Archive for 8月, 2018

Teddy Wilson Intro on Stars Fell On Alabama

トランスクライブしたアルバムです
↓↓↓

アイ・ガット・リズム | テディ・ウィルソン

今回は「Stars Fell On Alabama」のイントロです。

それなりに演奏される曲ですので、
ぜひ聞いてみてください。
↓↓↓
Ella and Louis – Stars fell on Alabama

僕がトランスクライブしたテディー・ウィルソンの
譜面はこちらです。
↓↓↓

スタイル的には前回と同じなので、そちらを参照してみてください。

前回と同様、左手は普通には届かないので、
もし実際に弾いてみる場合、応用してみる場合は、
下からルート、3rd、7thの形に変えてしまった方がいいと思います。
↓↓↓

これならほとんど右手に集中できるんじゃないでしょうか?

バラードの場合は3連符や16th、ダブルタイムフィールだったりと、
なかなか譜面に書けないこと、書ききれないことが多いです。

譜面はあくまで参考として、
自分なりにリズムにのって弾いてみてください!

Teddy Wilson Intro on Stars Fell On Alabama はコメントを受け付けていません。 more...

Teddy Wilson Intro on Say It Isn’t So

トランスクライブしたアルバムです
↓↓↓

アイ・ガット・リズム | テディ・ウィルソン

引き続きテディー・ウィルソンのイントロ、
今回は「Say It Isn’t So」です。

曲を知らない方もいると思うので、
お勉強もかねて参考音源のリンクを貼っておきますね。

↓↓↓

Billie Holiday – Say It Isn’t So

Say it isn’t so – Stacey Kent

で、トランスクライブしたテディー・ウィルソンの
譜面はこちらです。
(キーはBbですが、臨時記号の形でフラットを書いてます)

今回は
ーーーーーーーーーーー
左手:1度3度7度を中心に白玉で和声を提供
右手:軽やかにメロディーを弾く
ーーーーーーーーーーー
というスタイルになっています。

”型”という意味では理解しやすいと思います。

こういうの聞くたびに10度が簡単に届いたらなー、
と憧れてしかたないです、、、

が、無理なものはムリ!!

よほど指の長い方でない限り難しいと思うので、
指をスライドして弾くか、
もしくは諦めるか、
の2択でしょうか(笑)

それから、コード進行は一般的なものです。
頭のEbMaj7 Ebm6はローマ数字で書くと

ⅣMaj7 – Ⅳm6

という進行で、
たくさんの曲に出てきます。

Candyの頭とか、
All of meの最後の8小節とか、
There will never be another youのBセクションとか、、、

前回同様、キーCに移調した譜面はこちらです。
ぜひ自分のイントロ作りに活用してみてください!!

Teddy Wilson Intro on Say It Isn’t So はコメントを受け付けていません。 more...

  • 教室イベントスケジュール

    2019年の予定です

    1/23(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    3/27(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    5/22(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    ——————————
    6/22(土) ライブ&セッション
    atキングスバー(馬車道)
    ——————————
    7/24(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    9/25(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)
    11/27(水) ジャムセッションatメグスタ(関内)

    生徒のみなさまは、ぜひご参加くださーい!!

  • Copyright © 2011-2013 杉山ジャズピアノ教室|横浜ではじめるピアノレッスン. All rights reserved.