心を完全に奪ってしまった。

Got a sweet tooth for my sweetheart
僕は、彼女の虜だ。

Candy, it’s gonna be just dandy
キャンディー、それが、あるだけで居るだけですばらしい。

The day I take my Candy
特にキャンディーを食べた日。

And make her mine, all mine
彼女を僕のもの、僕だけの物に出来た日は。

Candy, I call my sugar Candy
キャンディー、僕は恋人の事を「キャンディー」と呼びます。

Because I’m sweet on Candy
なぜなら、僕はキャンディーが好きだし、

And Candy’s sweet on me
それにキャンディーは僕を癒やしてくれるから。

《♪ティップ》———————————————–

今回は、英語の歌ならではの楽しみポイントを2つ紹介したいと思います。

1つめはたくさん使われている愛の表現。

例えば、前回紹介した「sweet tooth」を使った「Got a sweet tooth for my sweetheart 」というセンテンスです。

タイトルのCandyに掛けて、彼女の魅力にはまってしまったことを表現しているんですね。

この歌詞がピンと来なかった方でも、映画やテレビドラマ等で、同じ意味を表すこんな言葉を聞いたことがあるかもしれません。

「I’m into her so much.」

「into」を使うことで「はまっている」という表現をすることができます。

「Recently I’m into playing Jazz Piano.」 最近は、ジャズピアノにはまっているよ。

なんて言うことで最近の趣味を答えることが出来ます。

2つめのポイントは、韻を踏んでいる所です。

「Candy, it’s gonna be just dandy」

ここでは、Candy、Dandyと最後の音の韻を踏ませています。

英語ではrhymeと言いますが、歌詞を覚えやすいポイントになります。

他にもこんな単語があります。

「cool(格好いい) ー fool(愚か者)」
「lame(ださい) ー fame(有名)」

是非、歌に出てくるrhymesを覚えて歌ってみてくださいね!

┌★3.お知らせ等【 6/22 ライブ&セッション 】
└────────────────────────────────

杉山ジャズピアノ教室主催の「ライブ&セッション」

日時:6月22日(日)14:30オープン 15:00スタート場所:メグスタ(横浜・関内)チャージ:2000円

ご家族、恋人、お友達など、観覧大歓迎で〜す♪

それでは、今日も楽しい一日をお過ごし下さい☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】 ジャズピアニスト 杉山貴彦

☆杉山ジャズピアノ教室:http://yokohamapiano.com/
☆杉山貴彦オフィシャルサイト:http://takahikosugiyama.com/
☆アメーバブログ:http://ameblo.jp/takahikosugiyama/
☆配信停止:http://yokohamapiano.com/?page_id=48
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━